You are here

電気契約 - アンペア容量の選び方

アンペア容量が大きい人ほどさらに毎月の電気料金が下がる。契約アンペア容量に関わらず、基本料金が0円の電気料金プランをチェックしてみませんか? ⇒ Looopでんきででどのくらい安くなるかチェック。

電気料金の基本料金にかかわるアンペア容量。どのように最適なアンペア容量を選べば良いでしょうか?そもそもアンペアとは何かを確認しつつ、契約アンペアの選び方を考えます。

  • アンペアとは電化製品を使うのに必要なパワーのこと。一度に使用する電化製品の数と消費電力に合わせてアンペアを選びます。
  • 基本料金がなく、アンペアを選ばなくても良い電力会社も登場しています。
電気料金・ただしいアンペア数の選び方

アンペアとは?

電気のアンペアとは?

電気の契約アンペアは、「いくつの電化製品を同時に使うのか」に深く関係します。

アンペア(A)は、「電気の流れる量」を表す単位です。このアンペア、電気契約においては、どれだけの量の電気が自宅で必要なのかを特定するために使用されます。一度にたくさん電化製品を使う家庭ならば、その分たくさん電気が必要になるわけですから、それに足りる電気の量=アンペアを流してもらわなければなりません。

アンペアを理解するには、「同時に」に必要な電気の量というのがポイントになります。それぞれの電化製品を、時間をずらして使うならば、一度にたくさんの電気を流してもらわなくても、動かすことが可能です。しかしながら、特に家族の人数が多いような場合は、それぞれが電化製品を使う時間帯がかぶりがちです。そのような場合はアンペアも大きくしないと電気の量が足りません。

アンペアを道路の幅と考えるとイメージしやすいのではないでしょうか。幅が狭ければ一度に通れる車の数は1台、幅が2倍になれば、同時に通れる車は2台と増えます。さらに簡単にアンペアを理解するならば、契約アンペアの大きさ(アンペア容量)は、同時に使える電化製品の数と考えてみても良いでしょう。

今契約中のアンペア容量の調べ方

電気のアンペアとは?

ブレーカーの色か、検針票をみれば、現在の契約アンペアが分かります。

現在、契約中のアンペアがわからないという人も多いかもしれません。電気の契約アンペア数は、「分電盤の中にあるアンペアブレーカー」、「もしくは電力会社から来る検針票/請求書」で確認することができます。

各電力会社から送付される請求書や検針票には、必ず契約アンペア数が記載されています。また、ご契約の電力会社のホームページにあるご自分のアカウントでも、契約アンペアを確認することが出来ます。

分電盤をあけてアンペアブレーカーから契約アンペア数を確認する場合、アンペアブレーカーの色や数字をみます。例えば東京電力では契約アンペア数ごとに以下のような色分けになっています。このアンペアブレーカーの色分け方法は、お住まいの地域の大手電力会社により異なりま。ただし必ず数字も書かれていますので数字からも確認可能です。

ブレーカーで確認する契約アンペア数(東京電力の場合)
アンペアブレーカーの色 ピンク
契約アンペア数 10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A

契約アンペアが小さすぎるとどうなる?

契約アンペアが少なすぎると、アンペア容量(一度に使える電気の量)を超える度に、ブレーカーが落ちて、その都度部屋が真っ暗になってしまいます。

それまで使用していた電化製品のいずれかの使用を止めないと、再びブレーカーが落ちてしまい、電気が使えないという事態が起こります。

それぞれの電化製品の使用する時間帯をずらせるならば、ブレーカーが落ちるたびにこのように対処することが可能ですが、どうしても電化製品を同じ時間帯に使用することが避けれない場合アンペア容量が少ないと面倒です。

契約アンペアが大きすぎるとどうなる?

