You are here

インターネット回線 - どんな種類や会社がある?

インターネットにはどんな回線の種類があるのでしょうか?そして、どのような事業者がいるのでしょうか?インターネット回線から光コラボまでネットにまつわる大切な基本情報を分かりやすくまとめました。

インターネット回線-どんな種類の会社があるの?

インターネット回線にはいつくか種類があります。特徴を解説しながらインターネット回線の種類について紹介します。ベストなインターネット選びの参考にしてください。

今より安いインターネットは?お引越しで新しいインターネット契約が必要?
簡単な質問に答えるだけで、ベストなプランを提案します。ご相談フォームはこちら。
電話でも受付:050-3196-9639(相談無料)までお気軽にお電話ください。

インターネット回線 - どんな種類がある? 

インターネット回線の「種類」自体は実は限られています。大枠として、「固定(有線)タイプ」か「無線(モバイル)タイプ」の2種類にインターネットの回線は分けられます。

固定(有線)タイプなら、現在契約可能なものとして「光回線」と「ADSL」をあげることができます。無線(モバイル)タイプにはもいくつか種類がありますが、実質、現在はWiMAX(ワイマックス)が主流となっています。(WiMAXは無線のの"規格"名称でもありサービス名でもあります。)

それぞれのインターネット回線の特徴や長所・短所を理解した上で自分に最もあった回線を選ぶことが一番いいインターネット回線をみつけるの重要なポイントです。

インターネット回線の種類
回線の種類 特徴
有線 宅内のみ 光回線
  • 光回線のケーブルを引く工事が必要。
  • 一般的に最も通信速度の早いのが光回線。
  • 契約件数の最も多いインターネット回線。
宅内のみ ADSL
  • 既存の電話回線の線を使用するため、新たにケーブルを引く必要はない。
  • 月額料金が光回線より安く設定されている。
  • 契約件数は減少傾向。
無線 宅内のみ SoftBank Airなど
  • 専用の機器を購入/レンタルし、コンセントに差し込んで使用する。
  • 工事不要ですぐ使えることができる。
  • 宅内でのみインターネット可能。
宅内と外出先
(モバイル回線)
WiMAX
(ワイマックス)
  • 専用のWiMAX(ワイマックス)ルーターを購入する。
  • 家ではもちろん、ルーターをもっていけば、外出先や旅行先でもネットに接続可能。
宅内と外出先
(モバイル回線)
モバイルWi-Fi/ポケットWi-Fi
  • 新しい無線規格WiMAX(ワイマックス)の登場により現在、存在感かなり薄くなりつつある。

インターネット回線会社一覧

インターネット回線

光回線を導入する場合、回線工事をしてくれるもの回線業者です。

インターネット回線の種類は少ないとはいえ、上記の一覧でも紹介した通り、いくつかあることが分かりました。続いて、これらのインターネット回線を提供してくれる回線会社にはどのようなところがあるのかみてみましょう。

ケーブルテレビ系列の回線会社や地域限定の事業者など、以下のリスト以外にも回線会社は存在しますが、主なインターネット回線事業者に絞って紹介します。

あれ?もっと色々名前を聞いたことあるな・・・と思った方もいるでしょう。きっと今頭に浮かんでいる社名は回線事業者ではなくプロバイダー事業者でしょう。プロバイダー事業者は接続サービスを行う事業者で厳密にいうと、回線事業者とインターネットプロバイダー事業は異なります。

基地局やケーブル等設備投資やメンテナンス、そして光回線の工事も請け負うインターネット「回線」会社は接続サービスを行うプロバイダーに比べ数はそれほど多くはありません。

                             
光回線・ADSL回線を提供している事業者一覧
回線タイプ 回線会社 サービス名 概要
光回線 NTT東日本
NTT西日本
フレッツ光
  • いわずと知れた最大手の光回線事業者です。
  • 別途プロバイダー契約が必要です。
KDDI auひかり
  • 携帯3大キャリアの一つとしてもおなじみ。
ソネット NURO 光
  • 提供エリアが関東エリア限定のサービス
ケイ・
オプティコム
eo光
  • 提供エリアが関西限定のサービス
ADSL回線 ソフトバンクなど Yahoo! BB ADSLなど
  • ADSLは電話回線を使ったインターネット・サービス。
モバイル回線 UQ
コミュニ
ケーションズ
WiMAX(ワイマックス)
  • KDDIグループが提供
  • WiMAXというのは無線の「規格名」

インターネット回線を詳しく

光回線

インターネット回線-どんな種類の会社があるの?

光回線は、光ファイバーケーブルを使った固定インターネット回線。

光ファイバーケーブルを使う事で、大容量、高速でのインターネット通信を可能にしたのが、光回線と呼ばれるインターネット回線です。電磁波の影響や距離によるデータ損失がほとんどなく、非常に安定性の高いのが特徴的です。

「光ファイバー」という言葉が表すように、光回線のインターネットの使用には、このケーブルを光回線業者に敷設してもらう必要があります。

かつては、電話線を利用したADSLが家庭でのインターネットの主流でしたが、光回線の登場以降は徐々に光回線を契約する人が増え、現在光回線は最も契約件数の多い回線となりました。

回線事業者とプロバイダーの関係

インターネット接続(契約)の陰には、「回線事業者」と「プロバイダー」の2者が存在しています。回線事業者とは、物理的な線(回線)を管理・敷設を主な業務としています。一方、インターネットの接続サービスを提供するのがインターネット・プロバイダーです。

かつては、インターネットの契約において、回線事業者とプロバイダーの両方との契約が必須でした。つまり、光回線は、フレッツ光を回線事業者であるNTTと契約、プロバイダー契約は、So-net、OCN、エキサイト、ぷららなど好きなプロバイダーを自分で選んで契約する、といった具合です。

ただし2015年以降は、プロバイダー1社と契約すれば回線事業者と直接契約しなくてもよくなくなりました。これが「光コラボレーション(光コラボ)」と呼ばれるものです。そして、現在光回線を契約する場合は、この光コラボタイプを選ぶのが一般的となっています。

光コラボレーション、光コラボとは?

