インターネット申し込み無料相談

お引っ越先のインターネットの申し込みはお済みですか?

電話で簡単お申し込み。あなたにぴったりプランをエキスパートがお探しします。(セレクトラ・ジャパンコールセンター)

お引っ越先のインターネットの申し込みはお済みですか?

電話で簡単お申し込み。あなたにぴったりプランをエキスパートがお探しします。(セレクトラ・ジャパンコールセンター)

引越しでネットがない場合 - スマホのデータ通信で乗り切る方法

引越しでネットがない場合 - スマホのデータ通信で乗り切る方法
自宅のインターネットはスマホのデータ通信でもインターネットは大丈夫?

引っ越しをすることになったけれど、光回線が開通していない。こんな時、スマホのデータ通信で1カ月から2カ月間代用することはできるのでしょうか?また、そもそもインターネット回線を導入せずに、自宅でのインターネットをスマホのデータ通信だけで行うと節約につながるのでしょうか?検討してみました。

引っ越し先でインターネットを利用するには?

多くの人にとって、引っ越し先でインターネットを使えるようにすることは、引っ越しの際の重要項目の一つです。引っ越し先でインターネットを使うにはどのような選択肢があるのでしょうか?

引っ越し先でインターネットを使う3つの方法

引っ越し先でインターネットを使う方法は、次の3つに分けられます。

  • 光回線の導入
  • 無線回線の利用
  • スマホのデータ通信

光回線の導入

引っ越し先でインターネットを使う際の選択肢の一つは、光回線の導入です。

光回線は最速

光回線は、もっとも通信速度が速いため、人気も非常に高くなっています。より具体的には、光回線で最速のものだと、下りも上りも共に実行速度が300Mbpsを超えます。光回線の速さについて気になる方は次の記事をご覧ください。

 

 

光回線の導入には工事が必要

光回線の利用に関して注意が必要なのは、回線開通工事が必要であるということです。非常に通信が速く安定している光通信ですが、この理由から、基本的には引っ越し先に長く暮らすことが前提となります。実際、光回線の中には最低利用期間が設けられているものもあります。最低利用期間がない光回線が気になる方は次の記事をご覧ください。

 

 

光回線の導入には時間がかかる傾向

光回線の利用は、回線を引くための工事が必要であるため、開通までに1カ月、場合によっては2カ月ほどを要するという欠点があります。もちろん、運が良ければ、手続きがサクサクと進み、1週間程度で光回線の開通工事を済ませることができる場合もあります。しかし、引っ越しの繁盛期には、多くの人が光回線導入を行うため、なかなかそのようにはいきません。

最速で安定した通信環境を楽しめるため光回線はとても魅力的です。しかし、引っ越し先でもすぐにインターネットが必要な場合、1カ月から2カ月インターネットが使えないのは大きな問題です。この問題を解決するにはどうしたらよいでしょうか?

無線回線を利用する

解決策の一つは、無線タイプのインターネット回線を利用することです。無線タイプの場合、光回線のように工事をする必要はなく、申し込みから数日以内にインターネットを使用することができるようになります。

無線回線タイプのインターネット回線としてオススメなものは、WiMAXやSoftBank Airなどがあげられます。光回線と比べると、実行速度は劣るものの、映画を高画質で大量にダウンロードしたいなどという場合でない限り、十分に快適にインターネットを利用することができます。

工事不要の無線タイプインターネット回線について詳細を知りたい方は、次の記事をご覧ください。

 

 

スマホのデータ通信を利用する

もう一つの解決策は、スマホのデータ通信を使うことです。

スマホには、「テザリング」という機能があります。テザリングとは、スマホのデータ通信で、お手持ちのパソコンやタブレットでインターネットを使うことができるようにする機能です。これを利用すれば、お手持ちのスマホをWiFiのルーターとして利用して、パソコンやタブレットでインターネットをすることができるようになるのです。

テザリングについてのさらなる詳細については、次の記事をご覧ください。

 

 

仮にスマホで自宅のインターネットを済ませることができるのであれば、スマホに加えて新たに無線回線を契約する手間を省くことができるというメリットがあります。このため、光回線の開通を行いたい場合にも、回線の開通を待つまでの一時的手段として有効でしょう。

ギモン1:スマホだけで家のインターネットは大丈夫?

