You are here

夏の電気代って平均どのくらい? - 効果的な節約方法もチェック

エアコンや扇風機が欠かせない日本の夏、一般家庭の夏の平均的な電気代はいくらなのでしょうか?一年で一番電気代がかかる季節がいつなのかも確認してみましょう。夏の電気代の節約のポイントもおさらいします。

  • 「夏の電気代の平均はそれほど高くない・・・?」ほんとうでしょうか?
  • 夏の電気代を効果的に安くする方法をご紹介します。
夏の電気代平均はどのくらい?

じりじりと照りつける太陽。真夏にエアコンなしの生活はもはや考えられません。でも気になるのがやはり電気代です。夏の電気代の平均をみながら電気に関する正しい知識を身につけましょう。

毎月の電気料金のカギは「消費電力」と「電気料金単価」

夏の電気代の平均額をチェックする前に、毎月の電気代の基本的なしくみについて念のためごく簡単におさらいをしてみましょう。

毎月の電気代の請求額を決定するのは、1.「その月の電気の使用量」と2.「契約している電力会社の設定している電気料金単価」です。ですから、今月、「電気料金が高い」と思った月は、ご自身の使用した電気の使用量が増えたからと考えられます。季節による毎月の電気料金のアップダウンは、電気を何kWh(キロワットアワー)使用したかに大きく関係があります。もちろん、電力会社が料金単価を変えることもありますが、毎月起こることではありません。

そのため、電気代を下げたいと思った場合は、節電により電気の使用量を減らすか、今は電力会社が自由に選べますから大手電力会社より安い電力会社を探して契約先を変更するという方法があります。

そんなこと当然知っている。という声も聞こえてきそうですが、大切なポイントなので念のためおさらいをしました。

夏の電気代の平均はどのくらい - 実は夏の電気代は高くない?

夏電気代年間平均

夏の電気代の平均は意外に冬場より少ない。この機会に電気代のしくみを理解してみませんか?

かなり蒸し暑い日本の夏は、自宅で涼しく過ごすために一日中エアコンや扇風機が手放せません。除湿機を使用しているご家庭もあるでしょう。夏はニュースなどでも「節電」や「クールビズ」が声高に叫ばれますが、実際に夏の電気代はどのぐらいかかっているのでしょうか?

ここでは、総務省による2人以上の1世帯の電気料金の平均を見てみましょう。以下のデータから分かるように、夏(7・8・9月)の電気代の平均は10,301円。意外なことに夏の電気代は年間の電気代の平均よりも安く、暖房や照明などで消費電力量が年間でもっとも多くなる冬の電気代と比べるとマイナス約4千円です。

夏場は、「電気をたくさん使っているんじゃないか、使いすぎなんじゃないか・・・」という気がしがちですが、実は夏の電気代は、年間平均よりも実は安かったんですね。(このデータは、日本全国の電気の消費量の平均です。このため、もちろんお住まいの地域によって差があることはご承知ください。)

1世帯(2人以上)あたりの電気料金と消費電力量
  電気料金(円) 消費電力量(kWh)
1月 13,857 561.2
2月 14,375 575.9
3月 14,051 560.6
4月 11,901 475.1
5月 10,364 396.6
6月 9,148 342.8
7月 9,056 332.3
8月 10,957 392.0
9月 10,891 391.8
10月 9,633 352.3
11月 9,312 349.1
12月 10,895 408.1
平均 11,203 428.2

出典:総務省統計局(2014年)

年間で一番電気を使う季節はいつ?

では、年間で一番電気を使う季節はいつでしょうか?実は上記の表でも確認できるように、それは冬なのです。なぜでしょうか。まずは照明。冬の日照時間を考えてみましょう。冬は朝も明るくなるのが遅く、夜はすぐに暗くなってしまいます。ですから、当然照明に使用する電気が増えて電気代が増えるのです。照明の消費電力(W)は僅かですか、照明数が多く使う時間が毎日数時間増えると一ヵ月の電気代に影響を及ぼすわけですね。

さらに、冬はこたつや電気カーペット、電気ヒーターなどを使う方もいますから、電気の消費量は増えますね。(冬の寒さが厳しい地域では、暖房に灯油を使うことが多く、他の地域よりも電気代が低くなっている場合もあります。)

また気になるエアコンも、調整すべき温度差が、冬よりも夏の方が小さいため、冬に比べるとエアコンに必要な電力も夏の方が少なめなのです。

また、オール電化の家庭であれば、給湯やお料理にも電気を使いますから、お湯を使う、あたたかい食べ物・飲み物を食べることが多い機会が多い冬の方が電気の使用量が増えますね。このような理由で全国でも夏の電気代の平均よりも、冬の方が電気の消費量(kWh)が多く、電気代も高くなるわけです。

夏の電気代 - 調整温度差
  外気温 ⇒ (理想的な)設定温度 温度差  
例)1度 ⇒ 20度 19度 室温と室外の温度差は冬の方が大きい
⇒ 消費電力もその分多い
例)32度 ⇒ 28度 4度

それでもやはり気になる8月の電気代

実は、夏の電気代の平均は、冬ほど高くないということが分かりました。しかしながら、気温の穏やかな春や秋と比べると真夏、8月の電気代はそれでも高めです。さらに、世帯人数が多く、エアコンがたくさんあるおうちならば、やはり電気代は気になります。電気代は安いに越したことはありません。

