電話で電気・ガス切替相談

お任せください!水道・電気・ガスの引越しの手続きサポート

または お得な電気料金プランを探す


只今のお時間はセレクトラらくらく窓口の営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、折り返し電話サービスをご利用ください。

水道・電気・ガスの引越し手続きなら

または お得な電気料金プランを探す


只今のお時間はセレクトラらくらく窓口の営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、折り返し電話サービスをご利用ください。

水道契約【開栓】:引越し時の手続き方法と必要なもの

水道契約【開栓】:引越し時の手続き方法と必要なもの
水道契約【開栓】:引越し時の手続き方法と必要なもの

引越しによる水道契約(開栓)の手続きについて、契約の流れやタイミング、契約に必要な情報、水道の開栓方法、水道契約の注意点を含め、具体的に解説します。

  • この記事でわかること
  • 水道契約(開栓):引越しに伴う水道契約の流れ・必要なもの。
  • 水道契約(開栓):水道契約の具体的なやり方・注意点。
  • 水道契約(開栓):引越しの何日前までに手続きをすべきか、契約のタイミング。
  • 水道契約(開栓):建物別・水道の開栓方法。
  • 水道契約でお困りなら、セレクトラのらくらく窓口0120-331-208】でもお手伝いいたします。
電話で電気・ガス切替相談

引っ越しに伴う水道の手続きサポート&電気・都市ガスの申し込み

0120-331-208 または


・引っ越しに伴う面倒な水道のお手続きを優しくサポートいたします。
・今よりも割安で最適な電気・都市ガスのご相談・お申し込みも承っています。
・引越し直前・当日の電気でお困りの方でもご安心ください。最適プランを迅速にご案内!
・水道・電気・ガスに関するご質問・ご相談など、どうぞお気軽にご連絡ください。

 

【セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口】

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

水道・電気・ガスのお手続きサポート

0120-331-208 または

 

  • 引っ越しに伴う面倒な水道のお手続きをサポート!
  • 今より安い電気・都市ガスの切り替え相談・お申し込みも承ります。
  • 水道・電気・ガスに関するご質問・ご相談など、ご連絡はどうぞお気軽に。
【セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口】


営業時間・ご利用方法についてはこちら

水道契約(開栓):契約の流れと必要なもの

電気ガスの契約と同様に、引越しで転居する際に必要な水道契約(開栓)手続き。水道局によっては、新居の蛇口をひねるだけで水を使える状態にしている水道局もありますが、だからといって水道契約をしなくていいということではありません。

ここでは、水道契約(開栓)の手続きの流れ契約時に求められる必要な情報について具体的に解説します。

水道契約(開栓)の流れ

水道契約(開栓)の申し込みは、引越し先の新居を管轄している水道局または自治体にて行います。

申し込みのやり方は水道局によって様々ですが、東京都水道局政令指定都市のような大都市の水道局では、水道契約(開栓)・解約(停止)の引越し手続きを請け負う【カスタマーセンター】を設けているところが多く、水道局窓口ではなく、電話・FAX・郵送・インターネット等で申し込みを受け付けているところが大半です。

一方、地方の小・中規模の自治体の場合は、【カスタマーセンター】の設置やインターネットでの水道契約に対応しているところは多くなく、電話・FAX・郵送・水道局や自治体の窓口等で申し込みを受け付けています。

このように、水道局によって水道の契約方法は異なりますので、詳細は、引越し先の管轄の水道局や自治体のホームページで確認しましょう。

なお、現在と同じ水道局エリア内で引越しをされる場合、水道の解約(停止)と水道契約(開栓)を同時に進めることが可能です。

【水道契約】手続きの流れ
【水道契約】から【開栓】まで
  1. 引越し先の管轄の水道局へ水道契約(開栓)の申し込み
  2. 引越し後、新居の蛇口をひねって水が出るか確認
  3. 水が出ない場合、住居内の蛇口が全て閉まっていることを確認し、元栓の開栓作業
  4. 開栓後も水が出てこない場合は管轄の水道局へ連絡
  5. ※水道契約を失念していた場合、気付いた時点ですぐに管轄の水道局へ電話で連絡

