電気・ガスと同じく必要不可欠な水道の引っ越し手続き。現住所の【使用停止手続き】と新住所の【使用開始手続き】をする必要があります。これらの手続きの流れや具体的な申し込み方法・注意点について分かりやすく解説します。

水道の引っ越し手続きの簡単な流れ

引っ越しの際、電気ガスの解約・申し込み手続きに次いで重要な水道の引っ越し手続き。電気・ガス同様、引っ越し時には、現住所の水道を解約するための【使用停止手続き】と、引っ越し先の新住所で水道を使えるようにするための【使用開始手続き】、この2つの手続きが必要です。それぞれ、管轄の水道局に水道の「使用停止」と「使用開始」の申し込みをします。

引っ越し先が同じ水道局エリアの場合 もし、現住所と引っ越し先の新住所の管轄水道局が同じ場合、水道の「使用停止」と「使用開始」の申し込みを同時に行うことができます。この場合も手続きに必要な情報や手続きの手順自体は同じですが、一度に手続きが済むため手間がかかりません。

東京都水道局の詳しい水道手続きについて確認する

大阪市水道局の詳しい水道手続きについて確認する

引っ越し後に困らないよう、トラブル回避のためにも、いずれの水道手続きも引っ越し日の1週間前後を目安に済ませておきましょう。以下に、水道の引っ越し手続きの流れについて簡単にまとめました。

水道の引っ越し手続きの流れ
水道の解約手続きの流れ
  1. 引っ越し日の2週間前~遅くとも3~4日前までに現住所の管轄水道局へ使用停止の申し込み
  2. 引っ越し当日、退去時に全ての水道の蛇口がしっかり閉まっているか確認
  3. 集金を依頼した場合には引越し当日、それ以外は後日、最後の水道料金を精算
  4. 使用停止手続きを失念していた場合、気付いた時点ですぐに旧住所の管轄水道局へ電話連絡

水道の解約方法(使用停止の手続き)を確認する

水道の利用申し込みの流れ
  1. 引っ越し日の2週間前~できれば3日前頃までに新住所の管轄水道局へ水道の利用申し込み
  2. 引っ越し後、新居の水道の蛇口をひねって水が出るか確認
  3. 蛇口をひねっても水が出ない場合、室内の蛇口が閉まっていることを確認後、開栓
  4. 開栓後も水が出てこない場合は管轄水道局へ電話で連絡
  5. 引越し前に水道の使用開始の申し込みをしていない場合、電話・インターネット・FAX・郵送などで申し込み手続き

水道の申し込み方法(使用開始の手続き)を確認する

電気・ガス・水道をはじめとして、引っ越しには様々な手続きが伴います。各項目ごと、引っ越しをスムーズに進めるための【引っ越しの手引き】(手続きガイド)を以下にまとめました。

ライフラインの手続きガイド一覧

【引っ越しチェックリスト】

「電気」「ガス」「水道」「電話」を新居でスムーズに使用開始するための要点をまとめた引っ越しガイド。どのタイミングでどんな手続きをすればよいのか一目瞭然のチェックリスト付き!

/sites/default/files/images/svg-cards/Homepage-energy/process/home-energy-demarches-2.svg

電気・ガス・水道、【セレクトラ】がスピーディにお手伝いいたします! 引っ越しに伴う「電気」・「ガス」・「水道」の面倒なお手続き、フリーダイヤル:0120-331-208にお電話いただければ、エキスパートが真摯にサポート・対応いたします。お気軽にご相談ください。

水道の引っ越し手続き方法

引っ越しの際、電気やガスの解約・申し込み手続きに次いで重要な水道の引っ越し手続き。上記では、引っ越し前に行っておくべき水道の解約・利用申し込みの手続きの流れについて簡単に説明しましたが、ここでは、水道の「使用停止」水道の「使用開始」を各手続きごとに詳しく解説していきます。

水道の解約方法(使用停止の手続き)

水道の解約については、多くの水道局が引っ越し3日前までの連絡を義務付けています。土休日・祝日は申し込みを受け付けていない場合もあるため、解約手続きは余裕をもって引っ越し日の1週間前まで、遅くとも3~4日前までには済ませておきましょう現住所の管轄水道局へ電話で連絡をするのが一般的ですが、引っ越し3日前までであれば、東京都水道局のようにインターネットでの手続きを推奨する水道局も増えています。

なお、水道の利用停止手続きは、契約者本人だけでなく代理人でも行うことができます。水道の使用停止には、以下の情報が必要になります。

  1. お客様番号
  2. 氏名(契約者名義)
  3. 連絡先(電話、メールアドレス)
  4. 現住所
  5. 引っ越し先の新住所
  6. 水道の使用を停止する日時(引っ越し日時)
  7. 希望する水道料金の清算方法

水道のお客様番号が分からない場合は?電気やガスと同じく水道でも個々にお客様番号が割り当てられています。お客様番号は水道の検針票や請求書などに記載されています。もし検針票などが見つからず、お客様番号が分からない場合は、水道局に電話で問い合わせましょう。水道局によっては、電話での本人確認などを経て利用停止手続きを進められる場合もあります。

