フレッツ光とは? - 初心者にも分かりやすく解説

インターネットに関連してよく目にする「フレッツ光」ですが、実際には何のことなのかよく分からない、という人もいます。インターネット固定回線の申し込みをしたいなら、フレッツ光について一通り知っておくといいでしょう。フレッツ光をお得に契約する方法も併せて解説します。

  • NTTが提供する光回線のインターネットの商品名です。
  • NTTの光回線とプロバイダーがセットになったものが「光コラボ」です。

フレッツ光とは?

フレッツ光って何?

フレッツ光とは、NTTの提供する光回線のサービス名(商品名)です。

よく目にするフレッツ光とは、NTTが提供する光回線のインターネットの商品名です。

フレッツ光は、大容量データの送受信が可能な光ファイバーケーブルを使って通信します。そのためフレッツ光でインターネットをすると、データ容量が大きい動画を視聴したりダウンロードしたりするのもサクサクと快適です。

また、NTTの光ファイバーケーブルは日本全国に行き渡っており、対応地域が広範囲なのも特徴です。ですので、他の光回線に比べてフレッツ光は全国のほとんどの人が申し込める光回線といえます。

NTTが長いこと光回線事業を独占していたので、光回線=フレッツ光と誤解されることもありますが、NTTフレッツ光以外にも光回線は複数存在します。

例えば、auひかり、NURO光、eo光、BBIQ光などがあります。それぞれに異なる特徴がありますが、フレッツ光が一番メジャーで申し込みやすいのは間違いないでしょう。

ちなみに、フレッツ(FLET’S)の頭文字のFは、定額料金(Flat)という意味と、インターネットに親しんでもらう(Friendly)ために柔軟な(Flexible)サービスを提供する、という意味があるそうです。

光回線とADSL回線の違い

フレッツ光はNTTの光回線の商品名ということが分かりましたが、そもそも光回線って何なの?ADSLとは何が違うの?という疑問をお持ちの人もいることでしょう。そこで、光回線の特徴について触れておきます。

光回線がメジャーになる前に主流だったのがADSL回線です。この2つの回線には次のような違いがあります。

光回線とADSL回線の違い
光回線

ADSL回線

通信方法:光ファイバーケーブルにてレーザー光通信
通信速度:100Mbps~1Gbps(1024Mbps)

通信方法:電話回線にて電気通信
通信速度:1~50Mbps

光回線はレーザー光の通信方式で、電気に比べて安定しており、基地局からの距離や外部からの干渉による損失が少ないという特徴があります。

最大通信速度の違いに注目してみてください。光回線のほうがADSLより20倍も速いですね。もちろんこれはあくまで最大で、回線が設置されている環境や状況によって上下します。

実際には、光回線の一般的な通信速度は100Mbps程度とされています。これは、ネットで動画を視聴したりダウンロードしたりするなど比較的にデータ量が多い場合でも、何のストレスもなく快適なインターネットを楽しめるスピードです。

ADSL回線は基地局から離れれば離れるほど通信速度が落ち、動画視聴時に画面がカクついたりすることもありますから、光回線のほうがおすすめです。

まとめですが、光回線とADSLでは「回線の種類」そして「通信速度」が大きく異なるということです。

ひかり電話が申し込める

フレッツ光って何?

フレッツ光のひかり電話は通話料が安いのも魅力。

フレッツ光を契約すると、「ひかり電話」というオプションプランもつけられます。固定電話を新たに契約するのに電話加入権など結構お金がかかります。光回線を引けば、簡単な工事で、ひかり電話が"いえでん"の役割をしてくれます。

通話料も、一般の固定電話より安く、固定電話同士なら日本全国どこでもだいたい3分8円前後です。距離に関係なく料金が一定のため、特に長距離になればなるほどお得です。ただし、月額使用料が毎月500円かかります。

フレッツ光のひかり電話、いままでの固定電話の番号は使える? ひかり電話、安くなるし良さそうだけど、電話を買い替えないといけないの?電話番号が変わってしまうの?という疑問がわいてくる人もいるでしょう。
心配要りません。ひかり電話ですが、現在の電話番号がそのまま使えます!110番や119番などの緊急電話も、普通の電話と同じように使えます。天気予報や時報も使えます。

光回線のメリット・デメリット

光回線インターネットのメリットとデメリットをまとめてみました。

光回線のメリット

  • 通信速度が圧倒的に速い
  • 通信が安定している
  • 基地局から遠くても通信速度がほとんど落ちない

光回線のデメリット

  • ADSLに比べて月額料金が高め
  • 光回線工事が必須
  • 提供エリアがADSLより狭い

ただし、光回線が主流になってくるにつれて、上記のデメリットは少なくなってきました。月額料金は、記事の後半で取り上げる光コラボではかなり割安になります。

また、NTTのフレッツ光なら提供エリアもかなり広いので、ほとんどの人は光インターネットを申し込めるようになっています。

フレッツ光のプランは主に2つある

NTT東日本NTT西日本はどちらも、2種類のフレッツ光を提供しています。「フレッツ光ネクスト」と「フレッツ光ライト」です。どちらも定額制ではあるのですが、インターネットの使用量によってお得度が変わります。

