家庭のエネルギーと節約アドバイス

夏の電気代って平均どのくらい? - 効果的な節約方法もチェック

エアコンや扇風機が欠かせない日本の夏、一般家庭の夏の平均的な電気代はいくらなのでしょうか?一年で一番電気代がかかる季節がいつなのかも確認してみましょう。夏の電気代の節約のポイントもおさらいします。

  • 「夏の電気代の平均はそれほど高くない・・・?」ほんとうでしょうか?
  • 夏の電気代を効果的に安くする方法をご紹介します。
夏の電気代平均はどのくらい?

じりじりと照りつける太陽。真夏にエアコンなしの生活はもはや考えられません。でも気になるのがやはり電気代です。夏の電気代の平均をみながら電気に関する正しい知識を身につけましょう。

暖房費の比較:灯油 vs エアコン

寒い日には欠かせない暖房器具ですが、暖房費は家庭におけるエネルギー消費の4分の1を占める侮れない存在です。ここでは灯油を熱源とする石油ファンヒーターと、エアコンのコストパフォーマンスを比較・検証してみます。

  • エアコンのランニングコストは、年々省エネ化がすすんでいるため、年式や型による部分も大きいといえます。
  • 石油ファンヒーターのランニングコストは、灯油の値段に左右されがちです。
  • 石油ファンヒーターとエアコン、どちらがおトクかだけでなく、メリット・デメリットを見て考えましょう。
暖房費の比較:灯油 vs エアコン

一番暖かく、一番コスパがよい暖房器具はどれ? - 冬の電気代を考える

冬の電気代に大きく影響をおよぼす暖房費。あなたは適切な暖房器具を選べているでしょうか?一番暖かく、一番コスパがよい暖房器具を探してみました。

  • 熱効率が一番いいのはエアコンです。
  • それぞれ暖房器具には長所・短所があります。特徴を生かして省エネでも快適な冬を過ごす方法を考えます。
一番暖かい暖房器具

冬の電気代って平均いくら?冬の電気の節約方法

冬の一般家庭の平均的な電気代はいくらなのでしょうか?暖房費がかさむ冬の電気代の平均を調べてみました。もしかして暖房費を使い過ぎ?チェックしてみましょう。

冬電気代平均

オール電化のメリットとデメリットは?

安全でクリーンな住宅として2000年代から広まったオール電化住宅。どのような良い点と悪い点があるのでしょうか。オール電化住宅のメリットどデメリットについて、見ていきましょう。

オール電化のメリットとデメリットは?

電気代が急に高くなった?電気代の請求が急にあがったのはなぜ?理由は?

今月はなぜか急に電気料金が高い。請求書をみて驚いてしまった。どうして電気代が高くなってしまったのでしょうか?考えられる原因を探ってみましょう。

電気代が急に高くなった

夏の節電方法 - 一番電気料金がかかる夏の電化製品は?

夏になると特に気になる電気料金。ほぼ毎日使っているエアコン・扇風機。除湿機を使っているご家庭も。夏の電化製品にかかる電気料金を調べてみました。夏場一番電気を使う電化製品は果たしてどれなのか。夏の節電方法についても考えます。

  • 夏場はやはりエアコンの電気料金が一番高い。
  • 電気料金のカギを握るのは、その電化製品の「消費電力(W)」と電気の使用量「電力消費量(kWh)」です。
夏の電気料金 - 夏の電化製品・一番電気料金がかかるのは?

夏に一番電気を使う、電気料金のかかる電化製品を調べながら、夏の節電方法についても考えてみましょう。

夏の電気料金 - 除湿機の電気代はどれくらい?

梅雨の時期に活躍する除湿機ですが、電気代はいくらくらいかかっているのでしょうか?除湿機にかかる電気代を実際に計算し、また梅雨の時期の電気代の節約方法を調べてみました。

  • 除湿機とはお部屋の湿度を下げてくれるもの。意外に電気代がかかる電化製品です。
  • 梅雨時、除湿機の電気代を節約するには、電力会社を変更するのが早くて簡単な方法です。
夏の除湿機電気代

エネファームのメリット・デメリットについて

何かと耳にするエネファーム。いったいどんなシステムなのでしょうか?また、どんなメリットやデメリットがあるのか確認してみましょう。

エネファームのメリット・デメリットについて

冬のガス代の平均は?冬のガス代の節約方法

電気やガスなど光熱費がかさみやすい季節、冬。一般家庭における冬のガス代の平均はいくら?暖房や給湯で冬のガス代を節約する方法についても調べてみました!

冬のガス代の平均は?冬のガス代の節約方法

Pages