電力会社・電気料金の比較 - お得なプランの選び方をご紹介

電力会社・電気料金の比較 - お得なプランの選び方をご紹介

電力会社・電気料金の比較 - お得なプランの選び方をご紹介

電力自由化後、手電力会社による電気小売り事業の独占は終わりを告げ、新しい電力会社が登場しました。たくさんある電力会社の中から、自分にあった電力会社、電気料金プランはどうやって選べばよいのでしょう?このページでは様々な角度から、電力会社、電気料金プランを比較して、自分にあったオススメを選ぶ方法を探ってみます。

電力自由化で電力会社・電気料金プランを自分で選ぶ時代に

2016年4月以前は家庭の電気契約は地域ごとに決まった電力会社(大手電力会社)から購入するしか方法がありませんでした。というのも電気の小売りは大手電力会社の地域独占事業だったためです。

しかしながら、2016年4月以降の電力小売り自由化に伴い、電気の小売り事業を行う企業が増え、私たち消費者も地域の大手電力会社に加え、新しい電力会社(新電力)の中から好きなところ選んで契約できるようになりました。

一方で、電力会社がたくさんありすぎてよく分からないという声もあります。どの電力会社、電気料金プランが自分にあっているのか、参考にしてもらうために、チェックポイントを絞って電力会社、電気料金を比較してみました。

電気小売り市場の全面自由化とは? 2016年4月よりスタートした電力自由化により、これまでそれぞれの地域の大手電力会社10社の規制料金しか選ぶことができなかった一般家庭でも、大手10社以外に参入してきた新電力会社を含め、自由に電気料金プラン選ぶことが可能になりました。

電力会社を比較するポイント

さっそく、どのような電力会社があるのか特徴・ポイントをしぼりつつ、電力会社を比較を比較してみましょう

電気料金で比較する

電気料金で比較する
電気料金で比較する

今より電気料金が安くなるプランを選ぶために必要な比較ポイントをまとめました。比較するにはまず電気料金のしくみを理解する必要があります。

従量電灯プラン - 電気料金の中身をおさらい

今より電気料金が安くなるプランを探すならば、まず今どのような電気料金プランを契約しているかを確認する必要があります。

契約している電気料金プラン名は、電力会社から毎月届けられる「電気使用のお知らせ(検針票)」をみるか、オンライン上のアカウントから確認することが可能です。

しかしながら、大手電力会社で最も契約数の多い電気料金プランは、従量電灯というプランとなっており、ご自宅がオール電化でない限り、今契約されているプランは従量電灯という方がほとんどでしょう。

従量電灯プランは、「基本料金(アンペア制)最低料金」+「電力量料金(1kWhあたりの料金)」の2本の柱でできています。このため、今より安い電気料金を探すために、この2つの項目の料金を比べる必要があります。

「燃料調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」 電気料金にはこれに加えて「燃料調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」を支払います。どちらも、大手電力会社、新電力関わらず支払うものです。

アンペア制か最低料金制か?

電気の使用量に関係なくかかる料金として「基本料金(アンペア制)」もしくは「最低料金」があります。電力会社によってどちらを採用しているかが異なります。

アンペア制

基本料金がアンペア制になっているところは、アンペア容量を自分で選ぶ必要があります。そしてアンペア容量が高くなるほど基本料金が高くなります。

このようなしくみをとっている大手電力会社で、東京電力北海道電力東北電力北陸電力中部電力九州電力です。またそれぞれの大手電力会社の地域向けにサービスを展開している、新電力会社の多くも同じ形式の料金体系を採用しております。

契約アンペアによって基本料金が変わる - 東京電力 従量電灯B
契約アンペア 10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
基本料金 280.80 421.20 561.60 842.40 1,123.20 1,404.00 1,684.80

最低料金制

一方最低料金はどのようになっているのでしょうか。これは、一定の電気の使用量(kWh)までは最低料金として料金がかかるというしくみです。具体的には、「15kWhまでいくら(関西電力)」、「11kWhまでいくら(四国電力)」という形です。

