You are here

電気契約 - 2人暮らしに必要なアンペア(A)は?

今より安い電気料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

これから二人暮らしする人も、節約のためにも契約アンペアを見直したいと思っている人も、気になる「2人暮らしに必要な契約アンペア数はどれくらい?」という疑問。どのくらいのアンペアが適当か実際に計算してみました。引っ越しで新しく電気契約する場合や電気料金の比較をする際の参考にしてくださいね。

2人暮らしのアンペアの平均は?
  • 2人暮らしに必要なアンペアを一般に使用されている電化製品を例に試算してみると、最大50Aになりました!
  • どの電化製品を一度にどれくらい使用するかで必要になるアンペア(A)値は異なります。

アンペアと基本料金の関係

2人暮らしに必要なアンペアの解説の前に、少しだけ電気料金のしくみついておさらいします。

まず、電気料金は基本的に、「基本料金」と「電力量料金」の2本で成り立っています。

そして、基本料金には、「アンペア制」と「最低料金制」の2種類が存在しています。大手の電力会社では、東京電力中部電力九州電力などがアンペア制を、関西電力などが最低料金制を導入しています。そして新電力もたいていこれに倣っています。

基本料金は、どれだけの電気を消費したかということに関係なく、毎月固定額を支払うものなのですが、アンペア制の場合は、選ぶ契約アンペア容量が大きくなると基本料金も高くなるしくみになっています。

契約アンペアは、各家庭で「同時に」消費できる電気の最大量を意味していて、契約しているアンペアを超えて電気を使用するとブレーカーが落ちるようになっています。

ちなみに、電力自由化以降は、基本料金そのものをなくした電気料金プランLooop(るーぷ)でんきソフトバンク・自然でんきなども登場しています。アンペアを選ばなくていいのが楽ですね。

電気料金:基本料金の種類
最低料金制 アンペア制 基本料金がない
  • 文字通り支払うべき最低額を決められている。
  • 契約するアンペア数は関係なく一定の金額。
  • 契約しているアンペア数によって基本料金が変わる。
  • 基本料金がゼロ円。電力量料金のみの支払い。
関西電力中国電力四国電力沖縄電力 が採用 北海道電力東北電力東京電力北陸電力中部電力九州電力エリアの電力会社 が採用

Looop(るーぷ)でんきソフトバンク・自然でんき

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

選ぶアンペア容量によってこれだけ料金が変わる

2人暮らしに必要なアンペアの計算に行く前にまず、基本料金が選ぶアンペア容量によってどのくらい変わるか、東京電力で最も契約数が多く一般的なプラン、従量電灯Bで確認してみましょう。

1人暮らしに必要なアンペアは?

2人暮らしに必要なアンペアは? - アンペアダウンで電気料金が安くなるのは契約するアンペア容量によって基本料金が異なるから。

東京電力-従量電灯B-基本料金
契約アンペア数 基本料金(円)(税込)
10A  
15A  
20A  
30A  
40A  
50A  
60A  
電気料金節約なら、アンペアを変更しよう

アンペア数が高くになるアンペア制。さて、二人暮らしに必要なアンペアはどのくらいでしょうか。

契約アンペア数が大きくなると基本料金が上がっていますね。例えば、10Aと20Aを比べてみると、アンペアが2倍になると基本料金も2倍になっています。

ということで、基本料金は契約アンペア数に比例して大きくなっていることが分かりますね。つまり、必要以上のアンペア数で契約をしている場合、アンペアダウンをすることで電気料金を節約できるというわけです。

1人暮らしから2人暮らしになった場合、アンペア契約も上げなくてはいけないのでしょうか?どのように必要なアンペアを計算したらよいか以下に詳しくご紹介します。

2人暮らしに必要なアンペアを実際に計算

そもそもアンペアとは?

アンペア(A)とは電気の流れる量(大きさ)を意味します。

電化製品にはそれを動かすために必要な消費電力(W)が決まっています。消費電力(W)の大きい電化製品を動かすためにはたくさんの電気の量(大きさ)=アンペア(A)が必要になります。

電化製品によって消費電力は違う - よく使う家電に必要なアンペア一覧

例えばエアコンは家電の中でも消費電力(W)の大きい電化製品です。このような消費電力(W)の大きいエアコンを動かすには、たくさんの電気が必要、つまりアンペア容量もそれなりに必要になるわけです。

ちなみに、2人暮らしの家庭でよく使われる家電に必要なアンペア(A)の目安は以下のとおりです。

電気料金・ただしいアンペア数の選び方

アンペア(A)は電化製品を動かすために必要なパワーです。電化製品を一度にたくさん使うならば、大きなアンペアの契約が必要になります。

よく使う家電に必要なアンペア
電化製品 電力消費量 必要なアンペア
ノートパソコン 100W 1A
テレビ 100W 1A
電子レンジ 1300W 13A
照明(白熱電球) 300W 3A
炊飯器 500W 5A
冷蔵庫 400W 4A
掃除機 1000W 10A
洗濯機 500W 5A
エアコン 700W 7A

