電力会社を切り替える方法 - 失敗しないためのアドバイス

電力会社切り替えで失敗をしないためのポイントをご紹介します。電力自由化(2016年)により、大手電力会社だけが唯一の選択肢ではなくなりました。それでは、どのようにして電力会社を選んで切り替えればいいのでしょうか。

  • 電力会社を切り替えるための具体的な方法をご紹介します。
  • 気を付けるべき点はなにかあるのでしょうか?電力会社切り替えで失敗しないためのアドバイスも。
電気料金・電力会社の切り替えのプロセス

電力会社を切り替える - 変わることと変わらないこと

そもそも電力会社を切り替えるということは実際にどういうことなのでしょうか。電力会社を切り替えると何が変わって何が変わらないのかをチェックしながら、電力会社の切り替えにあたって分かっておきたい基本を理解していきます。

 電気料金が変わる。- 電気料金が安くなる

もちろん電力会社を変更すると電気料金が変わります。電気料金プランの種類やどのくらい電気を使用しているか(電気の消費量:kWh)にもよりますが、たいていの場合電気料金が今よりも安くなります。

 電気料金の支払い先が変わる。- 電気代は新しい電気の小売り会社に支払います。

電力会社を切り替えると、毎月の電気代の支払先が変わります。電力会社を切り替えるとは、つまり「電気小売り会社」を変えることを意味します。

 発電・送電・配電などインフラは変わらない。

電気の小売り会社を変えても、発電・送電・配電などのインフラは今まで通りです。電気の供給が不安定になる等の心配は不要です。電線も今まで使用したものとおなじ電線を通って電気が送られてきます。

このような電気に関するインフラ・設備はすべて今まで通り、大手電力会社が担当します。大手電力会社は今まで、発電・送電/配電・小売りのすべてを独占してきましたが、小売りの部分が自由化され、様々な会社が電気が販売ができるようになったのです。

 供給される電気は今までと同じ

電気の小売り会社を変えてもご自宅にとどけられる電気は今までと同じものです。今までと全く同じように各地にある発電設備で発電された電気が変電所などを経て、電線を通って各家庭に電気が届けられます。

 電気の使用方法を変える必要はない。

電力会社を切り替えても、電気そのものは今までと同じ、そして電気代は安くないっているわけですから、日々の電気の使用のスタイルを特に変える必要はありません。もちろん、節電してさらに節約してもOKです。

実際にどうやって電力会社を切り替えるか

電力会社の切り替えに必要なものを準備しておこう

スムーズな電力会社の切り替えのために、どんな情報を準備しておけばいいのか確認をします。以下の情報が揃っていれば、電力会社の切り替えは極めてシンプル・簡単です。

現在大手電力会社の電気を使用している方ならば、毎月届けられる「検針票(電気使用のお知らせ)」があれば、必要な情報はすべて載っています。

  1. 現在契約している電力会社名
  2. 現在契約してい電力会社のお客さま番号
  3. 供給地点特定番号:私達が電気を使用する場所を特定するための番号です。全国一律で数字22桁の番号。
  4. 電力会社切り替え希望日:申込日と希望日が近いと、必ずしも希望通りにはならない事もありますが、希望日を伝えましょう。

切り替え先の電力会社に申し込みを行います。

どこの電力会社でもオンラインでの申し込みが可能です。オンラインフォームに必要事項を記入するだけでOKです。電話での申し込みも可能です。

また、申し込みフォームに最初から支払い方法も記入しないといけない場合もありますから、クレジットカード番号など用意しておきます。

家の電力メーターが古いメーターならばまず新しい電力メーターに取り換えてもらいます。

電力会社・切り替え

スマートメーターにはくるくる回る円盤のようなものはありません。(出典:東京電力ホームページ)

今古い電力メーター(アナログ式)は「スマートメーター」と呼ばれる新しいタイプの電力メーターに取り換えがすすめられています。これは全国規模で行われて、数年のうちに全世帯の電力メーターがスマートメーターに変わる予定となっています。

電力会社を切り替えるにあたり、まだ自宅の電力メーターになっていない場合は、まずこの電力メーターをスマートメーターに切り替えてもらう必要があります。

スマートメーターの取り付け作業の担当は大手電力会社が担っており、もちろん取り換え作業は無料です。切り替えに際して立ち合いなどの必要もありません。

スマートメーターって一体どんなもの? スマートメーターは、遠隔地で電気の使用量が把握できる新しい電力メーターです。検針員が、電気の使用量(kWh)をチェックするために一軒一軒契約者の自宅を訪問するという手間がなくなる、30分ごとの電気の使用量が分かるなどのメリットがあります。このスマートメーターから得れるデータを利用して、電気の使用量がチェックできるアプリ(Looopでんき)や、お年寄りの一人暮らしや、離れて住む家族の「見守りサービス」などのサービス(東京電力など)も提供されています。

