You are here

引っ越しと同時に申し込める電力会社を探してみました。

お引っ越しは電力会社切替えの良いチャンスです。引っ越しと同時に申し込める電力会社はどこでしょうか?調べてみました。

引っ越しと同時に申し込める電力会社を探してみた。
  • 引っ越しと同時の申し込みを受けて受けている新電力はたくさんあります。
  • お引越しと同時の電力会社の切り替えで電気料金を安くするコツも紹介します。

引っ越しと同時に申し込める電力会社はどこ?

新居へ引っ越しと同時に申し込める電力会社はどこ?

新居へ引っ越しと同時に申し込める電力会社はどこ?今より安い電気料金を探そう!

お引っ越しの際は、「電気のお引越し」も必要です。つまり、今現在契約している「電気の契約停止」、お引越し先での「電気の契約開始」の手続きをしなければなりません。

そんな「電気のお引越し手続き」と同時に新電力など安い電気料金に切り替えができたら一石二鳥ですね。引っ越しと同時にライフスタイルも変わり、電気の使用量が増えるかもしれません。引っ越し時は電気契約の見直しのよい機会だといえます。

しかし、お引越しと同時の電気の切り替えに対応している電力会社もたくさんある一方、電力自由化されて日が浅いこともあり、引っ越しと同時に電力会社変更を受け付けていない電力会社も存在しています。

以下に引っ越しと同時に電気契約の申し込みができる新電力一覧にしてみました。気になるプランがあれば料金を確認してみましょう。検針票に記載のある電気の使用量、kWh(キロワットアワー)が分かればすぐにシミュレーションが可能です。

お引越しと同時に申し込める新電力一覧 - 電気料金プランの特徴

引越し時の新電力の対応一覧と各社の電気料金プランの特徴
引越しと同時にオンラインで電気契約可能な電力会社
HISでんき・HTBエナジー
  • 大手電力会社より5%安い料金設定。
  • 電気の使用量に限らず値引きが一定なのが分りやすいプラン。
  • HTBエナジー(H.I.S)の公式サイトで電気料金を確認してみる。
ENEOS電気
  • 契約できるのは関東エリア(東京電力エリア)のみです。
  • 極端に電気の使用が少ない方以外、電気料金が東京電力よりも安くなります。
  • ENEOSカードで電気料金を支払うと、ガソリン・灯油・軽油が割引になる「ENEOSカード割引」があります。
  • ENEOSでんきの公式サイトで電気料金を確認してみる。

東京ガス

ミツウロコ

  • 料金構成は、大手電力会社の従量電灯​プランに該当し、電力量料金が3段階になっています。
  • 毎月の電気の使電気の使用量が120kWh以上なら東京電力より割安になります。

Koyo電気

  • 洸陽電機:きほんプランは東京電力の従量電灯Bに該当するプランです。
  • 生活フィットプランは電気を使用する時間帯によって1kWhあたりの電気料金が変わります。
  • プランCは電気の使用量が多い商店やオフィスなどを対象にした電気料金プランです。

丸紅電気

  • 料金構成は、大手電力会社の従量電灯​プランに該当し、電力量料金が3段階になっています。
  • プランSは、お得さを重視した標準的なプランです。
  • プランGは、電気料金の一部を森と緑の保全活動に充当することを通じて、お客さま、スタジオジブリ、丸紅新電力による日本の原風景を未来に残していく活動を支援するプランです。

LPIO電気

  • スタンダードプランは東京電力の従量電灯Bに該当するプランです。
  • スタンダードプランは、どのアンペアでも、どの電力量料金でも、必ず東京電力より安くなる料金設定になっています。
  • プレミアムプランは最初の300/400/500kWhまでをまとめて定額で払うプランです。
お引越しは電話で対応する電力会社

AU電気

  • auの携帯電話契約をと電気をセットで契約することで、電気料金が安くなるプランです。
  • 料金構成は、大手電力会社の従量電灯​プランに該当し、電力量料金が3段階になっています。
  • 契約期間は1年以上で、中途解約する場合は、解約手数料2000円が発生します。

JCOM電気

  • J:COMのTV、インターネット、電話、携帯電話契約を長期契約することで、大手電力会社の従量電灯B/Cに相当する電気料金のうち電力量料金が安くなるプランです。
  • 集合住宅の場合は1年、戸建ての場合は2年間の契約が必要となります。
  • J:COM電力を使用すると、料金の一部が、フォレストック協会に募金されます。

引っ越しと同時に新電力に申し込む手順

1. 申し込む電力会社を決める。

kWh(キロワットアワー)とは?