【セレクトラ】(0120-331-208) に【水道契約】について相談

同じ水道局管轄エリアで引越し:【水道契約・解約】
  1. 引越し日の1週間前を目安に管轄の水道局へ現住所の水道の解約(停止)と新住所の水道契約(開栓)の申し込み
  2. 退去時に全ての水道の蛇口がしっかり閉まっているか確認
  3. 転居月の水道料金は、現在の支払い方法で後日清算
  4. 引越し後、新居の蛇口をひねって水が出るか確認
  5. 水が出ない場合は、住居内の蛇口が全て閉まっていることを確認し、元栓の開栓作業
  6. 開栓後も水が出てこない場合は管轄の水道局へ電話で連絡
  7. 解約・開栓手続きを失念していた場合、気付いた時点ですぐに管轄の水道局へ電話で連絡

【セレクトラ】(0120-331-208) に水道・電気・ガスの引越し手続きを相談

原則として、水道の解約【停止の手続き】は引越し前に行うものとされています。そのため、水道の解約・水道契約を同時に行う場合は、必ず管轄の水道局が定める解約の申し込み期限を守り、余裕をもって手続きを済ませましょう。

また、引越し後に水道契約【開栓の手続き】をしないまま水道を使い続けた場合、管轄の水道局から水を止められてしまうこともあります。

特に申し込み期限が決められていなくても、水道契約【開栓の手続き】は、なるべく引越し日の1週間前を目安に済ませておくとよいでしょう。

水道の【開栓・閉栓】に立ち合いは必要?原則、水道の【開栓(開始)】【閉栓(停止)】、いずれの場合も契約者の立ち合いは必要ありません。ただし、以下の場合は、立ち合いおよび立ち合い日時を決めるための連絡が必要となります。
①転居月の水道料金の支払いに、現地清算(集金)を依頼した場合
②水道の【開栓・閉栓】の際、水道局の担当者が敷地内に入れず、外部から作業できない場合

水道契約(開栓)に必要なもの

水道契約(開栓)の際、各水道局に共通して求められる情報は以下のとおりです。申し込みの前にあらかじめ確認しておくと手続きがスムーズです。

  1. お客様番号(水道番号・水栓番号)
  2. 氏名(名義人)
  3. 連絡先(住所・電話・メールアドレス)
  4. 水道の使用開始場所(新住所)
  5. 水道の使用開始日(引越し日)
  6. 水道料金の支払い方法

 

同じ水道局管轄エリアで引越す場合で、水道の解約【停止の手続き】と水道契約【開栓の手続き】を同時に行うために必要な情報は以下のとおりです。

事前に、お客様番号(水道番号・水栓番号)等の水道契約・解約に必要な情報が記載された「使用水量のお知らせ(検針票)」や「納入通知書(請求書)」を用意しておきましょう。

  1. お客様番号(水道番号・水栓番号)
  2. 氏名(名義人)
  3. 連絡先(住所・電話・メールアドレス)
  4. 水道の使用停止場所(旧住所)
  5. 水道の使用開始場所(新住所)
  6. 旧住所の水道の使用停止日
  7. 新住所での水道の開始止日
  8. 水道料金の支払い方法

水道局への水道契約(開栓)の申し込みが不要な場合3階建て以上の集合住宅への引越し(入居)を予定されている方は、水道契約(開栓)・水道料金の支払いに関し、建物の管理会社等が一括して取りまとめている場合がありますので、まずは建物の管理会社等に水道契約の有無について確認してください。
該当する場合は、管轄の水道局への水道契約(開栓)の申し込みは不要です。水道の使用開始の連絡は、管轄の水道局ではなく建物の管理会社等へ行ってください。

水道契約(開栓):「お客様番号」「水道番号・水栓番号」とは?

電気やガスと同じく水道でも個々に、契約者を判別するための「お客様番号」という特定番号が割り当てられます。水道局によって「お客様番号」の桁数や表示方法は異なりますが、通常、以下のような「使用水量のお知らせ(検針票)」や「納入通知書(請求書)」等に記載されています。(※画像①参照のこと)

東京都水道局「水道使用量等のお知らせ」(検針票)
※出典:東京都水道局「水道使用量等のお知らせ」(検針票)

水道の解約(停止)の手続きでは「お客様番号」を必要とする水道局がほとんどですが、水道契約(開栓)では、わかる範囲で「お客様番号」もしくは「水道番号・水栓番号」を求められます

水道契約(開栓)の申し込みにおいては、「不明であれば不要」とする水道局が大半ですが、事前に確認しておくと手続きがスムーズに進みます。

同じ水道局エリアでの引越しの場合、水道の「お客様番号」は、検針時に水道局から配布される「使用水量のお知らせ(検針票)」や「納入通知書(請求書)」等で確認することができます。万一、書類の紛失等でご自身で確認できない場合は、管轄の水道局に問い合わせましょう。