  • フレッツ光ネクスト・・・どれだけ使っても料金は一定の使い放題プラン
  • フレッツ光ライト・・・料金二段階制で、使用量が少ないと安くなる使い放題プラン

インターネットの使用頻度や使用量が多い家庭は「ネクスト」一択です。逆にインターネットはあまり使わない、使用目的はメールやニュース閲覧がほとんどという家庭は「ライト」を選ぶとお得になります。

ワンポイントですが、スマホを利用している人なら、スマホにもデータ通信が付いています。インターネットはスマホがメインで、家の固定回線はあまり利用しないのなら「フレッツ光ライト」を選ぶとお得です。

NTT東日本/西日本のフレッツ光プラン一覧

NTT東日本/西日本のフレッツ光は大きく分けるとネクストとライトの2種類ですが、それの中でも複数のプランが存在します。

インターネットを設置する住所が戸建てか、マンション/アパートかによってもプランが変わります。他にも、NTT東日本だけが提供している「フレッツ光ライトプラス」というプランもあります。

下記にプラン一覧(2018年11月時点)を挙げますが、どのプランにしたらいいのか分からない場合は、セレクトラの無料相談フォームよりご相談くださいね。

あなたにとって一番お得になるプランを丁寧にご案内します。

NTT東日本のフレッツ光プラン(税抜)
  建物タイプ プラン 通信速度(最大)
受信(下り) 送信(上り)
フレッツ光ネクスト 戸建て ギガファミリー・スマートタイプ 1Gbps 1Gbps
ファミリー・ギガラインタイプ 1Gbps 1Gbps
ファミリー・ハイスピードタイプ 200Mbps 100Mbps
ファミリータイプ 100Mbps 100Mbps
集合住宅 ギガマンション・スマートタイプ 1Gbps 1Gbps
マンション・ギガラインタイプ 1Gbps 1Gbps
マンション・ハイスピードタイプ 200Mbps 100Mbps
マンションタイプ 100Mbps 100Mbps
フレッツ光ライト 戸建て ファミリータイプ 100Mbps 100Mbps
集合住宅 マンションタイプ 100Mbps 100Mbps
フレッツ光ライトプラス 戸建て フレッツ光ライトプラス 100Mbps 100Mbps
NTT西日本のフレッツ光プラン(税抜)
  建物タイプ プラン 通信速度(最大)
受信(下り) 送信(上り)
フレッツ光ネクスト 戸建て ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼 1Gbps 1Gbps
ファミリー・ハイスピードタイプ 200Mbps 200Mbps
ファミリータイプ 100Mbps 100Mbps
集合住宅 マンション・スーパーハイスピードタイプ隼 1Gbps 1Gbps

マンション・ハイスピードタイプ

200Mbps 200Mbps
マンションタイプ 100Mbps 100Mbps
フレッツ光ライト 戸建て ファミリータイプ 100Mbps 100Mbps
集合住宅 マンションタイプ 100Mbps 100Mbps

フレッツ光と別にプロバイダー契約も必要

光回線のインターネットを契約する際には、フレッツ光とは別にプロバイダーの契約も必要になります。フレッツ光の契約をNTT(NTT東日本/NTT西日本)とするだけでは、インターネットを始めることはできないんです。

フレッツ光のホームページ上で、複数のプロバイダーから一つ選んで契約をする必要があります。

プロバイダーとは?

インターネット初心者なら、プロバイダーについてよく理解できなくても無理はありません。

プロバイダー(provider)という言葉には、提供者という意味があります。インターネットプロバイダーというと、インターネット接続サービスを提供する会社のことを指します。

なぜNTTとの契約だけではインターネットが使えないのでしょうか?インターネットをガソリンに例えると、プロバイダーはちょうどガソリンスタンドです。この場合、NTTは石油元売り会社になります。

車にガソリンを補給したいなら、ガソリンスタンドに行きますよね。石油元売り会社から直接ガソリンを買うことはできません。つまりNTTはインターネットの元売り会社であって、小売りはしていないわけです。

プロバイダーを特徴で選ぶ

プロバイダーを特徴で選ぶプロバイダーは複数の中から選ぶことができます。NTT東日本/西日本に共通している主なプロバイダーには、次のものがあります。

  • BIGLOBE
  • OCN
  • ぷらら
  • So-net
  • DTI

月額料金は500~1,200円の範囲で、それぞれのプロバイダーが特典を用意しています。多く見られる特典には、開通月やその後の数か月間が無料になる、または割引が適用されるといったものがあります。