電力消費量(kWh:キロワットアワー)は検針票で簡単にチェックできます。(参照:東京電力ホームページ)

まずは、申し込みをしたい電力会社を決める必要があります。どこの新電力でも極端に電気料金が少ない(毎月120kWh以下の電気消費量)場合意外、大手電力会社よりも電気料金が安くなります。

また、電気料金比較のシュミレーションもご自身の毎月の電力消費量(kWh:キロワットアワー)が分かっていれば簡単に行うことができます。

電力消費量(kWh)は毎月電力会社から届けられる検針票に記載がありますので、そちらで確認ができます。

2.電気契約の申し込みを行う

今より安くなる電力会社をみつけましたか?引っ越しと同時に電力会社に申し込むためには、下記のような情報が必要になります。

引越し先の供給地点特定番号などは、請求書や検針票ががなけらば分からないので事前に知ることは難しいでしょう。分からない場合は、契約する電力会社で調べてもらうこともできます。

電気契約の申し込みに必要な情報
  • お引越し先の住所
  • 契約者名(名義):ご自分でしょうか?家族の誰かでしょうか?
  • 電気料金の支払い方法:クレジットカードか口座振替
  • 契約する電気料金プラン名
  • 現在契約している電力会社名
  • 現在の電力会社のお客さま番号:検針表に記載があります。
  • 供給地点特定番号:分からなくても大丈夫です。(電気を使用する場所、つまり電力会社が電気を供給するべき地点を特定できるようにするために付番された全国一律で数字22桁の番号。新住所のものが必要)

2.あとは電気契約の完了を待つだけ。

引っ越しと同時に新電力に申し込む

電力会社を切り替えても、切り替えなくても、日本全国、電力メーターはスマートメーターへの取り換えがすすめられいます。

新しい電力会社への申し込みが済んだら、あとは切り替えの手続きが完了するのを待つだけです。切り替えが完了したら新しい電力会社から連絡が来ますので何日から実際に切り替わったかのはすぐに確認することができます。

ただし、引越し先の電力メーターがスマートメーターにまだ切り替わっていない場合は、まずは古い電力メーターをスマートメーターへの取り換えてもらう必要がありますので、実際にスイッチングには少し時間がかかります。

ちなみにスマートメーターへの交換作業は、地元の大手電力会社の配送電部門の作業員が行います。作業は無料です。電力メーターが室内にあるような特殊な場合を除き、契約者による「立ち合いは不要」です。ご自身が外出中やご勤務中の間に、取り換え工事は行われますので時間を取られることはありません。

従来型の電力メーターからスマートメーターへの切り替えは電力自由化以前より普及率100%を目指してすすめられています。すでにご自宅の電力メーターがスマートメーターになっている可能性も十分ありますよ。

引っ越しをしてから新電力に申し込む方法

引っ越しと同時に電力会社に申し込む

お引越しの際は、電気の契約をお忘れなく!電気が使えないとこともあり得ます。

引っ越してからゆっくり電気料金プランを検討したいという人もいるでしょう。そのような方は、お引越し先ではまず地元の大手電力会社と電気契約をします。

今までのお引越しでは、電気を申し込み忘れても、分電盤を開き、ブレーカーのスイッチを入れればすぐに電気が使えるようになっていたのですが、スマートメーターの登場により、時間差なくすぐに電気の供給を止めることが可能となっています。

ですから、もし、お引越し先ですでにスマートメーターが取り付けられていた場合、お引越し前に電気契約をしておかなげれば当日電気が使えませんので注意しましょう。

電力会社の切り替えで本当に電気料金は安くなるの?

どこの電力会社が引っ越しと同時の切り替えに対応しているのか、そして電気契約に必要な手続きを紹介してきましたが、そもそも本当に電力会社の切り替えると電気料金は安くなるのでしょうか?

例えば、HTBエナジー(HISのでんき)などは、「大手電力より電気料金が5%安くなる」という料金設定を行っており、実際に「基本料金(最低料金)」も「電力量料金」も安く設定されています。5%までしか安くならないとも言えますが、このようなプランならば、確実に大手電気料金が安くなりますね。

他にも、電気の使用量が多いほど、大幅に電気料金が安くなるものがあります。「基本料金がゼロ円」Looop(るーぷ)でんきならば、現在のアンペア容量が高めの人は基本料金がググっと安くなることが分かります。

また、30分毎の電気の使用量の分かる無料アプリなど付加価値も魅力です。

特にお引越しにより、家族の人数が増える場合は電気料金がお得になる可能性も大幅UPです。ご自身の電気消費量(kWh:キロワットアワー)が分かっていれば、電気料金のシュミレーションは簡単です。一度、試してみませんか?「検針票」をお手元にご用意ください。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。