もちろん各家電に必要な消費電力(W)はその家電の性能や大きさなどによって変わるので上の表は目安です。

例えば照明などは、お家の間取りによって大きく変わるでしょう。電球の数に比例して、消費電力も増えます。エアコンの消費電力もその性能によって大きく変わり得ます。

条件別に2人暮らしに必要な電気料金を計算してみます。

どれだけのアンペアが必要かを計算する際のポイントは、「同時に」どれだけの電力を使用するかを把握するということです。

どれだけ沢山の電化製品を持っていたとしても、各電化製品をバラバラに時間をずらして使用している限りにおいては、契約アンペアの上限に達しないため、ブレーカーが落ちることもありません。

一度にたくさんの電化製品を使う場合のアンペア数

照明や冷蔵庫は家にいる間は大体動いていますよね。2人暮らしですからノートパソコンも2台立ち上げているとしましょう。部屋を快適にするためにエアコンもつけていると。

照明、冷蔵庫、ノートパソコン、、エアコン以外の家電を見てみると、電子レンジの必要とするアンペアがもっとも大きいようです。なので、電子レンジを使いながら他のどの家電を使いうるか想像してみましょう。

電子レンジを使っているということは、料理をしている可能性が高いので、炊飯器も使っているかもしれませんね。また、テレビを見ながら料理していることもあるでしょう。

そして、2人暮らしだと、1人が料理をしている間にもう1人が掃除機をかけていることも考えられますね。

まとめると、2人暮らしのお家では、ノートパソコン(2台)、テレビ(1台)、電子レンジ(1台)、照明(1つ)、炊飯(1台)器、冷蔵庫(1台)、掃除機(1台)、エアコン(1台)を同時に使う可能性がありますね。これらに必要なアンペアを計算してみましょう。

1×2+1+13+3+5+4+10+7=45<50

このような電気の使い方をする二人暮らしの場合、計算すると同時に45アンペア程度必要になることが分かりましたので、契約アンペアは50Aが望ましいということになります。

一般的に冬の方が電気を使います。 住んでいる地域にもよりますか、通常、冬の電気代の方が夏の電気代より高い傾向にあります。日照時間が冬は短い、エアコンで調節をしなけらばならない温度の差が夏より冬の方が大きいなどが理由です。アンペアはあくまで一度にどれくらいの電化製品をつかったかにかかわるものですが、冬にヒーターなどを使う場合はアンペア計算にカウントをお忘れなく。

電化製品を複数同時に使用しない場合のアンペア数

もちろん上記の電化製品を一度に使ったと仮定して計算していますので、一度に使わない場合は、もっと低いアンペアでも問題ないといえるでしょう。

掃除機をかけている時は、パソコンも、テレビも、電子レンジも炊飯器も使用しない、エアコンも一切使用しないとなれば、

3+4+10=17<20

この通り、20アンペアの契約で済みます。しかし、実際は、1人が掃除機をかけている時に、テレビをみて、料理をするということもあるかもしれません。

やはり、「最大で同時どれだけ」電化製品を使うかがアンペア選びのポイントになります。

2人暮らしに必要なアンペアは? - まとめ

2人暮らしに必要なアンペアをご紹介しましたがいかがでしたか。各家庭で必要になるアンペア(A)はその家庭の家電の数や性能、そしてその家庭に住む人のライフスタイルによって大きく変わります。

  • 2人暮らしに必要なアンペアは最小で20A、最大50Aになります。
  • 20Aはかなり省エネタイプの家庭ですので、やはり30A以上を選んでおいたほうが安心です。
  • ライフスタイルに合わせてアンペア数を選びます。

現在すでに電気契約をしており、契約アンペアのみを変更したい場合は、地域の大手電力会社に電話で依頼をします。(一度アンペアを変更したら一年間はもとに戻したりできないのでご注意ください。)

アンペア料金が安いプランや基本料金がない電気料金プランも登場

2人暮らしの電気代を節約したい場合は、アンペアの見直しの他にも、「電気契約の見直し」も効果的です。電力自由化以降、大手電力会社よりも安い電気料金プランを提供する新電力がたくさん登場しました。

基本料金も電力量料金も大手電力会社より5%安い!

HTBエナジーの電気料金なら、基本料金も電力量料金も大手電力会社より5%安く設定されています。このため、いつでも必ず5%安いという安心感があります。

料金構成は大手電力会社にならっているけれど、料金そのものは安くなっている、というのが分りやすく人気となっています。

基本料金がゼロ円のプラン

なんと、Looop(るーぷ)でんきの電気料金なら基本料金がゼロです。電気の使用が一定以上あるならば、大手電力会社よりも電気料金が必ず安くなります。

シンプルで分かりやすい料金体系が消費者にウケています!Looop(るーぷ)でんき、でどれだけ安くなるかチェックしてみる価値ありです。アンペアを気にしなくていいのも楽です。

今より安い電気料金を探して、契約を変更するだけで、すぐに電気代を安くすることができます。これから二人暮らしをスタートする人も二人暮らしのベテランも一度電力会社の切り替えも検討してみてはいかがでしょうか?

もちろん他にも、電気料金プランはたくさんあります。「検針票」をお手元に、電気料金比較シュミレーションでチェックして探してみましょう。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。