電力会社の切り替え完了 - それまでの電気契約は自動的に解約されます。

電力会社・切り替え

電力会社の切り替えは簡単。申し込みが済めば、あとはおまかせ。

申し込み内容が確認され次第、新しい電力会社が切り替えの手続きを行います。今契約している電気の契約停止は自動的に行われます。

いったん、新しい電力会社への申し込みが完了したら、何か特別なことをする必要は一切ありません。いつ電気契約の切り替えが行われたかはお知らせが来ます。実際のスイッチグ日も簡単に分かります。

申し込めが済めばあとは何もしなくていいい。
  • 電気契約の切り替え日に電気が止まるということは一切ありません。
  • 実際に切り替えが行われる日に何かする必要はありません。いつ切り替えが行われたかは、お知らせがきます。
  • 現在契約の電力会社への解約の手続きは不要です。

どうやって切り替え先の電力会社を選べばいいか

新しい電気の契約を先を見つけるのは簡単です。電気の使用が極端に少ない場合を除き、新電力は大手電力よりも安い電気料金を設定しています。

すでに気になっている新電力があれば料金を確認し契約にすすみ、そうでなければ電気料金のシュミレーションを活用して安くなる電気料金を探してみましょう。

毎月の電気の使用量(kWh)が分かれば、簡単に電気料金の比較をすることができます。電気の使用量は、電力会社から届けられる検針票に記載があります。

電力会社の切り替え - チェックポイント

  • 基本料金もしくは最低料金(電気の使用に関わらずかかる固定の料金)は安い?
  • 電力量料金(1kWhあたりの料金単価)は安くなっている?
  • 解約金はあるか?ないか?
  • 電気の使用量が確認できるアプリなど、プラスアルファのサービスはある?
  • 実績のある会社なのか?

環境に優しい電気・エコな電気を選ぶことはできるの? 発電には色々な方法があります。該当の発電所から自宅に直接電線が通ってでもいない限り、各地で発電された電気はすべて混ざって自宅に届けられます。特定の方法で発電された電気だけを選んで自宅に供給してもらうことは技術的には不可能です。しかしながら、再エネへの開発に積極的な会社やソーラー発電の設置を行っている会社が電気の小売りを行っている場合も多くありますから、そのようなところを選ぶのも良いでしょう。

様々な新電力が電気の小売りを行っています。一部を紹介しますので参考にしてください。

こんな新しい電力会社を選ぶことができます。
電力会社の切り替え - 新しい電気小売り会社
HISでんき・HTBエナジー
  • 大手電力会社より5%安い料金設定。
  • 電気の使用量に限らず値引きが一定なのが分りやすいプラン。
  • HTBエナジー(H.I.S)の公式サイトで電気料金を確認してみる。
ENEOS電気
  • 契約できるのは関東エリア(東京電力エリア)のみです。
  • 極端に電気の使用が少ない方以外、電気料金が東京電力よりも安くなります。
  • ENEOSカードで電気料金を支払うと、ガソリン・灯油・軽油が割引になる「ENEOSカード割引」があります。
  • ENEOSでんきの公式サイトで電気料金を確認してみる。

東京ガス

ミツウロコ

  • 料金構成は、大手電力会社の従量電灯​プランに該当し、電力量料金が3段階になっています。
  • 毎月の電気の使電気の使用量が120kWh以上なら東京電力より割安になります。

Koyo電気

  • 洸陽電機:きほんプランは東京電力の従量電灯Bに該当するプランです。
  • 生活フィットプランは電気を使用する時間帯によって1kWhあたりの電気料金が変わります。
  • プランCは電気の使用量が多い商店やオフィスなどを対象にした電気料金プランです。

丸紅電気

  • 料金構成は、大手電力会社の従量電灯​プランに該当し、電力量料金が3段階になっています。
  • プランSは、お得さを重視した標準的なプランです。
  • プランGは、電気料金の一部を森と緑の保全活動に充当することを通じて、お客さま、スタジオジブリ、丸紅新電力による日本の原風景を未来に残していく活動を支援するプランです。

LPIO電気

  • スタンダードプランは東京電力の従量電灯Bに該当するプランです。
  • スタンダードプランは、どのアンペアでも、どの電力量料金でも、必ず東京電力より安くなる料金設定になっています。
  • プレミアムプランは最初の300/400/500kWhまでをまとめて定額で払うプランです。

なぜ安い電気料金を提供することができるの?

電気の小売りを専門に行っている会社は、大手電力会社のように発電や送電等のインフラにかかる莫大な経費がかかりません。固定費が低いという身軽さがあります。

加えて、当然、大手電力会社よりもより少ない社員数で、より効率的にムダなくサービスを提供をしていることはあきらかです。その分、競争力の高い、より安い電気料金の設定・提供につとめているわけです。

新電力に電気契約を切り替えたら、大手電力会社はどうなってしまうの?と思うかもしれませんが、大手電力会社は発電を行い、このような新しい電気の小売り会社に電気を販売し続けることで今まで通り日本の電力事業を引っ張っていくことには変わりはありません。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。