水道局によっては、大阪市水道局の「調停番号」のように、「お客様番号」ではなく別の名称を用いている水道局もありますが、基本的に意味や用途は同じです。

ただし、水道契約(開始)の際、「お客様番号」とは異なる「水道番号・水栓番号」川崎市水道局)や「使用者番号」相模原市・神奈川県営水道)などを「お客様番号」の代わりに求める水道局もあります。

「水道番号・水栓番号」は、通常、玄関やドアの上部、郵便ポスト、水道メーターボックスの蓋、門柱などに付けられている「水道章標」「水道標識」と呼ばれるプレートやシールなどに記載されています。

「お客様番号」が各水道の使用者(契約者)個人に割り当てられている番号であるのに対し、この「水道番号・水栓番号」は各建物(住居)に対して割り当てられ、その建物の設置場所やメーター番号等を判別するために使用されています。

水道の【お客様番号】と【水道番号・水栓番号】の違い
お客様番号 水道使用者(契約者)が個々に持っている固有の番号
水道番号・水栓番号 水道が設置されている建物・メーター番号等を判別する番号

水道の「お客様番号」と「水道番号・水栓番号」についてもっと詳しく見る

水道契約(開栓):いつ、どこで契約すればいい?

上記で、水道契約(開栓)の基本的な流れや契約時に必要な情報について見てきました。それでは、水道契約(開栓)の申し込みは、実際に、いつ・どこで行えばよいのでしょうか。

水道契約(開栓):どこで契約すればいい?

水道契約(開栓)の申し込みは、引越し先の新居を管轄している水道局もしくは自治体で行います。

通常、水道事業の運営は各自治体が行っていますが、【東京都水道局】政令指定都市など大都市の多くの水道局では、水道契約【開栓】・解約【停止】の手続き窓口として、水道営業所とは別に【お客様センター】【お客様サービスセンター】【水道局電話受付センター】等のカスタマーセンターやコールセンターを設置しています。

このように、都市部では上記のような水道局指定のカスタマーセンターやコールセンターへ電話やFAXで申し込むか、各水道局や自治体のホームページから水道契約を進めることを推奨しています。

ただし、地方の自治体等では、オンライン申請に対応していない水道局も多いため、その場合は、電話やFAXに加え、水道営業所・自治体の窓口等で水道契約【開栓】の申し込みをすることになります。

水道契約【開栓】の申し込み方法と注意点
届出先 注意点
電話  水道局により受付時間が異なる
 平日のみ・24時間対応でない場合が多い
 電話が混雑する時間帯は繋がらないことがある
FAX  直前の申し込みは受付不可の場合が多い
 各水道局の所定の申請書をHPからダウンロードまたは郵送で取り寄せる必要あり
郵送  申し込みから受付完了までに時間がかかる
 「水道使用開始申込書」が手元にない場合、郵送で取り寄せる必要あり
オンライン  直前の申し込みは受付不可の場合が多い
 自治体や水道局のHPから申し込む場合、独自のネットサービスに要登録の場合あり
水道局窓口  営業時間は平日の日中のみ
 営業時間内に直接出向く必要あり
水道・電気・ガスのお手続きサポート【通話料無料】
0120-331-208
(セレクトラのらくらく窓口)
受付時間:9:00~19:00(年中無休)

水道契約(開栓):いつ契約すればいい?

水道契約(開栓)の手続きは、水道の使用開始日(引越し日)の何日前に行えばよいのでしょう?実のところ、水道契約(開栓)の申し込み期日は、水道局によってかなり異なります。

例えば、【東京都水道局】【川崎市水道局】のように、水道契約の手続き期間に申し込み日の前後1ヵ月の余裕をもたせている水道局もあれば、 【仙台市水道局】のように、水道契約は【使用開始日の5営業日前まで】と明確に定めている水道局も存在します。

その他、たとえ厳格に申し込み期限を設けていなくとも、【横浜市水道局】【札幌市水道局】のように、使用開始日の前日までに水道局の担当者が開栓作業を行うとする水道局もあります。この場合は、少なくとも引越し前日までに水道契約を行っていなければ、引越し当日に水が使えない、という事態になりかねないため、注意が必要です。

