You are here

インターネット回線の料金、戸建てとマンションでどうして金額が違うの?

インターネット光回線の料金、戸建てとマンションでどうしてこんなに値段が違うの?と思う方も多いでしょう。一戸建てとマンションでの光回線の仕組みから、具体的な料金の違いまで解説いたします。

  • 戸建てとマンションでは光回線の料金が異なります。
  • 戸建てでもマンションでも長く付き合えるベストなインターネットプランを選ぶことが重要です。
インターネット回線の料金、戸建てとマンションでどうしてこんなに値段が違うの?

インターネット光回線の料金、戸建てとマンションでどうしてこんなに値段が違うのでしょうか?

今より安いインターネットは?お引越しで新しいインターネット契約が必要?
簡単な質問に答えるだけで、ベストなプランを提案します。ご相談フォームはこちら。
電話でも受付:050-3196-9639(相談無料)までお気軽にお電話ください。

光回線・戸建てとマンションでは料金が異なる理由を考える

光回線の契約を検討しており、料金表をみていたら、同じ光回線なのに戸建てと集合住宅(アパート・マンション)では月額料金も工事費も違う、と気づかれた方もいるでしょう。

事実、ほとんどの光回線契約では、戸建住宅のほうが集合住宅よりもインターネット光回線の利用料金や工事費が高くなっています。これは何故なのでしょうか?理由を探ってみます。

戸建てとマンションでは配線のしくみが違う

インターネット回線の料金、戸建てとマンションでどうしてこんなに値段が違うの?

出典・NTT東日本

インターネット光回線の料金や工事費が戸建てとマンションで違う1番大きな理由として、光回線が電線から家の中のパソコン等端末まで届くまでの過程の違いがあげられます。

集合住宅の光回線の配線

集合住宅の場合、光ファイバーケーブルは、右の図のように、電柱から一旦、棟内の共有スペースに配線されます。そしてその後、各家庭に配線されます。

また、マンションなど集合住宅の場合、建物の中に小規模の交換機(MDF)があって、そこから個々の部屋に配線(光ファイバーではなくて電話線)がされている構造になっている場合もあります。

このようなケースの場合、個別の部屋ごとに光ファイバーをいちいち引き込まず、交換機(MDF)までが光ファイバーで接続され、その後個別の部屋までには従来の電話線を利用します。そして、部屋の中にはVDSLモデムを繋ぎ、ADSLより高速で安定した通信を行えるようにしているのです。どのような配線方式になるかは、マンションによって異なります。

インターネット回線の料金、戸建てとマンションでどうしてこんなに値段が違うの?

出典・NTT東日本

戸建ての光回線の配線

それでは、戸建て住宅の光回線の配線の仕組みはどのようになっているのでしょうか。

戸建住宅は、基本的にひとつの光回線をひとつの家庭で使っています。電柱から直接配線され、家の中で各端末にインターネットが届きます。こちらはシンプルなのでわかりやすいかと思います。

つまり、集合住宅(マンション)の場合は、回線をマンションの住人が共同で使うため、インターネット光回線の工事にかかる費用が戸建てより安くなると考えられます。

さらに既存のマンション内の通信網を利用した接続でもあるので毎月のインターネット利用料金も戸建てのプランよりも安くする事ができると推測ができます。

インターネット光回線、戸建てとマンション具体的な料金の違い

それでは、具体的に、光回線インターネットは、戸建てとマンションではどのくらい月額料金と工事費に差があるのでしょうか?

光回線 - 月額料金は戸建てかマンションかで1,000円くらい違う

シェアNo.1のOCNから自動更新のしばりのないプランを提供しているエキサイト光のようなプランまでいくつか光プランの月額料金を調べてみました。

この表から明らかなように、どこのプロバイダーであっても、やはり戸建てとマンションとでは光回線の料金は異なり、差はだいたい1,000円くらいあることが分かりました。

インターネット光・回線月額料金(税抜)
  DMM光 エキサイト光 OCN光 ぷらら光
ファミリータイプ
(戸建て住宅)
4,820円 4,360円 5,100円
(2年自動更新)
4,800円
マンション・
アパート
(集合住宅)
3,780円 3,360円 3,600円
(2年自動更新)
3,600円

光回線の工事費は実はケースバイケース

インターネット回線の料金、戸建てとマンションでどうしてこんなに値段が違うの?

すでに光コンセントの導入されている建物であれば、工事は少し安くなります。(出典・NTT東日本)

新規に光回線を引く場合の工事費も一覧にしてみました。戸建てとマンションとでは光回線の工事費に3,000円ほど差があるのが分かります。

しかしながら、この工事費の差は、戸建てかマンションかの違いよりも、工事担当者が訪問して工事をする必要があるのか、また光コンセントがそこに導入済みかどうかでも異なります。

このため以下の工事費の一覧は参考ですが、まったく光回線が導入されていない建物の場合、おおよそこれくらいの料金がかかります。

光回線の工事費は、分割で支払えるケースがほとんどです。また、新規光回線契約の工事費無料のキャンペーンも定期的に行われています。

インターネット光・回線工事費(税抜)
  DMM光 エキサイト光 OCN光 ぷらら光
戸建て住宅 18,000円 18,000円 18,000円 18,000円
集合住宅 15,000円 15,000円 15,000円 15,000円

戸建てでもマンションでも料金が変わらないインターネットプラン

特に戸建てにお住まいの方は、マンションと料金の変わらないインターネット回線はないの?と思ったかもしれません。

例えば、無線回線のインターネット、WiMAX(ワイマックス)ソフトバンクのSoftBank Airならば、そもそも工事がいりませんから、工事費はマンションでも戸建ても「ゼロ円」で同じです。そして、月額料金も同じ設定です。

また光回線でもNURO光はマンションでも戸建てでも、その料金設定に差がなく、同じ設定です。しかしながら、マンションに住んでいる人が複数個体でNURO光を契約した場合は、特別に料金が安くなるプランが集合住宅に住む方には用意されています。

光回線・戸建てとマンションで料金が違う - まとめ

事実、光回線の場合、戸建てや集合住宅に住んでいるかで、工事費も月額料金も異なることが分かりました。

もしかしたら、戸建てにお住まいの方はちょっとがっかり、マンションに住んでいる方はラッキーと思った方もいるでしょう。

どうしても料金の差が気になるという方は上記にあげたようなプランを検討して見るのも一つの方法です。しかしながら、戸建てとマンションの料金の差にあまりとらわれず、自分にあったベストなインターネット回線を選ぶことが大切です。契約した後も満足して長く付き合えることにこしたことはありません。