大手電力会社では関西電力中国電力四国電力が採用しています。これらの電力会社の管轄しているエリアからそれ以外にお引越しをされる方は、慣れないアンペア契約というものに戸惑うかもしれません。

例えば、「毎月15kWh(キロワットアワー)以下しか電気を使わない」という方はほぼいないと思いますが、最低料金制はあくまで「最低料金」ですから仮にその月の電気の使用量が15kWhに満たなかった場合でも支払う必要があります。

「基本料金(アンペア制)」でも「最低料金」であっても、その月の電気の使用量に関わらず必ず支払わなくてはいけません。

電力量料金(1kWhあたりの料金)

電気料金(従量電灯プラン)のもう一つの重要な項目が「電力量料金」です。こちらは、毎月の電気の使用量と密接な関係があり、今よりも安い電気料金を探すためにはとても重要です。

「電力量料金」の部分は1kWhあたりいくらで設定されており、その月の電気の使用量にこの1kWh(キロワットアワー)あたりの料金をかけることで電力量料金が決定されます。

ですから、この1kWhあたりの料金が安い電気料金プランを選ぶことも大切なポイントになります。

実際に電気料金を比較してみる

電気料金のしくみが理解出来たら、さっそく電気料金を比較してみましょう。ご家庭の様子に合わせて、実際に今より安くなる電気料金を探してみます。

アンペア制でアンペア容量の多い家庭ならば

一度に使用する電気の使用量が多い家庭では、アンペアも大きめの容量が必要になります。そしてアンペア制をとっている大手電力会社では例外なく、アンペア容量が上がると基本料金も高くなるしくみなっています。

このようなところでは、アンペア料金(基本料金)がゼロ円の電気料金プランを選ぶことで電気料金を安くすることができるといえます。

アンペア制の場合
基本料金 10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
東京電力
東京電力ホールディングス
             
Looopでんき
Looopでんき

0円(アンペア容量に関わらず)

東京電力で60Aで契約をしている人は、Looopでんきのような基本料金が0円のプランにすれば毎月の基本料金1,684.80円の部分がグッとお得になることが分かります。

電気の使用量が少ない家庭ならば

毎月の電気の使用量が少ない人でも今より電気料金が安くなるプランはあるのでしょうか?例えば、日本全国でサービスを提供しているHTBエナジー(H.I.S.のでんき)の場合は、手電力会社よりも一律5%安くなるというプランを提供しています。このようなプランを選べば、電気の使用量(kWh)がさほど多い家庭でなくても電気料金が安くなる可能性がありますね。

 
電力会社 特徴
HTBエナジー(H.I.S.のでんき)
HTBエナジー(H.I.S.のでんき)
  • 日本全国にサービスを展開。
  • 基本料金も最低料金も大手電力会社よりも一律5%安い料金設定になっている
  • ただしアンペア契約の場合20A以下の契約はない。
ENEOSでんき
ENEOSでんき
  • 東京電力エリアのみ契約が可能です。
  • 基本料金は東京電力と同じ金額。
  • 120kWh以上電気を使用した場合の1kWhあたりの料金単価が安い。
  • 120kWh以下の場合でも料金は東京電力と同じなので、東京電力の料金よりも安くなっても高くなることはない。

関西電力・中国電力・四国電力エリアなど最低料金制ならば

最低料金制の従量電灯プランの場合は、一定の電気の使用量(kWh:キロワットアワー)までには、最低料金として毎月かかる料金が設定されており、それ以上の電気の使用の場合はならば1kWhにつきいくらという形で電気料金が決定されます。

このような電気料金プランを今契約されている方はどのようにして今より安い電気料金をみつければよいでしょうか。関西電力の電気料金を例に実際にみてみましょう。ちなみに、中国電力でも四国電力でも同じく、最低料金制がとられています。