また、引越し後に水道契約【開栓の手続き】をしないまま水道を使い続けた場合、管轄の水道局から水を止められてしまうことがあります。このようなトラブルを避けるためにも、水道契約【開栓の手続き】は水道の使用開始日(引越し日)の1週間前までに済ませておくとよいでしょう。

電気・ガス・水道、【セレクトラ】がスピーディにお手伝いいたします! 引っ越しに伴う「電気」・「ガス」・「水道」の面倒なお手続き、フリーダイヤル:0120-331-208にお電話いただければ、エキスパートが真摯にサポート・対応いたします。お気軽にご相談ください。

水道契約(開栓):具体的な手続き方法

上記でも確認したように、水道契約【開栓】のやり方には、主に以下の手続き方法があります。なお、水道局によっては対応しているサービスは異なります。

それでは、それぞれの手続き方法を具体的に見ていきましょう。なお、いかなる水道契約においても、次の情報が求められます。

  • 【水道契約】に必要な情報
  • お客様番号(水道番号・水栓番号)
  • 氏名(名義人)
  • 連絡先(住所・電話・メールアドレス)
  • 水道の使用開始場所(新住所)
  • 水道の使用開始日(引越し日)
  • 水道料金の支払い方法

電話による契約

  1. 同じ水道局エリアでの引越しの場合は、手元に「お客様番号」や「水道番号」等がわかる旧住所の水道の検針票や請求書などを用意。そうでない場合は、新住所の「水道番号・水栓番号」等を事前に確認。
  2. 営業時間内に、水道契約の手続きを対応している管轄水道局や自治体へ電話。
  3. 音声ガイダンスまたは担当者の指示に従い、水道契約。

FAXによる契約

  1. 同じ水道局エリアでの引越しの場合は、手元に「お客様番号」や「水道番号」等がわかる旧住所の水道の検針票や請求書などを用意。そうでない場合は、新住所の「水道番号・水栓番号」等を事前に確認。
  2. 管轄水道局もしくは自治体のホームページから「水道使用開始届」等、所定の申請用紙をダウンロード。
  3. 必要事項を記入。
  4. 管轄水道局のFAX専用番号に送信。

郵送による契約

  1. 引越し先の新居の玄関や郵便受けに配置されている「水道使用申込書」に必要事項を記入。
  2. 「水道使用申込書」が見当たらない場合は、管轄水道局もしくは自治体に連絡して取り寄せ。
  3. 必要事項を記入した「水道使用申込書」を返信用封筒等で郵送。

インターネットによる契約

インターネット上での水道契約の手続きには、水道局や自治体のホームページ内「申請フォーム」から直接申し込む方法と、「電子申請・届出システム」を利用して申し込む方法とがあります。

自治体が運営する「電子申請・届出システム」は、インターネットを通じた行政手続きを行う電子的な受付窓口のことです。

「電子申請・届出システム」においては、自治体によっては新規登録をせずに申請可能な場合もありますが、通常は利用者登録を義務付けている場合が多いです。その際は、事前に利用者登録を済ませてから申し込み手続きに移りましょう。

  1. 同じ水道局エリアでの引越しの場合は、手元に「お客様番号」や「水道番号」等がわかる旧住所の水道の検針票や請求書などを用意。そうでない場合は、新住所の「水道番号・水栓番号」等を確認。
  2. 管轄水道局もしくは自治体のホームページにアクセス。
  3. ※「電子申請・届出システム」利用で事前登録が必要な場合は利用者登録手続き(既に登録済みの方はログイン)。
  4. 「水道の使用開始の申込み」ページで、それぞれの指示に従って必要事項を入力。
  5. 入力内容を確認後、送信。

インターネットによる水道契約の注意点 水道契約の申請後、東京都水道局横浜市水道局のように、登録したメールアドレスに申し込み受理の確認メールを送信してくれる水道局もありますが、中には、札幌市水道局のように、「送信完了画面」を受信確認とし、確認メールを送らない水道局もあります。必ず、最終画面をチェックして無事に送信完了できているか確認しましょう。

その他の水道契約のやり方

上記の方法で水道契約の申し込みを受け付けていない場合、自治体・水道営業所などの窓口で直接、水道契約(開栓)の手続きを行う必要があります。

また、【相模原市・神奈川県営水道】のように、上記の方法に加えて、LINEなどのアプリケーションを利用して水道契約を進められる水道局もあります。

水道の開栓方法:新居で水が出ない!と困ったら

引越し後の新居の水道が止水栓(元栓)で止められている場合、新居の蛇口をひねっても水は出ません。その場合は、ご自身で開栓する必要があります。開栓作業は以下のとおりです。

