電話で電気・ガス切替相談

お引っ越しで新規に電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?


最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。 (セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口)
広告

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

東京電力EPの問い合わせ電話番号は記事本文の記載をご確認ください。

お引っ越しで新規に電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?

最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。 (セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口)
広告

 


営業時間・ご利用方法についてはこちら

お引っ越し、水道の使用開始方法を解説

引っ越しをしたら水道に関する手続きも忘れずに行わなければなりません。水道の申し込みは引っ越し前に行うのが最善ですが、引っ越してからでも手続きを行うことができます。正しい水道の使用開始方法と引っ越し先ですぐに水を使う方法を解説します。事前に水道の使い方と手続き方法を知っていれば、引っ越し先でも安心です。


生活に不可欠、水道の使用開始方法

引っ越し作業で汚れた手を洗ったり掃除のための水を汲んだりと、引っ越ししたらすぐに水が必要になります。水は生活に欠かせないため、まだ水道局への申し込み手続きを行っていなくてもほとんどの場合は水道をすぐに使うことができます。しかし、水が使用できるからと言って申し込み手続きを行わなくてよいわけではありません。引っ越し先ですぐに水を使えるようにする方法から水道局への申し込み方法までをご紹介します。

引っ越し先ですぐに水道を使うには?

新居に着いたら、まずは水道の蛇口をひねってみましょう。蛇口をひねっても水道が使えない場合は、水道の止水栓を開放する作業が必要です。

止水栓を開ける前には、室内のキッチン、お風呂場、洗面所などの蛇口が「閉」の状態になっているかを確認しておきましょう。ここで蛇口が「開」になっていると、止水栓を開放したときに勢いよく蛇口から水が出てきてしまいます。蛇口が締まっていることを確認したら、水道メーターの中にある止水栓を左向きに回してみましょう。止水栓を開けることによって水道が使えるようになるはずです。

しばらく空室期間があった場合や新築の場合には、蛇口から出てくる最初の水が濁っていることもあります。使い始めは少しの間水を出しっぱなしにしてから掃除や手洗いに使用するようにしましょう。

水道を使い始めるには立ち会いが必要?

水道を使い始めるのに水道局の方に立ち会ってもらう必要はありません。止水栓を自分で開けることで水道を使うことができます。引っ越しの手続きで同時に必要となるガス電気に比べると、水道の場合には簡単な手順で、事前の申し込みがない場合でも使うことができます。

水道の使用開始手続き・申し込み方法は?

事前の申し込みをしなくても使えるからと言って、そのまま手続きを行わずに水道を使い続けることはできません。引っ越しが完了したら、なるべく早く水道使用開始の手続きを行いましょう。もちろん使用開始の申し込みは引っ越し前でも行うことができます。事前に申し込みを行うなら、引っ越しの3~4日前に手続きをすると良いでしょう。水道に関する手続きは、主に以下の方法で行うことができます。

  • 水道使用開始申込書の郵送
  • 電話
  • FAX
  • インターネット

手続き方法については、各水道局によって異なります。賃貸物件では多くの場合、郵便受けや玄関口に「水道使用開始申込書」が用意されていますので、必要事項を書き込んでポストに投函するのが最も簡単な方法です。水道局によってはインターネットでも申し込みを受け付けています。水道の申し込み手続きは、契約者本人でなくても代理人が行うことができます。いずれの方法で申し込みをする場合にも、水道の使用開始手続きを行う際には以下の情報を用意しておくとスムーズです。

  1. 契約者氏名
  2. 新居の住所
  3. 使用開始日
  4. 支払い方法

引っ越してから水道開始手続きを行うまでの明確な期限は定められていません。多くの水道局では1か月または2か月に一度水道メーターの検針を行っていますので、遅くとも1~2か月以内には手続きを完了させましょう。トラブルを回避するためにも水道の使用開始手続きは、なるべく早めに済ませておくのが無難です。

引っ越ししたら蛇口から水が出ない。どうすればよい?

すぐに水道を使いたいのに、止水栓を開いても水が出ない場合には水道局に電話で連絡しましょう。水道局によってはインターネットでの申し込み手続きもできますが、緊急の場合には電話での連絡をおすすめします。新居の住所や氏名、水道が使えない状況などを説明してください。

蛇口から水が出ないというトラブルを避けるためにも引っ越しの3~4日前に引っ越し先の水道局へ連絡して申し込みを済ませておくのがベストです。

※引っ越し先の水道局を確認するには?地域ごとの水道局は、自治体のホームページで調べることができます。その他、不動産屋や仲介業者に確認することも可能です。水道局は自治体ごとに細かく担当が分かれている場合があります。引っ越し先の地域を担当する水道局は引っ越し前に確認しておきましょう。

水道の申し込みを忘れてそのまま使っているとどうなる?

水道の手続きを行わずに使い続けていても、検針のタイミングで水道料金は請求されます。もし手続きを忘れてしまっていても、多くの場合はその時点で気付くことができ手続きを済ませられるでしょう。しかし、請求が来てもそのまま手続きを行わないでいると、料金の未払いで延滞料金を請求されてしまう可能性もあります。

水道については、申し込み手続きを行っていなくてもそのまま水を使用できてしまいます。引っ越しの作業や片付けで忙しくしていると申し込みが先延ばしになってしまうこともありますので、チェックリストを作るなどして忘れずに行いましょう。

引っ越し後の水道使用開始方法:まとめ

引っ越ししてからの水道の使用開始手続きについて流れをまとめました。水は引っ越ししてからすぐに必要となるものです。手続きの方法は引っ越しの前に確認しておきましょう。

  1. 引っ越しの3~4日前になったら引っ越し先の水道局へ申し込み手続きを行っておくのがベスト
  2. 引っ越したら、水道の蛇口をひねってみる
  3. 蛇口をひねっても水が出なければ、室内の蛇口が締まっていることを確認してから止水栓を左向きに回す
  4. 止水栓を開放しても水が出てこなければ、水道局へ電話連絡する
  5. 引越し前に水道使用開始の申し込みをしていなければ、郵送・電話・FAX・インターネットなどで手続きを行う
更新日