ここで浮上する疑問は、スマホないしスマホのテザリングのみで家のインターネットは大丈夫なのかというものです。「大丈夫か」というのはおおざっぱな疑問ですが、具体的には、次のような疑問に分けることができるでしょう。

  • テザリングでのデータ通信の速さで問題はないか?
  • スマホのデータ通信容量で、自宅で使うインターネットのデータ通信量に対応できるか?
  • その他、光回線や、WiMAXなどの無線回線を使っているときには生じない予期せぬ問題はないか?

仮に、こうした事項に問題がないのであれば、安心してスマホのテザリングで自宅のインターネットを済ますことができるでしょう。

ギモン2:スマホでインターネットを行えば、節約につながる?

また、これに付随して生じる疑問ですが、仮にスマホのテザリングで自宅にインターネットを利用することができたとしても、そうすることによって月々の通信費の節約につながるのかという問題があります。テザリングでギガが足りなくなり、データを追加購入していたら無線回線やポータブルWiFiよりも最終的に高くなってしまったというのであれば本末転倒です。

どんな場合にスマホだけでインターネットを行うのがおすすめか場合分け

以上みたように、自宅のインターネットをスマホのデータ通信のみで行うに際しては、大きく分けて2つの疑問が生じます。これらの疑問に対する回答は、以下でみるように、各個人の月々のインターネットでのデータ使用量や必要なデータ通信速度など、さまざまな要因に依存します。

したがって、以下では、どのような場合・どのような人であれば、ご自宅のインターネットをスマホのデータ通信で済ますことができ、さらにそれが経済的にも合理的なのかをご紹介いたします。

ケース1:現在ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアを使っている場合

スマホユーザーの大半の方は、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアを利用しています。(キャリアって何?という方はこちらの記事をどうぞ:「スマホ・携帯のキャリアや大手キャリアとは?」)このため、ドコモ・au・ソフトバンクのスマホプランで、自宅のインターネットも済ますことができるのかが自然なスタート地点でしょう。

結論から言うと、3大キャリアの低容量の段階性プランを使っている場合、自宅のインターネットを行うことは、大半の人にとっては難しいと言わざるをえません。このため、仮に段階性プランを使っている場合は、大容量プランにプラン変更する必要があります。

ドコモ・au・ソフトバンクの段階性プラン

ドコモ・au・ソフトバンク各社のスマホプランは現在、大容量プランと低容量の段階性プランに分かれています。たくさんデータを使う人は大容量に、あまり使わず節約をしたい人は、段階性プランにというのが、基本的な構図です。

段階性プランではデータが足りない

しかし、段階性プランは、3社どれをとっても割高で、かつデータ容量が少ないためおすすめできません。次の表をご覧ください。なお、この表において、価格は家族割や固定回線とのセット割など割引は適用されておらず、税抜き価格であることにご留意ください。(本記事において価格はすべて税抜です。)

大手キャリア - 段階性プラン
  ドコモ
ギガライト
au
ピタットプラン4G LTE
ソフトバンク
ミニフィットプラン
1GB 3,150円 3,150円 3,980円
2GB 4,150円 4,650円 5,980円
3GB 7,480円
4GB 5,150円
5GB 6,150円
6GB 6,150円 なし
7GB

このように、ドコモとauは高速データ通信の上限が7GB、ソフトバンクの場合は5GBとなっています。自宅に光回線や無線回線のインターネットがある場合には、このデータ量でも問題ないかもしれませんが、自宅のインターネットもスマホのデータ通信で行うことを考えると、これで足りるという方はかなり限られてきます。

段階性プランは高い

話題は若干それてしまいますが、いずれにせよ、3大キャリアの段階性プランはおすすめできません。家族割や固定回線とのセット割引を使用することにより、1,000円から2,000円程度安くなりますが、これら条件をすべて満たす人は限られてきます。また、本題に関していうと、そもそも自宅のインターネットをスマホのデータ通信で済ませるという目的からは外れてしまします。