  1. 止水栓(元栓)を開ける前に、室内の全ての蛇口が「閉」の状態になっているかを確認(※開栓した時に勢いよく蛇口から水が出てくるのを防ぐため)。
  2. 止水栓(元栓)がバルブ型であれば反時計まわりに回し、コック型やレバー型の場合はパイプと平行にして開栓。
  3. 開栓できない場合や開栓しても水が出てこない場合は、北九州市【上下水道お客さまセンター】に連絡。

水道メーターや止水栓(元栓)がどこにあるかわからない、という方は以下の図をご参考になさってください(※ただし、建物全てに当てはまるとは限りません)。

「水道バルブ(元栓)はどこ?」
 

※出典:川越市役所「水道バルブの開け方と場所」

※賃貸物件でしばらく空室期間があった場合や新築の場合には、蛇口から出てくる最初の水が濁っていることがあります。使い始めは少しの間、水を出しっぱなしにしてから使用することをおすすめします。

【東京都・政令指定都市20都市】水道局の連絡先一覧

以下の表は、東京都および政令指定都市20都市の水道契約の手続きを対応している水道局の連絡先一覧です。

各都市の水道局の対応窓口となっている【お客様センター】等の電話番号・受付時間の他、各都市ごとの詳細な【水道契約・解約】手続きのページリンクが確認できます。

東京都・政令都市:水道の引越し手続き連絡先(電話番号・受付時間)
都市 水道局・連絡先 受付時間
札幌市 札幌市水道局
電話受付センター
(011-211-7770)

【札幌市】水道の手続き詳細を確認する

8時~21時(無休)
仙台市 仙台市水道局
コールセンター
(022-748-1111)

【仙台市】水道の手続き詳細を確認する

月~金曜日:8時30分~19時
土曜日:8時30分~17時
(祝休日・年末年始休業)
さいたま市 さいたま市水道局
電話受付センター
(048-665-3220)

【さいたま市】水道の手続き詳細を確認する

8時~21時(無休)
千葉市 千葉県営水道
県水お客様センター
固定電話(0570-001-245)
PHS・IP電話(043-310-0321)


【千葉市】水道の手続き詳細を確認する
 
月~金曜日:8時45分~18時
土曜日:8時45分~17時
(祝休日・年末年始休業)
東京都 東京都水道局
お客さまセンター(23区)
(03-5326-1100)

【東京都】水道の手続き詳細を確認する

月~金曜日:8時30分~20時
東京都 東京都水道局
お客さまセンター(多摩地区)
固定電話(0570-091-100)
携帯電話等(042-548-5100/0570-091-100)

【東京都】水道の手続き詳細を確認する

月~金曜日:8時30分~20時
横浜市 横浜市水道局
お客さまサービスセンター
(045-847-6262)

【横浜】水道の手続き詳細を確認する

24時間年中無休
川崎市 川崎市上下水道
お客さまセンター
(044-200-3548)

【川崎市】水道の手続き詳細を確認する

8時30分~20時(無休)
神奈川 神奈川県営水道
お客さまコールセンター
緑区(一部)、中央区・南区全域
(0570-005-959/045-522-8820)

【相模原・神奈川県営水道】水道の手続き詳細

月~土曜日:8時30分~19時
神奈川 津久井土木事務所
簡易水道班
緑区(青根、名倉・牧野の一部)
(042-780-8210)
平日:8時30分~17時
(土日・祝休日・年末年始休業)
新潟市 新潟市水道局
お客さまコールセンター
(0120-411-002/025-266-9311)

【新潟市】水道の手続き詳細
 
8時~21時(無休)
静岡市 静岡市上下水道局
上下水道お客様サービスセンター
(054-251-1132)

【静岡市】水道の手続き詳細を確認する
 
平日:8時30分~19時
(土日・祝休日・年末年始休業)
浜松市 浜松市上下水道局
上下水道受付センター
(0120-09-1132/053-476-8100)

【浜松市】水道の手続き詳細を確認する
月~金曜日:8時~19時
名古屋市

名古屋市上下水道局
上下水道お客さま受付センター
(052-884-5959)

【名古屋市】水道の手続き詳細を確認する

月~金曜日:8時~19時
土日・祝休日・年末年始:8時~17時15分
京都市 京都市上下水道局
上下水道お客さま窓口サービス
(075-672-7770)

