引っ越し準備をしよう:電気・ガス・水道編

引っ越しに必要な手続きをチェック
引っ越しが決まったら、電気・ガス・水道の手続きをどうすればよいのか確認しましょう。

引っ越しをするにあたって、電気・ガス・水道の手続きは必須です。後で「しまった!」とならないように、どのタイミングで、何をすればいいのか、手順を確認しておきましょう。引っ越し先で光熱費をお得にするための、電気・ガスの選び方もご紹介します。

  • ガスの解約・契約は作業員の方に来てもらう必要があるため、早めの手続きを心掛けましょう。
  • スマートメーターの普及によって、電気も事前の契約が必要になっています。
  • 電気・ガスを選べる人は、しっかり選んで節約しましょう。

今の住居に関する手続き(使用停止について)

解約手続き・まとめ表
  方法 時期の目安 立ち会い
電気 電話・ネット 10日前 不要
ガス 電話・ネット 2週間~10日前 必要な場合も
水道 電話・ネット 1週間前 必要な場合も

電気の解約手続き

 手続き方法

電気の解約は、一般的に電話もしくはインターネットで行います。ネットも電話もOK、というところもあれば、電話だけ、というところもあります。ご契約中の電力会社のホームページなどで確認しましょう。

 手続きのタイミング

電気の解約手続きは、引っ越し日(利用停止日)の10日前までに行うのが良いでしょう。

大手電力会社などでは、利用停止日(引っ越し日)の3日前など、直前まで手続きができる場合も多いですが、解約手続きの期限(利用停止日のXX日前までに連絡すること、という規定)は電力会社によってまちまちです。引っ越し前後は他のことでもばたばたしますから、引っ越し日が決まったらなるべく早めに連絡をするのが良いでしょう。ちなみに、引っ越し日の1カ月前から解約手続きを受け付けている電力会社が多いと言えます。

電気の解約手続きを忘れてしまうと、引き続き元の住居でも電気代が請求されてしまいますので、注意してくださいね。

 必要な情報

手続きの際には、氏名・住所・電話番号などの基本的な情報のほか、「お客様番号」が必要になります。毎月送られてくる検針票に記載されていますので、手続きの前にお手元に用意しておきましょう。

 精算方法

引っ越しする月の電気料金は、前回の検針日から引っ越し日(利用停止日)までの使用量を日割りして算出されます。

精算の手段としては、口座振替やカード払いのほか、引っ越し先の住所に請求書を送ってもらう、もしくは引っ越し当日に電力会社の方に来てもらいその場で精算、などが一般的です。解約手続きをするときにどの方法になるのか確認しましょう。

 立ち会い

電気代の清算を当日その場で済ませたい、という場合でなければ、電気の解約について立ち会いは不要です。引っ越し当日、家を出る時にブレーカーを下げるだけでOKです。

 解約金

現在新電力と契約している、もしくは大手電力会社10社でも従来の従量電灯以外のプランで契約をしているという方は、最低契約期間などが設けられている場合、解約料金が発生するかもしれません。後になって請求がきてびっくり、ということのないように、手続きをする前に契約内容を確認しておきましょう。

ガスの解約手続き

ガスの解約
ガスを解約する時は、作業員の方にきてもらって閉栓する必要があります。

ご家庭でお使いのガスには都市ガスプロパンガス(LPガス)の二種類があります。供給方法や料金などに違いはあれど、解約手続きに関してはほぼ同じ手順を踏むこととなります。

 手続き方法

ガスの解約は通常、電話もしくはインターネットで行います。ご契約中のガス会社のホームページなどで確認しましょう。

 手続きのタイミング

引っ越し日の二週間から10日前までに手続きを済ませておくのが良いでしょう。

電気とは違い、ガスの解約は、ガス会社の方に来てもらい、閉栓作業をしてもらう必要があります。直前の連絡だと、希望の日に来てもらえない可能性もあります(特に3~4月の引っ越しシーズンは注意)。そのため、引っ越し日が決まり次第、速やかに連絡しましょう。