正しいアンペアの選び方

アンペアの大きさは基本料金に関係しています。

契約アンペアが大きすぎても、一度に使える電気の量に余裕があるということになり、実質的には問題はありません。

ただし、契約がアンペアが多いと基本料金を必要以上に多く払っているとも言えます。なぜなら、基本料金がアンペアに連動して設定されていおり、選ぶアンペア容量が増えると、基本料金の額もあがるためです。

東京電力はアンペアによって基本料金を決定している電力会社の1つです。実際に基本料金がどのように変わるか以下の表で見て取ることができます。もちろんこの設定額は電力会社により異なります。また電力会社の中には、アンペア制を採用しているところと、そうでないところもあります。

東京電力(従量電灯B)- 契約アンペアによって基本料金が変わる。(税込)
契約
アンペア
10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
基本料金              

アンペア契約容量の選び方

最適なアンペア容量を選ぶために、各電化製品の消費電力(W)から計算する方法と、おおよその目安で選ぶ方法をご紹介します。

電化製品の消費量からアンペアを計算する

電気契約の時に必要なアンペア数を正確に知りたい場合は、ご自宅の電化製品の消費電力(W)から計算をすることが可能です。同時に使う電化製品の消費電力(W)から、アンペアを計算し、すべて足し算すれば必要なアンペア容量は分かります。

電化製品は、一般的には暖房器具(こたつやファンヒーターなど)を必要とする冬の方が使う数が増えます。このため、冬に使う電化製品の総数で計算をするようにしましょう。

アンペア数(A)は、「電化製品の消費電力(W)を電圧(V)で割る」事で計算できます。例えば、消費電力1400W(ワット)の電子レンジのアンペア(A)数は、1400W ÷ 100V(日本の電圧は100ボルト)で、14アンペア(A)になります。

アンペア(A)の求め方
アンペア数(A)= 電化製品の消費電力(W)÷ 電圧(V)

例:消費電力が1400W(ワット)の電子レンジを使った場合のアンペア数
:1400W ÷ 100Vで、14アンペア(A)

電子レンジ以外に、エアコンや炊飯器など夕飯を準備する時に同時に使う電化製品もを足していけば、必要なアンペア数が自ずと分かります。

実際にシュミレーションをしてみましょう。エアコン暖房660W + 冷蔵庫250W + 家中の照明の合計200W + IHジャー炊飯器1300W + プラスマ42型テレビ360W+ 電子レンジ1400W = 4170W → 41.7A 

この場合、40Aではアンペア容量が足りず、ブレーカーが落ちてしまいますので、50Aで契約をしなければならない事がわかります。

契約アンペア = 同時に使う電気の最大量

常に使う電化製品(照明や冷蔵庫など)に、一時的に使うもの(炊飯器、テレビ、電子レンジ)などを足して、必要なアンペア容量を計算します。冬場にエアコン、電気ヒーター、こたつなど使う場合はそれらも含める必要があります。

アンペア容量の選び方

よく使われる家電の消費電力一覧

エアコンの電気代・計算方法

通常、電化製品の消費電力(W)は、冷蔵庫の場合は扉を開いた内側、エアコンは本体の下側もしくは側面、テレビは裏側といった具合に、製品の端に記載されています。一般家庭でよく使われる家電の消費電力は以下のとおりです。電化製品の仕様によって異なります。

各電化製品の消費電力がどのくらいか、わかりやすいように、一覧にしてみました。以下の一覧は目安です。モデルや性能、サイズによってもことなりますので正確な消費電力はやはり説明書や本体の記載を確認必要があります。