水道の解約手続きはお早めに! 水道の解約手続きをせずに引っ越して、そのまま使用停止の連絡をせずにいると、従来と変わらず水道の「基本料金」が発生します。水道の「基本料金」は、使用水量にかかわらず水道メーター(量水器)の口径に応じて決まるため、たとえ水を一滴も使っていなかったとしても料金が請求されてしまうのです。水道の解約手続きはできるだけ引っ越し前に終わらせておくことが望ましいですが、忘れていた場合は、気付いた時点ですぐに旧住所の管轄水道局へ使用停止の連絡をしましょう。

水道の申し込み方法(使用開始の手続き)

水道は事前に申し込みをしなくても使用可能ですが、契約手続きを行わないまま水道を使い続けることはできません。引っ越してから水道の利用開始手続きを行うまでの明確な期限は特に定められていませんが、多くの水道局では1ヵ月または2ヵ月に一度、水道メーターの検針を行っています。トラブル防止のためにも、水道の使用開始手続きは引っ越し日の3~4日前を目安に、引っ越し後であればできるだけ早めに済ませておくと安心です。

引っ越し先の水道局を確認するには?地域ごとの水道局は、自治体のホームページで調べることができます。その他、不動産屋や仲介業者に確認することも可能です。水道局は自治体ごとに細かく担当が分かれている場合がありますので、引っ越し前に必ず引っ越し先の管轄水道局を確認しておきましょう。

水道の契約手続きは、主に以下の方法で行うことができます。

  • 水道の利用開始申し込み方法
  • 電話(※受付時間帯は各水道局により異なるため要確認)
  • FAX(※指定の書式を使用開始希望日の3営業日前までに要送信の場合が多い)
  • インターネット(※使用開始希望日の3営業日前までに要申請の場合が多い)
  • 「水道使用開始申込書」の郵送

※FAX・郵送の場合は、新居の郵便受けや玄関口に用意されている「水道使用開始申込書」もしくは水道局ホームページでダウンロードした書式に、必要事項を記入して送付します。

電気・ガス・水道、【セレクトラ】がスピーディにお手伝いいたします! 引っ越しに伴う「電気」・「ガス」・「水道」の面倒なお手続き、フリーダイヤル:0120-331-208にお電話いただければ、エキスパートが真摯にサポート・対応いたします。お気軽にご相談ください。

水道の利用申し込み手続きは、契約者本人でなくても代理人が行うことができます。いずれの場合も以下の情報を用意しておくと大変スムーズです。

  1. 氏名(契約者名義)
  2. 連絡先(電話、メールアドレス)
  3. 引っ越し先の新住所
  4. 水道の使用を開始する日時(引っ越し日時)
  5. 水道料金の支払い方法

水道の引っ越し手続き(停止・開始)でよくある質問

水道の引っ越し手続き(停止・開始)でよくある質問を以下にまとめました。引っ越し当日に困らないよう事前に準備しておくべきことや、うっかり手続きを忘れていてどうしたらよいか分からない場合の対処法・解決法まで詳しく説明します。

水道の閉栓・開栓に立ち会いは必要?

水道の使用停止(閉栓)・使用開始(開栓)、いずれの場合も原則立ち会いは不要です。最後の水道料金を精算するための集金を依頼する場合やオートロックの建物で止水栓を外部から閉めることができない場合のみ、水道局の担当者の立ち合いが必要となります。立ち会いを希望する場合には、都合のよい時間帯をインターネット予約か電話で伝えましょう。

引っ越し当日、退去時の最終点検をお忘れなく! 水道の使用停止(閉栓)も使用開始(開栓)も基本的に水道局の方の立ち会いは要りませんが、水道の使用停止の際は、引っ越し当日に全ての水道の蛇口がしっかり閉まっているかを確認してから退去するようにしましょう。トラブルを避けるためにも、室内だけでなく片付けで使用した屋外の蛇口なども忘れずに確認することが大切です。わずかでも水が出ていると、その後、思わぬ追加料金が発生することも考えられます。

解約手続きをしてしまったら、水道はもう使えない?

解約手続き後も水道を使用することは可能です。そのため、引っ越し当日もすぐに水道が使えなくなるということはありません。しかし、水道メーターが回ってしまうほど大量の水を使うと追加料金を請求される恐れがあります。例えば、東京都水道局では1立方メートル、つまり1,000Lの水を使用するごとに「従量料金」が加算されますので、水道の使用停止日時を過ぎている場合は、水道の使用はトイレや掃除など必要最小限に留めましょう。

もし、引っ越しの延期などにより使用停止予定日がかなり先まで変更になった場合は、速やかに管轄の水道局へ連絡することをオススメします。

引っ越し月の水道料金の精算方法は?