夏でも少しでも節電をして電気料金も減らしたいものです。他に夏の電気代を下げる方法がないのか有効で、実行可能な方法を考えてみましょう。

夏の日中のエアコンの使い方を工夫

経済産業省・資源エネルギー庁の調べによると、夏の一般家庭で日中にもっとも電気使用量が多くなるのはエアコンで、なんと一日の消費電力量全体の53%を占めています。

つまり、エアコンの消費電力量を3割減らすことができれば、それだけで約15%もの節電が実現、というわけです。結構大きいですね。

 

夏のエアコンを効率よく使うための、すぐにできる王道の3つの工夫は以下の通りです。

 冷房の設定温度を上げる(目安は28℃)

冷房の設定温度の目安は28℃。設定温度を2℃上げるだけで約10%も電気代をカットできます。(年間約670円の節約)

もちろん猛暑の時は28℃に設定するのは厳しいでしょう。できる範囲で行うことが肝心です。くれぐれも熱中症などには注意してください。

夏電気代平均

風は通すが、日差しはカット。すだれは夏の電気代カットの強い味方。

 簾(すだれ)やよしずを使用する

直射日光を遮る、すだれやよしずは、見た目も涼やかですし、夏の電気代の”シェイプアップ”に効果的にです。遮熱カーテンも良いでしょう。

 フィルターの掃除をこまめにする

エアコンのフィルターにホコリやゴミなどの汚れがたまると冷房効果が低下してしまいます。月1、2回の頻度で掃除をすると年間約700円の節約になります。

エアコンを買い足すなら理解しておきたいアンペア

夏電気代平均

新しいエアコンのため、アンペア容量を増やすなら。- 基本料金が0円のプランなどをチェックしてみよう。夏の電気代カットに効果的。

今のアンペア容量で足りるか確認

今までエアコンのなかった部屋や子供部屋にエアコンを新たに設置する、またはさらに冷房範囲の大きいエアコンに買い替える、そんな方はアンペア容量のアップが必要かもしれません。

アンペアは一度にどれだけの電気を使えるかを決定するものです。エアコンを買い足しても、複数台同時に使わなければアンペア容量は関係しませんが、暑くなりエアコンが必要な時間帯は一緒なので同時に使用するでしょう。

そうなると現在契約のアンペアでは足りず、ブレーカーが落ちてしまうかもしれません。今の契約アンペア容量で足りるかどうか確認する必要があります。

アンペアを増やすと基本料金が増える

ちなみに、電気料金は、アンペア容量を増やすと「基本料金」も増えるしくみとなっています。基本料金は、電気の使用量に関わらず必ずかかる固定料金です。電気の使用量(kWh)が減る気候の穏やかな季節になっても、増えた分の基本料金はかかります。こうなると夏の電気代の平均どころか年間の電気代があがってしまいます。

アンペア制を採用している電力会社は大手電力会社のうちでも北海道電力東北電力東京電力北陸電力中部電力九州電力となっていますが。エアコンの買い足してアンペア容量を増やす予定がある方は、基本料金が0円の電気料金プランをこの機会に検討してみるといいでしょう。(その際。現アンペア容量を増やしてもらってから、基本料金0円の電気料金プランに切り替えます。)

電力会社を変えると電気代は安くなる?

はい。現在の電力会社よりも安い電気料金を提供している電力会社に切り替えれば、もちろん電気料金は安くなります。

冒頭でも簡単に紹介した通り、毎月の電気料金を決定するのは「電気の使用量(kWh)」と「電力会社の設定する電気料金単価」です。「電気の使用量(kWh)」は、上記でも紹介したような節電テクニックで安くすることもできるでしょう。しかしながら、節電にも限界があります。夏の電気代を少しでも下げよう、と思っても真夏の冷房なし生活ほぼ不可能です。そうなると、「電気の使用量(kWh)」以外の「電気料金単価」を”どうにかする”必要があります。

電力会社を変えない限りこの「電気料金単価」の部分を安くすることはできません。さらに電気代を安くしたいならば、「電気料金単価」が安い電力会社に切り替えれば安くなるというわけです。

ただし、どれだけの額が実際に安くなるかは、電気の使用量によって異なります。電気の使用のタイプ別に今より安くなる電力会社をご紹介します。

今契約している電気料金プランよりも安いものに契約を切り替えれば、コツコツ努力に加え、夏の電気代の節約に効果的ですよ。

夏の電気代カットには電力会社の切り替えが効果的
提供エリア 電力会社名 一か月の電気料金
全国で契約可能
(沖縄以外)
Looopでんき
  • 基本料金がゼロ円なのでアンペア容量が多い人は安くなる。
  • 世帯人数の多いファミリー世帯は安くなる額が多い。
  • 電気の使用量が分かる無料のアプリも便利。

H.I.S.でんき
HISでんき・HTBエナジー

関東エリアのみ ENEOSでんき
  • 電気の使用量が増えるほど電気料金が安くなる
  • ガソリンが安くなる特典がある。
東京ガスの電気
  • 電気の使用量が増えるほど電気料金が安くなる。
  • 都市ガスとのセット割りもある。

他にも具体的に料金表を使って大手電力会社と電気料金を比較してみましたので参考にしてみてください。契約件数の最も多い、一般的な電気料金、「従量電灯」プランと比較をしています。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。