【電気供給停止にかかる重要なお知らせ】エルピオでんきあしたでんきをお使いの皆様へ

【2022年5月版】 オススメの電気料金プラン一覧

【2021年11月版】 オススメの電気料金プラン一覧

コロナウィルスの影響で自宅で過ごす時間が多くなり、電気代が増える一方。光熱費を削減するなら、電力会社を変えるのが一番です。数ある電気料金プランの中から2022年5月に選べる電力会社をピックアップしました。

電気代が5%安くなる:よかエネ

よかエネは今お使いの大手電力会社から切り替えるだけで、電気代(基本料金+電力料金)が5%割引になります。

例えば中部電力の従量電灯プランを利用していて、毎月の電気代が1万円(基本料金+電力量料金)なら500円削減できます。年間で6,000円削減できます。電気をよく使う人も、そうでない人も切り替えるだけで5%安くなるのが魅力です。

またよかエネ東京ガス東邦ガス大阪ガスで、大手ガス会社より3%安くなる都市ガスも販売しています。

対象電力エリア 北海道電力東北電力東京電力中部電力北陸電力関西電力中国電力四国電力九州電力沖縄電力
対象ガスエリア 東京ガス東邦ガス大阪ガス
※一部離島地域は除きます

よかエネに申し込みたいよかエネの公式サイトから24時間新規申込受付中。よかエネに変えて本当に安くなるか、シミュレーションで簡単に確認できますよ!
 公式サイトはこちら

関東エリア人気No.1:CDエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクト

新電力と聞くと、どうしても大手電力会社と比べて信頼感が落ちると感じる方もいるでしょう。そんな不安を払拭してくれるのが関東エリアで人気ナンバー1のCDエナジーダイレクトです。実はCDエナジーダイレクトは大手電力会社の中部電力と大手ガス会社の大阪ガスが共同で設立した会社です。

ですから電力大手・ガス大手ならではノウハウで安定的に電気と都市ガス供給をしています。2016年の電力自由化以降に設立された新電力会社の中には、既に電力の販売を停止してしまった会社も少なくありません。仮に今利用している新電力が明日倒産しても、大手電力会社から代わりに電気の供給されるので電気が使えなくなることはありません。でもいきなり大手電力会社になったら料金も高くなるし、困りますよね?

CDエナジーダイレクトはそんな心配とは無縁の新電力です。そして安心安定の信頼できる新電力・新ガス会社でありながら、東京電力・東京ガスよりも電気料金・ガス料金が安くなります。

CDエナジーダイレクトは、通常の電気料金プランの他に、アマゾンプライムがついているプランゲームが大好きな人に向けたプランなど、ライフスタイルに合わせたプランも魅力です。また毎月電気をよく利用する大家族向けのファミリープランや、オール電化住宅向けのプランもあります。

対象電力エリア 東京電力
対象ガスエリア 東京ガス
※一部離島地域は除きます

CDエナジーダイレクトのお申し込みの相談はこちら セレクトラ・ジャパンコールセンターがお申し込みを承ります。
 今すぐ電話する(0120-180-086)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

CDエナジーダイレクトに申し込みたい CDエナジーダイレクトの公式サイトから24時間新規申込受付中。CDエナジーダイレクトに変えて本当に安くなるか、シミュレーションで簡単に確認できますよ!
 公式サイトはこちら

今キャンペーン実施中の新電力会社

2022年5月現在、新規切り替えキャンペーンを行っている電力会社について調べました。キャンペーン期間中に切り替えれば、一定期間電気代が無料になったり、ギフトカードのプレゼント、またキャッシュバックなどサービスがあります。新電力に切り替えて電気代を安くなるだけでじゃなくて、その上特典をゲットきるなんてお得ですね!

今より安い電気料金プラン・ガス料金プランをお探しですか?らくらく窓口なら電気代平均6%削減、最短5分で最適プランが見つかります。
 電話で相談する(0120-410-078)
らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

ソフトバンクでんき  申し込む

ソフトバンクでんきのキャンペーン

新規申し込みで初月電気代無料キャンペーン【終了日未定】

更新日