You are here

プロパンガスの料金が高い?節約方法を紹介。

一括見積り
お気軽にお電話ください
月曜日-金曜日 9:00-13:00

都市ガスと比べて高いとウワサのプロパンガス(LPガス)の料金。どうしてプロパンガスの料金は高いのか?プロパンガスの料金を節約する方法もご紹介します!

プロパンガスの料金が高い?節約方法を紹介。
  • プロパンガス(LPガス)の料金は、人件費がかかる&自由料金制という理由から料金が高いケースが多い!
  • しかし、プロパンガス会社を比較・検討して乗り換えれば、料金が節約できるかも!

戸建てにお住まいの方LPガス料金払いすぎていませんか?簡単フォーム記入でLPガス一括無料見積もり!電話でもOK:050-3196-9297(無料相談)までお気軽にお電話ください!(注意事項)

プロパンガスは都市ガスよりも料金が高い?

あなたは都市ガスとプロパンガス(LPガス)、どちらを契約していますか?そして、今のガス料金に満足していますか?

一般的に「都市ガスよりプロパンガス(LPガス)の料金が高い」とされているようですが、どうしてプロパンガスの料金は高いのでしょうか?その原因を探ってみました!

原因1:プロパンガスは人件費が多くかかっているから

プロパンガスの料金が高い?節約方法を紹介。

プロパンガス(LPガス)が高い?プロパンガスはシリンダーを運ぶための人件費やコストがかかります。

都市ガスは、配電線や水道管のように、ガス管を通って各家庭に届けられたガスを利用しています。

もちろん、ガス導管の設置には大きなコストがかかりますが、最終的にはかけた初期費用を回収できるような居住者数の多いエリアをのみを選んで設置がされます。

居住数の少ないエリアもしくは密度の低いエリアの場合は、プロパンガス(LPガス)が使用されます。

プロパンガス(LPガス)は、ボンベに充填したガスを、ガス会社の担当者が各家庭に配送・設置して利用できるようにします。

つまり、プロパンガス(LPガス)にはその分の人件費が多くかかっており、ガス料金が高くなる一因と考えられます。

原因2:プロパンガスのガス料金は自由料金制だから

都市ガスのガス料金は、電気料金のように公共料金であり、それぞれのガス会社が総括原価方式を用いて決定しています。

しかし、プロパンガスのガス料金は、自由料金制。つまり、それぞれのガス会社が好きなように金額を決めるているのです!

そのため、プロパンガスのガス料金はガス会社によってバラバラで、都市ガスと同等の料金という良心的な会社もあれば、なんと数倍以上もの料金を設定している会社もあるのだとか…。

これが「プロパンガスの料金は高い」という印象を多くの人が持つようになった大きな原因でしょう。

知っておくべき!プロパンガスの料金の内訳

それでも、どうにかプロパンガスの料金を節約しておトクに利用する方法はないのでしょうか?

プロパンガスの料金を節約するために、まずは毎月のガス料金がどのように計算されているのか、その内訳をご紹介しましょう。

プロパンガスの料金請求金額 基本料金(毎月定額) +  従量料金(1㎥あたりの単価 × ガス使用量)

前述の通りプロパンガスの料金は自由料金制なので価格設定はガス会社によってバラバラですが、多くのプロパンガス会社のガス料金は、基本料金と従量料金を足し合わせたものです。

つまり、プロパンガスの料金を今より安くしたいなら、基本料金と従量料金に工夫をする必要がある、ということがわかりますね!

プロパンガスの料金を節約する方法

それでは、具体的にプロパンガスの料金を節約する方法にはどんなものがあるのでしょうか?

プロパンガスの基本料金が毎月一定で変わらないのであれば、従量料金、つまりガス1㎥あたりの単価およびガスの使用量、を安くしなければなりません。

光熱費の節約を考えるとき、誰もがまず最初に使用する量を今よりも少なくすることを考えるでしょう。

確かに、環境省の省エネにまつわる資料によれば、下記のようにプロパンガスでの給湯や調理の方法をちょっと工夫するだけで、プロパンガスの料金を節約することができます。

  • お風呂は沸かすのではなく、給湯器のお湯を溜める!
  • ガスコンロの炎は鍋底からはみ出さないようにする!
  • 調理する鍋にはフタをする!
プロパンガスの料金が高い?節約方法を紹介。

プロパンガス(LPガス)が高い?複数のプロパン(LPガス)会社から見積りをもらい、しっかり比べてみましょう!

が、そもそも契約しているプロパンガス会社のガス1㎥あたりの単価が、不当なほどに高額に設定されていたとしたら、どうでしょうか?

どんなに工夫を重ねてプロパンガスの使用量を減らしたとしても、ガスの単価が高いままでは、決して大きな金額を節約することにはつながりませんよね。

これこそが、プロパンガスの契約で注意すべきポイントプロパンガスの料金と自由料金制が挙げられる所以です。

しかし同時に、プロパンガスは誰でも自由に選んだり乗り換えたりすることができる、という利点もあります。

プロパンガスの料金を節約するには、複数のプロパンガス会社の料金と比較・検討してみて、よりおトクなガス料金へ乗り換える思い切りも必要かもしれません!

セレクトラでも、プロパンガス(LPガス)の見積もりの相談を受け付けています。ぜひご利用ください!

LPガスのお見積もりをご希望のお客様

お引越しでLP(プロパン)ガスの契約が必要、我が家のLPガス料金もしかして高い?と思ったら

LPガス料金の一括見積りサービス(無料)を利用して料金を比較してみませんか?

信頼できる販売店から簡単に見積もりをとることができます。今より安いLPガス料金がみつかるかもしれません。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

「enepi(エネピ)」のページへ移動します。「プロパンガス料金見積もりサービスについての注意点」を確認の上、ご利用ください。

セレクトラ・ジャパンでは、エネルギー市場にまつわる有益な情報をウェブ上で提供しています。
ご不明な点があれば、ガス料金のプロ、セレクトラまでお問合せください!