実際、auとソフトバンクについては、これら2社はUQモバイルワイモバイルというブランドを別にもち、10GB程度のデータ容量については、これらのもう一つのブランドを選択した方がお得になるようにプランを設計しています。このため、(少なくともauとソフトバンクについては)段階性プランは正式にも「オススメ商品」ではないのです。

大容量プラン

ドコモのウェブサイトより

話を本題に戻しましょう。ドコモ・au・ソフトバンク3社とも、段階性プランではデータが足りないことがわかりました。では、これら3社の大容量プランはどうでしょうか?

大容量プランであれば、自宅のインターネットをまかなうことができる

端的に言うと、大容量プランであれば自宅のインターネットをまかなうことができる可能性が高いといえます。3大キャリア各社の大容量プランの概要をご覧ください。

  ドコモ
ギガホ
au
データMAX
ソフトバンク
メリハリプラン
データ容量 30GB
→ 60GB
無制限 50GB
SNSはカウントフリー
テザリング 無料
無制限
無料
上限30GB
月額500円
無制限
月額料金 7,150円 7,650円 7,480円

このように3社のプランともデータ通信が充実しています。ドコモでは現在キャンペーン中で60GB、auは制限なし、ソフトバンクは50GBでSNSでのデータ使用はカウントされないため、大半の人にとってデータ容量は十分であるといえるでしょう。

オススメはドコモのギガホ

この中でオススメなのは、ドコモのギガホです。

auのデータMAXプランは、使用できるデータは無制限であるものの、テザリングに30GBの上限があります。また、ソフトバンクのメリハリプランの場合は、テザリングに上限はないものの、追加の料金として毎月500円がかかります。

これに対して、ドコモのギガホでは、60GBの高速データ通信を利用することができ、テザリングも無料で制限なしにできます。このため、スマホのデータ通信を使って自宅のインターネットも行うという目的に適しています。加えて、利用データ量超過後も最大1Mbpsでの通信をすることも注目に値します。

高速通信と60GBの大容量を考えればギガホは思われているほど高くはない

ギガホの月額料金は、全く割引がない状態だと、7,150円です。30GBで月額料金7,150円というと、割高な感じがしますが、データ容量が60GBまで増やされていることを考えれば、必ずしも割高とはいえません(上の格安SIMの大容量プラン表をご参照ください)。

さらに、ご家族と一緒にドコモを利用すれば、最大で毎月1,000円安くなり、また2年間の定期契約をするかdカードでの支払いを選択すれば、月々170円安くなるため、月額料金は5,980円になります。

ドコモやau、ソフトバンクは高いと思われてますが、ドコモの安定した高速通信に、60GBの大容量、これを5,980円で利用できるのであれば悪くないという人は少なくないのではないでしょうか。

特にauと比較しても、ドコモの場合は、テザリングでのデータ容量に制限がないため、自宅のインターネットをスマホで済ませるという目的にもぴったりです。

ドコモに乗り換える場合はGMOとくとくBBがお得

ドコモにオンラインで乗り換えたい場合、GMOとくとくBBから乗り換えると、Amazonカード6,000円分がもらえるためおすすめです。

 

 

ケース2:節約しつつ、より大容量が必要な場合

楽天モバイルのウェブサイトより

さて、キャリアユーザーの場合、大容量プランを選択すれば、自宅のインターネットをスマホのデータ通信で済ませることができることがわかりました。しかし、とはいっても多少お値段が張ってしまうのは事実。また、キャリアの大容量がプランのデータが大容量ではあると言っても、昨今のテレワークでのZOOM会議やオンライン授業の増加の影響で、60GBでもギガが足りない!という方もいるかもしれません。

こういった場合に、スマホのデータ通信で自宅のインターネットも賄いながら、節約する方法はないのでしょうか?

