You are here

電気代が急に高くなった?電気代の請求が急にあがった!なぜ?理由は?

電気料金比較
お気軽にお電話ください
月曜日-金曜日 9:00-13:00

今月はなぜか急に電気料金が高い!請求書をみて驚いた!どうして電気代が高くなってしまったのでしょうか?考えられる原因を探ってみましょう。

電気代が急に高くなった
  • 電気の使用量(kWh)が増えれば、電気料金も高くなります。今月、電気の使用量が増えていませんか?
  • 電気の使用量が一年で一番多い時期を知っていますか?

電気の使用量と電気代のしくみ

電気代が急に高くなった

なんだか今月の電気代が高いような?理屈を理解しながら理由を探ります!

電気の検針票や電気代の請求書を見て、「急に電気料金が増えた!電気代が高い!」と驚いてしまった経験はありますか?「電力メーターが壊れた?」「まさか電気代の値上げ?」と判断するのは早急です。

なぜ急に電気の請求額があがったのか?」その理由を正確に理解するには、まずは電気の使用量と電気代の関係について、理解しておく必要があります。

電気の使用量とは? - おさらい

いまさら!と思われるかもしれませんが、確認のためおさらいしましょう。ひと月の電気の使用量とは、家庭の電化製品をその月にどのくらい使用したかの総量のことです。

毎月の電気の使用量は、ご自宅や店舗など契約先に備え付けられている、「電力メーター(スマートメーター)」がカウントしています。

そして、その電力メーターの読み取った数値に基づいて、検針票が発行されるわけです。

そしてその毎月の検針票に記載されている「電気の使用量」として使われている単位が、kWh(キロワットアワー)。これは、1kW(= 1000W)の電気を1時間(h)使い続けたときの消費電力量を表しています。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

電気の使用量(kWh)が増えると電気代が高くなる

電気の使用量(電力消費量)× 1kWhあたりの料金で計算

電気の使用量(kWh)について確認しました。次に電気料金がどのように計算されているかみてみましょう。

毎月の電気料金は基本的に「基本料金」と「電力量料金(従量料金)」で構成されています。(この他に、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」と燃料費調整費額が電気代に含まれますがここでは省きます。)

このうち、基本料金は電気の使用量に限らず固定ですが、電力量料金はその月の電気の使用量に電力量単価(円/kWh)を掛け合わせて計算されています。

電気料金の計算方法電気料金 = 基本料金 + 電力量料金(電気の使用量 × 1kWhあたりの単価)

電気消費量が増えれば、電気料金も高くなる

つまり、電気の使用量が増えると、電力量料金が増えて、トータルで電気料金も増えるのです。ということは、「電気料金が急にあがった!」そんな月は電気の使用量(kWh)が急に増えたと考えれます。

今月の電気料金が高い!と思った場合は、請求書の電気の使用量の箇所を確認して、先月の電気の使用量(kWh)と比較する必要があります。請求書の電力消費量が増えていたら、当然電気料金も増えます。

電気の請求額が急にあがったら、電力メーターがおかしいのではと疑いたくなるかもしれませんが、電気の使用量を確認し、増えた理由を考えてみましょう。

もちろん、電気料金の値上げで1kWhあたりの料金単価(もしくは基本料金)が高くなった場合も、電気料金に影響します。しかし、電気料金の値上げは必ず事前に連絡が来ますので、電気料金の値上げは事前に把握できます。

急に電気の使用量が増えた理由と対策

電気料金が増えるのには電力消費量の増加が影響していることをご説明しました。それではなぜ急に今月の電気の使用量(kWh)が増えたのでしょうか?

電気の使用量は家庭での電化製品の使用状況によって変動するということを前提に、どうして急に電気の使用量が増えたのか、その理由を検討していきましょう!

電化製品の入れ替わりで電気の使用量が増えた?

家庭の機器別電気の使用量内訳

(出典:資源エネルギー庁HP)

急に電気の使用量(kWh)が増えたら、まずはこれまで使っていなかった電化製品を新たに使用していないかどうかを思い出してみましょう。

家庭内での使用する電化製品が増えた場合は、当然電気の使用量は増えますね。もし、オール電化にした場合、今までガスで補っていたエネルギーが電気になりますので、もちろん電気代は増えます。

資源エネルギー庁の調べによると、一般的に家庭で使用している電化製品のうち、特に「電気冷蔵庫」、「照明器具」、「テレビ」、「エアコン」などによる電気の使用量が多いことがわかります。

また、新しい電化製品を迎えて使用しなくなった古い電化製品があればその電源を落としておくなど、余分に電気の使用量が増えるのを防ぐのもお忘れずに!