例えば、HTBエナジー(H.I.S.のでんき)の電気料金なら、電力量料金が関西電力の電気料金プランより、一律で安くなっているのが分かります。

今より安い電気料金をみつける方法としては、このように「最低料金」と「電力量料金」を比べる必要があります。実際にどれくらい安くなるかは、毎月の電力消費量にもよります。

電気の使用量の多い方は、料金の安くなる幅も増えます。実際に計算をしてみるか、面倒なら電気料金のシュミレーションが便利です。

発電方法で比較する

発電方法で比較する
発電方法で比較する

電力会社がどのように発電しているかは、「電源構成」をみると分かります。電源構成とはどうやって電気が作られているのかとその割合を示したものです。電源構成を発表しているところとしていないところがありますが、大手電力会社はすべて電源構成を発表しています。例えば、原発を使っていない電力会社を探している場合はこのような電源構成を見ればよいわけです。

特定の発電方法で作られた電気だけを購入することはできない

各地であらゆる方法で発電された電気は、変電所をいくつか通り、そして電線を通じて各契約者(家庭)に届けられます。このため、発電方法を特定してその電気を家に供給してもらうことはできません。

発電施設と契約者の家が直接つながっていれば可能ですので、企業など自前の発電施設を所有している場合は、直接そこで発電した電気を使用することができますが、一般家庭だとそうはいきません。

このため、再エネ発電だけの電気を我が家に供給してくれる電力会社を選んで契約したいと思っても残念ながらそれは不可能です。

その点を理解した上で、電源構成をチェックし電力会社選びの参考にするのも1つの方法でしょう。

ガスやインターネットととのセット割引で比較する

電力小売り自由化(2016年)以降インターネット、携帯の会社から、ガソリンスタンドなど、本当に様々なジャンルの会社が電力の小売りへの参入を行いました。

中には電気と他の料金をまとめることで割引を提供していることろもあります。しかしながら、セット割りが必ず一番安くなる選択肢ではないということには理解をしておいた方がいいでしょう。

まとめるものによっては、バラバラにそれぞれ安いプランを契約した方が安い場合もありますので、電気とのセット契約が気になった場合は他の選択肢とも比較してみましょう。

都市ガスと電気はまとめるのがおススメ?

都市ガスとのセットを考えている場合は、電気代が安い方を基準に選ぶ方がお得な可能性が高いと言えます。電気代の支払いの方がガスよりも多いのが一般的です。このため、安くなる幅も電気代の方が大きいためです。

インターネットやスマホと電気をまとめるのはおススメ?

インターネットやスマホとのセットで電気代が安くなるプランもありますが、大手電力会社から他の電力会社に変えるだけでどこでも大抵電気料金は安くなります。もっと電気料金が安くなるプランがある可能性は大いにあります。

またauでんきなどは電気料金そのものは安くなく、支払いに応じて1-5%キャッシュバックがあるというケースもあります。

また別途インターネット料金そのものを安くする方法もあります。

プラスアルファの特徴で比較する

料金以外で比較できるポイントはどこでしょうか?プラスアルファで特徴的なプランを提供しているところもありますので一部を紹介します。

プラスアルファのサービスが魅力の電力会社
電気小売会社 特徴
便利なアプリを提供 auでんき
auでんき
  • 電気の使用量の分かるアプリを提供している。
  • 電気料金自体は大手電力会社と変わらない。
Looopでんき
Looopでんき
  • 30分ごとの電気の使用量の分かるアプリを無料で提供している。
    ⇒ Looopでんきの公式サイトへ
ガソリン代が安くなる ENEOSでんき
ENEOSでんき
  • 東京電力エリア限定のサービス
  • 120kWh以上電気を使用する人なら東京電力よりも料金が必ず安くなる。
    ⇒ ENEOSでんき公式サイトへ