楽天モバイルは、高速データ通信容量が無制限

もっともシンプルな解決策は、引っ越し先の住所が楽天の自主回線エリアの場合に楽天モバイルを利用することです。

引っ越し先が楽天の自社回線エリアの場合であれば、お使いのスマホを楽天モバイルに切り替えることにより、データ容量を気にせずに、自宅のインターネットをスマホのデータ通信で済ませつつ、節約にもつながります。

楽天モバイルのスマホプラン「Rakuten UN-LIMIT V」は、楽天自社回線エリアであれば、高速データ通信容量を無制限に使うことができます。また、国内通話に関しても、Rakuten Linkという通話アプリを介して通話を行うことで、無制限に通話を行うことができます。

楽天モバイルであれば、テザリングも無料で無制限に可能

楽天モバイルでは、テザリングは無料で無制限に利用可能です。したがって、楽天の自社回線エリアにお住まいであれば、お使いのスマートフォンでテザリングすることにより、スマホをWiFiとして利用することができます。

また、高速通信データ容量が無制限であるため、仕事や趣味で月々にどれくらいのデータ容量を使うかを気にする必要もありません。

楽天モバイルでは、5Gも使用可能

楽天モバイルは、2020年の9月末に5Gのサービスを開始しました。楽天モバイルの5Gプラン「Rakuen UN-LIMIT V」では、5Gの超高速通信を楽しむことができます。(なお、現在4Gプラン「Rakuten UN-LIMIT 2.0」をお使いの方は、無料でRakuten UN-LIMIT Vに移行することができます。)

5Gとは、超高速・超低遅延・超多数同時接続という3つの性質によって特徴づけられる、新しい無線通信規格です。詳しくは、次の記事をご覧ください。

 

 

5Gの高速通信があれば、たとえばテレワークでの会議やオンライン授業の通信も、サクサクと遅延無しに行うことができます。このため、5Gエリアは、楽天モバイルに限らず、まだまだ限定的ですが、仮に引っ越した先の住所で5Gが使える・または近いうちに使えるようになる可能性があるのであれば、楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vに申し込んでおいて損はないでしょう。

楽天モバイルであれば、月々の通信料金が2,980円もしくはタダで済む

さて、楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vを使えば、スマホだけで自宅のインターネットを済ますことができる場合があることがわかりましたが、楽天モバイルのプランは月額料金がたったの2,980円です。

さらに、現在楽天モバイルでは、先着300万名限定で、1年間のスマホ料金が無料になるキャンペーンが行われています。キャンペーンは現在もまだ継続中ですので、今申し込めば1年分のスマホ料金・さらには自宅のインターネット台まで節約することができるかもしれません。

 

 

ケース3:24歳以下である場合

引っ越し先が楽天の自社回線エリアでない場合、Rakuten UN-LIMITは、パートナー回線であるKDDI回線での通信となります。この場合、月々の高速データ通信容量の上限は、5GBまでとなります。データを使い切ったあとも、最大1Mbpsの通信速度で通信を行うことができますが、これで自宅のインターネットも済ますというのは、多くの人にとって現実的な選択肢ではないでしょう。

とはいえ、そのような場合でもスマホのデータ通信で自宅のインターネットを済ませることができる場合があります。解決策の一つは、24歳以下の方の場合、LIBMOの学生支援30を使うことです。

LIBMOの「学生支援30」

LIBMOの学生支援キャンペーン

リブモのウェブサイトより

LIBMOは、TOKAIコミュニケーションズが運営する格安SIMです。安定・安心のドコモ回線を使用しています。

LIBMOの学生支援30は、月々の高速データ通信容量を30GBまで使うことができ、さらに公衆フリーWiFiサービス「エコネクト」がついた音声通話機能付きSIMが、月々の料金が2,980円という格安の料金設定になっています。30GBに公衆フリーWiFiがついているため、ZOOMで会議やオンライン授業を行う必要があっても安心です。また、必要に応じて500円で1GBを追加することもできます。

30GBの大容量を2,980円で使うことができるのは、かなり驚きのプランです。実際、30GB以上の大容量クラスになると、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手の場合は、割引条件を最大限クリアしない限り、家族割などを利用しても5,000円から6,000円程度になってしまいます。他方で、格安SIMの場合は、そもそも30GBのような大容量プランが少なく、あったとしてもキャリアと同程度の値段になってしまいます。