 必要な情報

基本的な情報のほかに「お客様番号」が必要です。検針票をお手元に用意してから手続きをはじめましょう。

 清算方法

口座振替・カード払い・新居への請求書送付・引っ越し当日の現金精算が一般的な方法です。前回の検針日から引っ越し日(利用停止日)までの使用量が日割り計算されます。

なお、アパートなど賃貸住宅の場合、開栓(契約)時に1万円程度の保証金をガス会社に支払っている場合があります。通常、ガスの未納等がなければ、保証金の受領証を提示して返金してもらえます。これはプロパンガス会社においてよく見られる制度ですが、まれに都市ガス会社でも保証金を請求する場合があるようです。

 立ち会い

立ち会いが必要かどうかは、閉栓作業を行う場所、つまりガスメーターのある場所によります。オートロックマンションなどで、作業員の方がガスメーターのある場所まで入れない場合などは、立ち会いが必要になります。作業自体は10分程度です。

また、現金での精算を希望の場合も立ち会いが必要です。

 解約金

契約しているプランによっては解約金が発生することがあります。事前に契約書を確認しておきましょう。

水道の解約手続き

 手続き方法

水道の解約は、電話もしくはインターネットで行うのが一般的です。今のお住まいを管轄する水道局のホームページなどで確認しましょう。

 手続きのタイミング

引っ越し日(利用停止日)の一週間前までに手続きを済ませると良いでしょう。なお、自治体によって様々ですが、3~4日前までの連絡を義務付けていることが多いと言えます。

 必要な情報

氏名・住所などの基本的な情報のほかに「お客様番号」が必要です。検針票をお手元に用意してから手続きをはじめましょう。

 清算方法

口座振替・カード払い・新居への請求書送付・引っ越し当日の現金精算が一般的な方法です。前回の検針日から引っ越し日(利用停止日)までの使用量が日割り計算されます。

 立ち会い

引っ越し当日の現金精算を希望する場合を除き、基本的には不要です。ただし、オートロックマンションなどでメーターのあるところに係員の方が立ち入れない場合など、必要になることもあります。

 解約金

かかりません。

新居に関する手続き(使用開始について)

契約手続き・まとめ表
  方法 時期の目安 立ち会い
電気 電話・ネット 2週間~10日前 不要
ガス 電話・ネット 2週間~10日前 必要
水道 電話・ネット・郵送 1週間前 不要

電気の契約手続き

 手続き方法

電気の契約は、電話もしくはインターネットで行います。契約を希望する電力会社のホームページなどで確認しましょう。

 手続きのタイミング

引っ越し日(利用開始日)の2週間~10日前までに手続きを済ませると良いでしょう。

手続きから電力供給開始までに何日かかるかは、電力会社によって異なります。申込から最短一週間~5日程度での供給開始が一般的だと言えます。ただし、引っ越しぎりぎりになればなるほど、手続き可能な電力会社が減り、選択肢が狭まってしまうため、引っ越し日が決まったら、早めの手続きを心掛けましょう。

→どんな電気料金プランがあるか見てみたい方はこちら「電気料金を比較してみよう:新電力と大手電力会社・地域でお得な電気料金

スマートメーター昔は、引っ越し前に契約をしていなくても、新居でブレーカーを上げれば電気を使える場合がほとんどでした。しかし、電力メーターがスマートメーターになっている場合、申込を忘れてしまうと引っ越し当日から電気を使うことができません。くれぐれも事前に契約を済ませておきましょう。ちなみに、スマートメーターの設置されている世帯は年々増加しています。

 必要な情報

氏名・住所などの基本的な情報のほか、ほとんどの場合、引っ越し先の「供給地点特定番号」が必要となります(一部の新電力では不要)。供給地点特定番号は、引っ越し先の大家さんや不動産会社、もしくは地域の送配電網を管理している大手電力会社に問い合わせて確認してみましょう。

また、支払い方法を口座振替やカード払いにする方は、銀行口座やカードの情報なども必要になります。

 立ち会い

基本的に立ち会いは不要です。ブレーカーを上げて、使用を開始します。

Looopでんき

ガスの契約手続き

都市ガスもプロパンガス(LPガス)も、ガスの種類は違えど、契約はおおよそ同じ手順で行われます。詳しく見ていきましょう。

 手続き方法

ガスの契約は、一般的に電話もしくはインターネットで行います。契約したいガス会社のホームページなどで連絡先を確認しましょう。

 手続きのタイミング

引っ越し日(利用開始日)の2週間~10日前までに手続きを済ませると良いでしょう。

ガスの契約は、ガス会社の方に来てもらい、開栓作業をしてもらう必要があります。直前の連絡だと、希望の日に来てもらえない可能性もあります(特に3~4月の引っ越しシーズンは注意)。そのため、引っ越し日が決まり次第、速やかに連絡しましょう。