ごく簡単にいうならば「光回線の契約の窓口が1つになった!」これが光コラボ(光コラボレーション)です。

光コラボ前は、光回線インターネットを契約する際は、「光回線(フレッツ光)の契約」を回線事業者(NTT東日本NTT西日本)と、接続サービスを、「プロバイダー」(OCNSo-NetぷららBIGLOBEYahoo! BBなど)と契約することが必須でした。つまり2者との契約が必要だったわけです。

しかしながら、光回線事業者であるNTT東日本NTT西日本が光回線を希望する全ての事業者への卸売りを開始(2015年2月)したことにより、プロバイダーが自社の接続サービスと光回線そのもの(フレッツ光)をセットで販売することができるようになったのです。これが光コラボと言われるものです。

代表的な光コラボ事業者一覧

主な光コラボの事業者を一覧にしました。これから光回線を契約するという方は手続きも分かりやすく、また料金も安くなりますのでバラバラに申し込むのではなく、光コラボを選んで契約した方がベターです。

光コラボを提供している事業者一覧
サービス名 概要
OCN 光
  • NTT系列の大手プロバイダー。
  • 業界シェアが一番で安心感がある。

→ OCN 光の公式サイトはこちらから。

DTI光
  • RBB SPEED AWARDを受賞。通信速度に定評あり。
  • 解約金がないのがうれしいレアな光コラボ。

→ DTI 光の公式サイトはこちらから。

So-net光
  • ソニー系列の大手プロバイダー。

→ So-net 光 コラボの公式サイトはこちらから。

SoftBank光
  • 携帯3大キャリアの一つ。

→ SoftBank 光の公式サイトはこちらから。

auひかりやNURO 光 は光コラボではないのはなぜ? auひかりNURO光は、フレッツ光の光回線ではなく、独自の光回線を使用しています。このため実はこれらは「光コラボ」には該当しません。ただし、ワンストップで光回線の契約ができるという点に関しては光コラボと共通しています。

ADSL

光回線に押されてすっかりマイナーになった感もあるADSL回線。最大手であるNTTのフレッツADSLは申込を実は停止してしまいました。しかしながら、現在でもADSLの契約 はソフトバンクを大法に多くのプロバイダーから申し込みが可能です。

値段の安さ(ADSLは光回線よりも本当に安い?)と、宅内工事がなく簡単に始められる手軽さによりいまだに一定の人気を誇っています。前から使用しているADSLに不満がないから、今引き続きADSLを契約している、という人もまだたくさんいます。

ADSLの契約は、Yahoo! BB(ソフトバンク)をはじめ、ソネット、ニフティなどいわゆるプロバイダーといわれる会社がサービスから現在も契約可能です。

無線回線の基礎知識

モバイル回線・WiMAX(ワイマックス)

インターネット回線の種類・WiMAX(ワイマックス)

小型のWiMAX(ワイマックス)用ルーターを購入しプラン契約すれば、自宅でも外出先でもインターネットが可能です。

光回線のような工事が不要なのが無線回線インターネットの最大の特徴です。宅内でも外出先でもインターネットが可能なモバイル回線のWiMAXが無線回線の中でも特に人気です。

モバイル回線は高くて遅いイメージもありますが、WiMAX(ワイマックス)が登場してからは、光回線と変わらぬ金額で、ADSLより高速なインターネット環境が実現されました。

WiMAXは、「WiMAX(ワイマックス)」という無線通信の1つの規格です。この回線を提供してるのは、UQコミュニケーションズ(KDDIグループ)の一社のみです。

WiMAXは、UQコミュニケーションズに直接申し込むことも、So-net BIGLOBE(ビッグローブ)などプロバイダー(代理店経由)でも申し込みが可能です。どこで申し込んでも同じWiMAXルーターでWiMAX回線を使用することになります。このため回線そのものの品質は変わりありません。

具体的な契約方法は、「インターネットの契約方法 - WiMAX(ワイマックス) 契約方法」をご覧ください。

工事不要なSoft Bank Air

ソフトバンクのSoftBank Airは工事不要・無線で接続できるインターネット回線です。工事が不要です。ターミナルと呼ばれる専用の機器を置いてコンセントを差すだけですぐにインターネットがはじめられます。

高速のインターネット回線な上、データ容量制限もなく使い放題です。なによりも工事がいらないが手軽さがありがたいインターネット回線と言えます。Wi-Fiの設定も不要です。

パソコン、スマホ、ゲーム機(PlayStationやニンテンドーDSなど)、タブレットなど、Wi-Fiに対応している機器であればなんでも、SoftBank AirのWi-Fiで無制限にインターネットへの接続が可能です。

ただし、WiMAXのように外出先で使用するということはできません。SoftBank Airは宅内専用であることはあらかじめ理解しておきましょう。