世帯数、連休など生活スタイルの変化で電気の使用量が増えたのでは?

電気の使用量が増えたなら、電気を使っている生活スタイルに変化があったことが理由かもしれません。

結婚や同居などで世帯数が増えて、同じ電化製品でもこれまでよりも多い回数、長時間使用した結果、電気の使用量が増えていることが考えられます。

また、世帯数には変化がなくとも、5月の連休、お盆や年末年始など、他の月に比べると自宅で過ごす時間が増えていませんでしたか?

ひと月のうち家で過ごす時間および日数が長ければ長いほど、その分、照明や冷暖房などで電気の使用量が増えるのは必然です。

冬に使用量が増える電化製品に注意

一年で一番電気を使うのはいつでしょうか?住んでいる地域にもよりますが、冬は一番、電気料金が高くなるシーズンです。

特に冬になると暖房器具の使用が増え、電気の使用量が増えるためです。

特に、下記のようなヒーター類は消費電力量が大きいので、利用する際はこまめにスイッチを切るなどして電気の使用量が増えてしまわないように要注意です!

  • トイレ用温風ヒーター(600W程度)
  • トイレ用パネルヒーター(350W程度)
  • スチーム式加湿器(800W程度)
電気代が急に高くなった

家族が増えれば電気の使用量も増え電気代も増えますね。

2014年度 1世帯(2人以上)あたりの電気料金と消費電力量
電気料金(円) 消費電力量(kWh)
1月 13,857 561.2
2月 14,375 575.9
3月 14,051 560.6
4月 11,901 475.1
5月 10,364 396.6
6月 9,148 342.8
7月 9,056 332.3
8月 10,957 392.0
9月 10,891 391.8
10月 9,633 352.3
11月 9,312 349.1
12月 10,895 408.1
平均 11,203 428.2

電気代が急に高くなったのはなぜ? - まとめ

電気料金が急に高くなる理由を、電気料金のしくみを理解しながら、探ってみました。

電気料金は、電気の使用量(kWh)と、電気料金(電力量料金)が関係あることを説明しました。さらに、電力の使用量は季節、世帯人数、電化製品の使用状況によってどのように変わるのかもご理解いただけたと思います。

電気料金が急に高くなった!を考えるポイント

電気料金が急に高くなった!なぜ。

月々の電気の使用量は電力メーター読み取ったkWh(キロワットアワー)をもとに請求が行われます。(出典:東京電力HP)

  • 電気の使用量(kWh:キロワットアワー)が上がれば、電気料金も高くなる!  
  • 今月は電気の使用量が増えていませんか?(家にいる時間が長かった?家族の人数が増えた?)
  • オール電化はガス代がなくなるだけでなく、その分の電気代も増えます。
  • 消費電力の大きい電化製品に買い替えた?(エアコンのサイズを大きくした?パワフルな掃除機にした?)
  • 冬は電気の使用量が増える傾向にあります!

このようなポイントをチェックをしてみても、異常に電気の使用量が増えているような場合は、電力会社に問い合わせてみましょう。

電力消費量を減らせない場合は、電気の料金単価を減らそう!

確かに、季節の変わり目で電気の使用量が増えた!でもこれ以上節電はできない・・・そんな場合は、今より料金単価の安い電気料金プランに契約を切り替えるのも一つの方法です。

電力自由化以降、大手電力会社の電気料金よりも安い電気料金を提供する新電力がたくさん登場しました。少しでも電気料金を下げたいなら、色々チェックしてみてください!

例えば、料金構成は大手電力会社の「従量電灯」と同じでも料金自体が一律大手より5%よりも安くなっているプラン(HTBエナジー)や、従量電灯プランよりずっとシンプルでり分りやすいプランなら、「基本料金がゼロ円」で「従量料金も1段階のみ」のプラン(Looopでんき)などが存在します。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。