よく使われる家電の消費電力
製品 消費電力 製品 消費電力
IHクッキングヒーター 電気料金節約ならアンペアを変更しよう。電力消費量IHクッキングヒーターはどのくらい? 1400~3000
ワット
エアコン電気料金節約ならアンペアを変更しよう。電力消費量エアコンはどのくらい? 300~3000
ワット
食器洗い機電気料金節約ならアンペアを変更しよう。電力消費量食器洗い機はどのくらい? 1100~1300
ワット
電子オーブンレンジ電気料金節約ならアンペアを変更しよう。電力消費量電子オーブンレンジはどのくらい? 1000~1400
ワット
ドライヤー 電気料金節約ならアンペアを変更しよう。電力消費量ドライヤーはどのくらい? 600~1200
ワット
掃除機 電気料金節約ならアンペアを変更しよう。電力消費量掃除機はどのくらい? 850~1000
ワット
洗濯機(洗濯時) 電気料金節約ならアンペアを変更しよう。電力消費量洗濯機(洗濯時)はどのくらい? 200~400
ワット
冷蔵庫 電気料金節約ならアンペアを変更しよう。電力消費量冷蔵庫はどのくらい? 100~300
ワット
炊飯器 家電気料金節約ならアンペアを変更しよう 100~300
ワット
テレビ(液晶) 電気料金節約ならアンペアを変更しよう。電力消費量テレビ(液晶)はどのくらい? 100~200
ワット

必要になるアンペア容量の目安

我が家はどのアンペア容量を選べば良いのかもっと簡単に知りたい方もいらっしゃるでしょう。

どの契約アンペアであれば、どんな家庭がどれくらいの電化製品を使用できるのかを、おおまかに一覧表にしてみました。参考にしてみてください。

契約アンペアの目安
契約 目安 家庭の特徴
10A
15A
20A
電気料金・正しいアンペア数の選び方
  • ほぼ電化製品を使わない一人暮らし向け。
  • エアコンはもちろん、電子レンジもあまり使わない方。
  • 使える電化製品にかなり制限がかかる。
30A 電気料金・正しいアンペア数の選び方もしくは電気料金・正しいアンペア数の選び方電気料金・正しいアンペア数の選び方
  • 一人暮らしもしくは二人暮らし向け。
  • 契約アンペアとしても契約件数が多いのが30A。
40A 電気料金・正しいアンペア数の選び方電気料金・正しいアンペア数の選び方電気料金・正しいアンペア数の選び方
  • 一般的なファミリー向け。
  • 電化製品の使用頻度は普通。
50A 電気料金・正しいアンペア数の選び方電気料金・正しいアンペア数の選び方電気料金・正しいアンペア数の選び方電気料金・正しいアンペア数の選び方
  • 家族の人数が多い世帯向け。
  • 乾燥機や食洗器を利用するなど電化製品の使用頻度は高め
60A 電気料金・正しいアンペア数の選び方電気料金・正しいアンペア数の選び方電気料金・正しいアンペア数の選び方電気料金・正しいアンペア数の選び方電気料金・正しいアンペア数の選び方電気料金・正しいアンペア数の選び方
  • 2世帯住宅など、家族の人数が多い世帯向け。
  • 電化製品の使用が多いご家庭。
60A
以上
電気料金・正しいアンペア数の選び方
  • オール電化の家庭向け

契約アンペアによってどのくらい電気料金が変わる?

選ぶ契約アンペアにによってどのくらい電気料金が変わるのかを、アンペア制を取り入れている電力会社の基本料金をピックアップして表にしてみました。

どこの電力会社も、契約アンペアがあがるほど電気の基本料金は高くなっています。このため、必要以上に大きな容量のアンペア契約をしているならばアンペアダウンすることで電気代を安くすることができます。

契約アンペアと基本料金が変わる。(税込)
アンペア 10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
東京電力              
北海道
電力
             
中部電力              
九州電力              

アンペアを選ばなくていい電力会社

アンペア制を取り入れてない電力会社もあります。関西より西のエリアでは、一定の電気の使用量(kWh)を含んだ最低料金が設定されている「最低料金制」を採用している大手電力会社がいくつかあります。つまり、関西電力から、関東エリアにお引越しで、東京電力を契約しようと思った場合、見慣れないアンペアという言葉に遭遇するということになります。

また、「基本料金」も「最低料金」もかからない電気料金プランを販売している新電力もあります。アンペア容量が大きいご家庭であれば、基本料金がゼロ円のプランにするとかなり効果的に電気料金を安くすることができるでしょう。