水道局によっても異なりますが、東京都水道局をはじめ、一般的には退去月の最後の水道料金は、毎月かかる「基本料金」と使用した水量分の「従量料金」を日割して計算されることが多いです。日割された水道料金の支払いについては、以下の支払い方法から選択できます。水道局によっては、集金は行っていないなど、支払い方法を限定している場合もありますので、水道の解約手続きをする際は忘れずに確認しましょう。

引っ越し月の水道料金の支払い方法例
家の退去時に集金に来てもらう

水道局の担当者に訪問してもらい、直接担当者に支払う方法(※使用停止の立ち会いが必要)。

請求書を送付してもらう

最後の水道料金の請求書を引っ越し先の新住所に送付してもらい、後日支払いをする方法。

口座振替・クレジットカードで支払う

水道料金を口座振替やクレジットカードで支払っていた場合、最後の水道料金も同様の方法で支払い。

水道料金を後から支払う場合は、引っ越し当日にスマホなどで水道メーターの数値を記録しておくと安心です。退去時の水道メーターを記録しておくことで、万一、引っ越し後に第三者が無断で水を使った場合でも水道代の過剰請求分を拒否することができます。

水道の使用停止手続き、忘れてしまった場合は?

水道の使用停止手続きを忘れてしまった場合には、できるだけ早く旧住所の管轄水道局へ連絡しましょう。水道の利用停止は水道局によってはインターネットでも受け付けていますが、すぐに手続きできるよう電話での連絡をオススメします。

解約手続きをせずに引っ越してしまい、そのまま使用停止の連絡をしないでいると、水道の「基本料金」を請求されてしまいます。水道の解約手続きはできるだけ引っ越し前に終わらせておくことが望ましいですが、忘れていた場合は、気付いた時点ですぐに旧住所の管轄水道局へ使用停止の連絡をすることが重要です。

引っ越し当日からすぐに水道を使うには?

引っ越し先での水道の使用開始には、水道局の方の立ち会いは必要ありません。新居に着いたら、まずは水道の蛇口をひねってみましょう。通常は問題なく使用できるはずですが、もし蛇口をひねっても水が出てこない場合は、以下の手順で水道の止水栓を開放する作業が必要です。

 

  1. 止水栓を開ける前に、室内のキッチン、お風呂場、洗面所など全ての蛇口が「閉」の状態になっているかを確認(※蛇口が「開」になっていると、開栓したときに勢いよく蛇口から水が出てきてしまうため)。
  2. 止水栓がバルブ型であれば反時計まわりに回しコック型やレバー型の場合はパイプと平行にして開栓
  3. 万一、開栓できない場合や開栓しても水が出てこない場合は、管轄水道局の【お客さまセンター】に連絡。

※賃貸物件でしばらく空室期間があった場合や新築の場合には、蛇口から出てくる最初の水が濁っていることもあります。使い始めは少しの間、水を出しっぱなしにしてから使用することをオススメします。

引っ越し先の水道の蛇口から水が出ない!どうしたらいい?

上記の方法で開栓しても水が出てこない場合、管轄水道局の【お客さまセンター】に連絡する必要があります。

入居当日に蛇口から水が出ないというトラブルを避けるためにも、引っ越しの3~4日前には引っ越し先の管轄水道局へ連絡して水道の利用申し込みを済ませておくのがベストです。

水道の申し込みをせずに使用し続けたらどうなるの?

水道の申し込み手続きを行わずに使い続けていたとしても、検針のタイミングで水道料金が請求されます。水道の申し込みを忘れていた!と気付いた時点で、すぐに使用開始の手続きを済ませることが大事です。請求が来てもそのまま手続きを行わないでいた場合、料金未払いで延滞料金を請求される可能性もあります。

水道については、契約手続きを行っていなくても水の使用が可能です。引っ越しの作業や片付けで忙しくしていると申し込みが先延ばしになってしまうこともありますので、【チェックリスト】を作るなどして忘れずに使用開始の手続きを行いましょう。

水道の引っ越し手続き:まとめ

引っ越し時、水道を解約するための【使用停止手続き】水道を使えるようにするための【使用開始手続き】について、要点を以下の表にまとめました。引っ越し前後は慌ただしくて細かい作業にまで手が回らなくなりますので、余裕をもって計画的に手続きを進めましょう。

水道の引っ越し手続き 【まとめ】
  水道の解約手続き 水道の利用申し込み
連絡先 旧住所の水道局 新住所の水道局
手続き方法
  • 電話
  • FAX
  • インターネット
  • 電話
  • FAX
  • インターネット
  • 「水道使用開始申込書」の郵送
必要な情報
  1. お客様番号
  2. 氏名(契約者名義)
  3. 連絡先(電話、メールアドレス)
  4. 現住所(旧住所)
  5. 引っ越し先の新住所
  6. 水道の使用を停止する日時(引っ越し日時)
  7. 水道料金の清算方法
  1. 氏名(契約者名義)
  2. 連絡先(電話、メールアドレス)
  3. 引っ越し先の新住所
  4. 水道の使用を開始する日時(引っ越し日時)
  5. 水道料金の支払い方法
東京都水道局の詳しい水道手続きについて確認する

大阪市水道局の詳しい水道手続きについて確認する