 必要な情報

氏名・住所などの基本的な情報を伝えます。また、引っ越し日(利用開始日)だけでなく、その日の何時ごろに開栓作業に来てほしいかも伝えます。どのようなガス機器を使用する予定か聞かれることもあります。

支払い方法を口座振替やカード払いにする方は、銀行口座やカードの情報なども必要になるででしょう。

 立ち会い

ガスの利用開始(開栓)には立ち会いが必要です。ご本人の立ち会いが難しい場合、代理人でもOKです。開栓作業自体は30分程度です。

開栓時にはガス機器のチェックを行うため、使用するガス機器をそろえておく必要があります。

保証金ガス料金の未納を防ぐため、賃貸物件などにおいて保証金の制度を導入しているガス会社もあります。主にプロパンガス会社においてみられる制度です。この場合、開栓時に1万円程度の保証金を支払うこととなります。(通常、保証金が必要な物件では開栓の前にLPガス会社から保証金請求があることについて説明があります。)保証金はガス料金の未納がなければ解約時に返金されます。保証金を支払ったら、預かり証を発行してもらいましょう。

ガスを今より安く

プロパンガスのお引越しなら

プロパンガスのお引越しなら、無料相談サービスをご利用ください。
プロパンガスのエキスパートが優良な販売店を探してご紹介します。販売後の不当な値上げを防ぐ「ガス料金見守り保証」もついて安心。
完全無料のサービスです。ぜひお気軽にご相談ください!

・対象: 持ち家戸建てにお住まいの方 ・注意事項
・電話受付: 月-金 9-19h, 土日祝 10-17h (年末年始を除く)

水道の契約手続き

 手続き方法

水道の契約は、電話、インターネット、もしくは郵送で行います。引っ越し先を管轄している水道局のホームページなどで連絡先を確認しましょう。

 手続きのタイミング

引っ越し日(利用開始日)の一週間前までに手続きを済ませておくと良いでしょう。

水道の場合、直前、または引っ越し後の連絡でも大丈夫な場合もありますが、引っ越し前後は色々な作業でばたばたしますので、早めの連絡を心掛けましょう。

 必要な情報

氏名・住所などの基本的な情報を伝えます。

支払い方法を口座振替やカード払いにする方は、銀行口座やカードの情報なども必要になるででしょう。

 立ち会い

水道は使用開始時の作業がないため、立ち会いも不要です。水道バルブを開けて使用を開始しましょう。

引っ越し先の電気・ガスはしっかり選ぼう

以下のケースを除いて、電気とガス(都市・プロパン)は好きなものを選ぶことができます。引っ越しを機に、電気・ガス会社を比べて選ぶことで、光熱費の節約をしてみてはいかがでしょうか。

電気・ガスを選べないケース
電気 高圧一括受電契約をしているマンションにお住まいの場合:
マンション一棟全体でひとつの電力会社と高圧契約しているため、個別の契約ができません。
離島にお住まいの場合:
離島ですと今のところ供給している新電力がなく、大手電力会社しか選択肢がない状態となっています。
都市ガス お住まいの地域で供給しているガス会社がひとつの場合:
都市ガスは、ガス導管が通っている住まいであれば好きなガスを選ぶことができますが、供給しているガス会社の数自体が少ないのが現状です。そのため、ガス会社を選びたくても選べない地域もまだ多くあります。
プロパンガス アパートやマンションなどの集合住宅や、賃貸物件にお住まいの場合:
ガス会社を選ぶのは建物の所有者=大家さんや管理会社となるため、ガス会社を変えたいと思ったら、彼らと交渉してみる必要があります。

電気・ガス会社を選ぶのに便利なツール

 電気電気料金プランの比較や地域ごとの料金プランのまとめ情報が見られるページ

 都市ガス都市ガスの料金プラン比較に役立つ情報ページ

 プロパンガス(LPガス)優良な販売店を紹介してくれる、プロパンガスの契約・切替無料相談サービス

更新日