プロバイダー各社のサービスや特典は変わることがあります。

フレッツ光にかかる費用

NTT東日本/西日本とも共通です。金額はすべて税抜価格を表示しています。

フレッツ光の初期費用

初期費用(税抜)
項目 費用
新規申込契約料 800円
工事費 一戸建て 18,000円
マンション/アパート 15,000円
土日祝日の工事 +3,000円

フレッツ光の月額料金

2年契約をした場合の月額を見てみましょう。月額料金は、割引等を適用した後の実質金額を表示しています。プロバイダー料金は別です。

なお、割引終了後に料金が上がることがあります。詳細はNTTのホームページでご確認ください。

フレッツ光の月額使用料(税抜)
建物タイプ エリア プラン 月額料金
戸建て 東日本 ギガファミリー・スマートタイプ 4,600円
ファミリー・ギガラインタイプ 5,400円
ファミリー・ハイスピードタイプ
ファミリータイプ
2,700~5,700円
フレッツ光ライトプラス 3,700~5,400円
西日本

ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼
ファミリー・ハイスピードタイプ
ファミリータイプ

4,300円
フレッツ光ライト・ファミリータイプ 2,800~5,600円
集合住宅 東日本 ギガマンション・スマートタイプ 2,950~3,950円
マンション・ギガラインタイプ 3,050~4,050円

マンション・ハイスピードタイプ
マンションタイプ

2,650~3,650円
フレッツ光ライト・マンションタイプ 1,900~4,200円
西日本

マンション・スーパーハイスピードタイプ隼
マンション・ハイスピードタイプ
マンションタイプ

2,850~3,950円
フレッツ光ライト・マンションタイプ 2,200~4,400円

フレッツ光の申し込み方法

フレッツ光に申し込むにはいくつかの方法があります。それぞれご紹介します。

NTT西日本/東日本のホームページから申し込む

 お住まいの県がNTT西日本/東日本のどちらのエリアになるのか確認しましょう。

NTT東日本・NTT西日本のエリア
NTT東日本

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、新潟県、宮城県、福島県、岩手県、青森県、山形県、秋田県、北海道

NTT東日本

福井県、石川県、富山県、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、兵庫県、京都府、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県、島根県、鳥取県、岡山県、山口県、広島県、愛媛県、香川県、高知県、徳島県、福岡県、大分県、宮崎県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県

 NTT東日本またはNTT西日本のホームページより申し込みます。

 工事について連絡があるので、日程を調整します。(すでに光回線が来ている場合は工事不要)

 工事完了後、必要な設定をしてインターネット開始です。

プロバイダーのホームページから申し込む

上記でも挙げた、各インターネットプロバイダーのホームページ上で光回線に申し込むこともできます。

申し込みからインターネット開通までの流れは、NTTホームページから申し込む場合と基本的に同じです。

でも、フレッツ光にもっとお得に申し込む方法があります。それが最後に取り上げる「光コラボ」です。

フレッツ光に「光コラボ」で申し込む

一番おすすめなフレッツ光に申し込む方法、それが「光コラボ」です。光コラボとは、NTTとプロバイダーがコラボレーション(協同とか合作という意味)したサービスです。

光コラボがおすすめな2つの理由

フレッツ光とは?

NTT提供の光回線フレッツ光とプロバイダーがセットになったものが光コラボ

それは、光コラボは契約内容や仕組みが分かりやすいということと、料金が安くなるということです。

上記でも説明した通り、通常は光インターネットを契約する場合にNTTとプロバイダーの二者とそれぞれ契約する必要があり、料金もそれぞれに発生します。そのため契約内容がややこしくなりがちで、手続きも面倒になります。

でも光コラボの場合は、NTTがプロバイダーにフレッツ光を卸売りしており、プロバイダーが一括して光回線インターネットを提供します。そのため、契約は一つだけになるので契約内容もシンプルで分かりやすくなるのです。

そして契約が一つにまとまった分、総合した料金も割安になっています。通信スピードが非常に速い光インターネットを割安で使えるというのは大きなメリットといえます。

おすすめの光コラボ

光コラボを提供するプロバイダーは日本全国にありますが、その中でもメジャーな幾つかをご紹介します。各プロバイダーのリンク先から光コラボに申し込むことができます。

光コラボを提供するプロバイダー
OCN光
  • 業界シェア率ナンバーワン
  • NTT系の企業で知名度・実績ともに抜群

OCN光はおすすめ? - 口コミ・メリット・デメリットを調査


OCN光公式サイト

DTI 光

  • 月額料金が安い
  • 最低利用期間・違約金がないプランを提供
  • 通信速度も申し分なし

DTI光はおすすめ? - 口コミ・メリット・デメリットを調査


DTI光公式サイト

ぷらら光
  • セキュリティ機能が標準で付いている
  • 「ひかりTV」がお得に楽しめる

ぷらら光はおすすめ? - 口コミ・メリット・デメリットを調査

ぷらら光公式サイト

So-net光
  • 光回線プロバイダーとして業界ナンバーツー
  • ソニー系企業として信用度も高い

So-net光コラボはおすすめ? - メリット・デメリットを調査


So-net光公式サイト