【京都市】水道の手続き詳細を確認する
 
8時30分~21時(無休)
大阪市 大阪市水道局
お客さまセンター
(06-6458-1132)

【大阪市】水道の手続き詳細を確認する

月~金曜日:8時~20時
土曜日・12月29・30日:9時~17時
堺市 堺市上下水道局
お客様センター
(0570-02-1132/072-251-1132)

【堺市】水道の手続き詳細を確認する
 
月~金曜日:8時45分~19時
土日・祝休日:9時~17時
神戸市 神戸市水道局
お客さま受付センター
(078-797-5555)

【神戸市】水道の手続き詳細を確認する

月~金曜日:9時~17時15分
(土日・祝休日・年末年始休業)
岡山市 岡山市水道局
電話受付センター
(086-234-5959)

【岡山市】水道の手続き詳細を確認する

月~金曜日:8時30分~19時
(土日・祝休日・年末年始休業)
広島市 広島市水道局
引越お客さま受付センター
(082-511-5959)

【広島市】水道の手続き詳細を確認する
 
月~金曜日:8時30分~19時
(土日・祝休日・年末年始休業)
北九州市 北九州市水道局
上下水道お客さまセンター
(093-582-3031)

【北九州市】水道の手続き詳細を確認する
 
月~土曜日:8時30分~19時
(日・祝休日・年末年始休業)
福岡市 福岡市水道局
お客さまセンター
(092-532-1010)

【福岡市】水道の手続き詳細を確認する
 
月~金曜日:8時45分~17時30分
土曜日:9時~17時
(日・祝休日・年末年始休業)
熊本市 熊本市上下水道局
お客さまセンター
(096-381-1118)

【熊本市】水道の手続き詳細を確認する
 
月~金曜日:8時30分~17時15分
(土日・祝休日・年末年始休業)

電気・ガス・水道、【セレクトラ】がスピーディにお手伝いいたします! 引っ越しに伴う「電気」・「ガス」・「水道」の面倒なお手続き、フリーダイヤル:0120-331-208にお電話いただければ、エキスパートが真摯にサポート・対応いたします。お気軽にご相談ください。

水道契約(開栓):まとめ

引越し先の新居の水道契約(開栓)の手続きの重要ポイントを一覧表にまとめました。

引越し当日に「水が出ない!」等の思わぬトラブルを避けるためにも、【水道契約(開栓)】の手続きは、使用開始希望日の1週間前を目安に済ませておきましょう。

【水道契約(開栓)】まとめ
  水道解約(開栓)
連絡先 新住所の管轄水道局
手続き方法
  • 電話
    (※受付時間は水道局によって異なる)
  • FAX
    (※HPから所定の書式を要ダウンロード)
  • 「水道使用開始申込書」の郵送
  • インターネット
    (※水道局により要利用者登録)
  • LINEトーク
    (※サービス提供がある水道局のみ)
  • 自治体・水道営業所の窓口(※上記の手続き不可の場合等)
必要な情報
  1. お客様番号(水道番号・水栓番号)
  2. 氏名(名義人)
  3. 連絡先(住所・電話・メールアドレス)
  4. 水道の使用開始場所(新住所)
  5. 水道の使用開始日(引越し日)
  6. 水道料金の支払い方法
水道・電気・ガスのお手続きサポート【通話料無料】
0120-331-208
(セレクトラのらくらく窓口)
受付時間:9:00~19:00(年中無休)
電話で電気・ガス切替相談

引っ越しに伴う水道の手続きサポート&電気・都市ガスの申し込み

0120-331-208 または


・引っ越しに伴う面倒な水道のお手続きを優しくサポートいたします。
・今よりも割安で最適な電気・都市ガスのご相談・お申し込みも承っています。
・引越し直前・当日の電気でお困りの方でもご安心ください。最適プランを迅速にご案内!
・水道・電気・ガスに関するご質問・ご相談など、どうぞお気軽にご連絡ください。

 

【セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口】

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

水道・電気・ガスのお手続きサポート

0120-331-208 または

 

  • 引っ越しに伴う面倒な水道のお手続きをサポート!
  • 今より安い電気・都市ガスの切り替え相談・お申し込みも承ります。
  • 水道・電気・ガスに関するご質問・ご相談など、ご連絡はどうぞお気軽に。
【セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口】


営業時間・ご利用方法についてはこちら

更新日