基本料金の種類
最低料金制 アンペア制 基本料金がない
  • 「最低料金」がある。
  • 最低料金の中には、15kWhもしくは11kWhまでの電気の使用が含まれる。
  • アンペア容量は選ばない。
  • 契約アンペアを選ぶ。
  • 選ぶアンペア容量によって基本料金が変わる。
  • 「基本料金」も「最低料金」もゼロ円。
  • 契約アンペアを選ぶ必要がない。
  • 使用した電気の分だけ料金を払う。

いずれも沖縄以外の全国で契約できる。

アンペアの変更方法

契約アンペアの変更は、ご契約の電力会社に電話をして依頼をすれば、無料でアンペアブレーカーの取り換え工事をしてもらえます。しかしながら、季節ごとに契約アンペア変更をすることはできず、一度アンペア変更を行ったら一年は同じ容量を契約しなくてはなりません。

また、アンペア容量の変更手続きの依頼は、電力会社のホームページ内のご自分のアカウントから依頼できる電力会社もあります。アンペア変更手続きの際は、「お客様番号」が必要になる事も多いので、検針票もしくは請求書をお手元に準備しておくとスムーズです。

  • 契約中の電力会社に連絡して、アンペア変更を依頼する。
  • アンペアブレーカーを取り換えてもらう。
  • 一度アンペアブレーカーを取り換えたら基本的に一年は替えることができないので注意すること。

アンペア変更の目的が電気料金の節約ならば

もし、基本料金を安くすることがアンペア変更の目的であれば、他にも電気料金を安くする方法はあります

アンペア数の変更は、基本的に1年に一度のみ認められており、気軽に何度も変更する事はできません。そのため、適切なアンペア容量のままで、電気料金を安くする方法を考えましょう。

 基本料金が大手電力会社より確実に安い電気料金プランにする。

以下の電力会社は基本料金を大手電力会社よより安く設定しています。アンペアダウンをするよりも、電力会社を変える方が電気料金を安くできるでしょう。

 
電力会社名 特徴 申込み先

Looopでんき

  • 「基本料金」も「最低料金」もゼロ円です。
  • 例:東京電力50A契約の場合、 円 ⇒ 0円
Looopでんき
の公式サイト

H.I.S.でんき
HISでんき・HTBエナジー

  • 基本料金も電気の使用に応じた料金も一律5%安く設定されています。
  • 電気の使用量が少なくても安くなる可能性のあるプランです。
H.I.S.のでんき
の公式サイト

 アンペアにこだわらず、1kWhあたりの料金の安い電力会社を選ぶ

電気料金を安くしたい場合、アンペア数が関係する「基本料金」の部分よりも「従量料金(電気の使用1kWhあたりの料金)」が安い電気料金プランを検討するのも一案です。

そこで、電気料金プランを変更すると具体的にどれくらい安くなるのか、人口の最も多い関東エリアでの様々な電力会社の「1kWhあたりの料金」を比較してみました。また、「40A契約で毎月の電気使用量が450kWh」の場合、関東の大手電力会社である東京電力より電気代が年間いくら安くなるかも計算してみました。

関東エリアの1kWhあたりの料金比較(税込)
電力会社名 東京電力
東京電力ホールディングス
東京ガス
東京ガス
ENEOSでんき
Looopでんき
基本料金   東京電力と同じ 東京電力と同じ ゼロ円
1kWhあたりの料金 -120kWh   -140kWh   -120kWh   一律  
120-300kWh   140-350kWh   120-300kWh  
300kWh以上   350kWh以上   300kWh以上  

40A契約で電気使用量が450kWhの場合、年間いくら安くなる?

14,928円 15,771円

15,946円

  • Looopでんきは基本料金も最低料金もゼロ円です。また電気の使用量が多いほど電気料金が安くなるしくみです。
  • ENEOSでんきは、基本的に電気の使用量が多いご家庭ほど安くなります。東京電力より高くなる事はありません
  • 東京ガスは、やはり東京ガスの都市ガスを使っている方にぴったりです。電気と都市ガスのセット割があり、支払いもまとめられます。
 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。