昭和シェル電気
昭和シェル石油

  • 北海道・北陸・沖縄エリア以外でサービスを提供
  • 120kWh以上電気を使用する人なら東京電力よりも料金が必ず安くなる。

切り替えシェアで比較する

他の人はどの新電力会社に切り替えたか気になりませんか?切り替えシェアで電力会社を比較してみましょう。

新電力シェア(低圧)
順位 新電力会社 シェア 特徴
1 東京ガス
東京ガス
18.72%
  • 大手都市ガス
  • 東京電力エリアに電気料金プランを提供
  • ガスと電気のセット割で電気の基本料金が安くなる
2 KDDI
auでんき
13.23%
  • 大手通信会社
  • 沖縄を除く全国で電気料金プランを提供
  • 電気料金自体は大手電力会社と同じ
  • auの携帯電話を使用している場合、電気料金の一部がau WALLETにキャッシュバック(1-5%)される
3 大阪ガス
大阪ガス
8.97%
  • 大手都市ガス会社
  • 関西電力エリアに電気料金プランを提供
  • また、中部電力と組んでCDエナジーダイレクトを設立し、首都圏にも電気とガスの小売を開始。
4 ハルエネ 5.65%
  • 電気・ガス小売専門
  • 沖縄を含む全国で電気料金プランを提供
  • 東京ガスエリアにガス小売を行う
5 JXTGエネルギー
ENEOSでんき
5.64%
  • 大手石油元売り。ENEOSブランドのサービスステーションを展開
  • 東京電力エリアに電気料金プランを提供
  • 電気の使用量が多いご家庭ほど安くなる
6 SBパワー
ソフトバンク
3.79%
  • 大手通信会社
  • 北海道、関東、中部、関西、北陸エリアに電気料金プランを提供
  • おうち割で、ソフトバンクの携帯料金やソフトバンク光(インターネット)が割引
  • FITでんき(再生可能エネルギー電気料金プラン)も販売
7 サイサン
エネワンでんき
2.10%
  • LPガス販売会社
  • 北海道、東北、関東、中部、九州エリアに電気料金プランを提供
8 イーレックス
イーレックス
1.99%
  • 電気・ガス小売、発電事業
  • 沖縄を含む全国で電気料金プランを提供
  • 東京ガスエリアにガス料金プランを提供
9 ジェイコムウエスト
ジェイコム
1.67%
  • 大手通信会社
  • 関東、関西、福岡、熊本、大分、下関、札幌、仙台地域に電気料金プランを提供
  • J:COMのサービス(テレビ・インターネット・電話)とのセット割ができる
10 Looop
Looopでんき
1.63%
  • 電気の小売、発電事業
  • 沖縄を含む全国で電気料金プランを提供
  • 基本料金がゼロ円

※経済産業省資源エネルギー庁が発表した2018年10月の数値を元に作成。シェアはその月に新電力会社が販売した低圧(電灯・電圧)の総量に対する割合。

電力会社を切り替えているのは都市部が目立つ

新電力のシェアを見れば一目瞭然の通り、東京ガス大阪ガスをはじめ、上位は大都市の会社であることが分かります。これはそれらの地域に利用者が多いことの裏返しでもあります。また東京ガスや大阪ガスの新電力プランはそれぞれの地域でしか利用できません。

インターネット・スマホなど通信系など既存顧客が多いところがシェアが高い

次に、auソフトバンクをはじめその他インターネットなど、大手企業でしかも既存顧客が多いところでの電力会社の切り替えが多いことが分かります。

auなどは、電気代そのものは安くなっていないので、キャッシュバックをしてもらうためにauユーザーである必要があります。このように通信系ですと、それぞれのキャリア契約が前提となっているので、全ての人におすすめできるわけではありません。

エネルギーを専門に行っている会社はやはり安心。おススメ度が高い。

大手都市ガス会社や超大手通信会社を除くと、サイサン(LPガス会社)Looopでんき(再エネの開発・販売)そしてENEOSでんきが残っており、エネルギーを専門業務としているところが人気であることが分かります。

ENEOSでんきはサービスの提供エリアが東京電力エリアのみに限られていますが、looopでんきは、沖縄を除く全国で契約が可能です。基本料金がゼロ円というのも魅力的ですので検討してみてもいいでしょう。

更新日