3大キャリア以外のSIM各社の最大容量
SIM会社 最大容量プラン
DTIモバイル 10GB
IIJMio/LINEモバイル 12GB
nuroモバイル 13GB
ワイモバイル/UQモバイル 14GB
Repair SIM 20GB
BIGLOBE 30GB
7,450円
mineo 30GB
6,510円~6,950円
OCNモバイルONE 30GB
5,980円
HISモバイル 30GB
5,970円
LIBMO 30GB+フリーWiFi
6,580円 2,980円
楽天モバイル 無制限
2,980円

詳しくは、こちらをご覧ください > 「格安SIMやサブブランドのプランではデータ容量が足りない」)

「学生」という名称がついていますが、あくまで24歳以下の方を対象としたプランであるため、24歳以下の方、たとえば大学を卒業して新社会人になる方などはLIBMOの「学生支援30」をお使いいただけます。

 

 

ケース4:インターネットの使い道はSNSがほとんどである場合

人によっては、インターネットの使い道の多くをSNSが占めているという方もいるかもしれません。そのような場合には、SNSのカウントフリーが充実しているLINEモバイルを使うという解決策があります。

LINEモバイルのカウントフリー

LINEモバイルのウェブサイトより

LINEモバイルのスマホプランは、LINEで使ったデータはカウントされないという「LINEカウントフリー」が付いた「ベーシックプラン」です。(現在はソフトバンク回線のみ対応)このベーシックプランには、月々280円で、TwitterとFacebookでのデータ使用量がカウントされなくなる「SNSデータフリーオプション」、月々480円でTwittter、Facebook、Instagram、AWA
Spotify、さらにLINE MUSICまでもカウントフリーになる「SNS音楽データフリーオプション」を追加することができます。

LINEモバイル「ベーシックプラン」
データ容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
500MB 600円 1,100円
3GB 980円 1,480円
6GB 1,700円 2,200円
12GB 2,700円 3,200円

LINEモバイルのベーシックプランの高速データ通信容量は、最大12GBとなっています。仮に毎月のデータ使用量の多くがSNSによる場合は、SNSでのデータの使用に加えて12GBのデータをつかうことができるため、これは十分な通信容量と言えるでしょう。

ただし、注意点としてはやはりZOOMでの会議や授業、さらにはYoutubeの動画をよく見るという人にとっては12GBでは足りなくなる可能性があるため注意が必要です。

 

 

自宅のインターネットをスマホで済ませる際の注意点

以上、自宅のインターネットをスマホのテザリングで済ませる方法を検討しましたが、注意点もあります。それはiPhoneやアンドロイド、アプリのアップデートに関してです。

これらのアップデートはWiFiへの接続が前提になっている場合があります。このため、WiFiに定期的に接続する環境にないと、こうしたアップデートを逃してしまう可能性があります。また、手を駆使してアップデートを行ったとしても、アップデートの際に思わず大きなデータ通信量を消費してしまう可能性もあります。

このため、自宅のインターネットをスマホで済ませる場合でも、定期的にWi-Fiを利用できる環境にアクセスできることを確保することをおすすめします。

まとめ:スマホのデータ通信で自宅のインターネットを済ませられる場合

以上、本記事では、引っ越し先にインターネットがないときの解決策として、スマホのデータ通信が有効な場合を探りました。結果として、データの使用状況によっては、自宅のインターネットもスマホですべて済ませつつ、節約にもつながる場合があることがわかりました。iPhoneやAndroid、アプリのアップデートのために、Wi-Fi環境に定期的にアクセスできることが前提ですが、特に光回線開通を待つ間だけというのであれば、スマホで家のインターネットをまかなうというのは、非現実的では選択肢ではありません。

お引越しの際には、新たに申し込まなければならず、いろいろな手続きの手配もしなければならないため、大変ですが、今回ご紹介したスマホプランを予め利用しておくことで、引っ越しの際のストレスを一つ減らすことができるかもしれませんね。

更新日