電話で電気・ガス切替相談

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

毎月の電気代・ガス代を電話1本で安くしませんか?


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

ペットがいる人におすすめの電気料金プランは?

Looopでんきの申し込み

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?[Looopでんき]

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得
ペットがいる人におすすめの電気料金プランは?
ペットがいる人におすすめの電気料金プランは?

ペットに必要な電化製品を考え、ペットとの生活に合わせた電気料金プランをご紹介しています。電力会社によってはペット向けの電気料金プランも用意されていますが、電気料金がお得になるとは限りません。毎月の電気使用量に合わせてプランを選びましょう。

  • 飼い主向けの特典が多い電気料金プランなら「親指でんき」「ペットでんき」がオススメ
  • 電気使用量が多いなら、「Looopでんき」「CDエナジーダイレクト」がオススメ
  • 電気使用量が少なくても確実に安くしたいなら「よかエネ」がオススメ
  • お得な電気料金・ガス料金プランをお探しなら、セレクトラのコールセンター(03-4579-0702)がオススメ

ペットがいる家庭で必要になる電化製品は?

ペットとの生活には、室温管理や部屋を清潔に保つことが欠かせません。エアコンや掃除機などペットを飼うための必需品である電化製品に加え、ペット向けの便利な電化製品も続々と登場しています。まずは犬や猫を飼っている家庭で必要になる電化製品を考えましょう。

空気清浄機

犬や猫、小動物を飼っているとペットの毛やホコリが気になります。空気清浄機はお部屋の気になるニオイを解消してくれるだけでなく、ダニやペットの毛によるアレルギー対策にもなります。

ペット向けに空気清浄機を選ぶ場合には、集塵フィルターの性能をチェックしましょう。空気清浄機の集塵フィルターは空気中のホコリや花粉などの浮遊物質をキャッチするためのものです。製品によってフィルターの耐用年数や水洗い可能かなど、性能が異なります。特に高い集塵機能と消臭機能が求められるペットのいる家庭では、消臭機能付きの集塵フィルターがおすすめです。

ロボット掃除機

ペットを飼っていると、どうしてもエサがこぼれたり、よだれが垂れてしまったりと床が汚れがちになります。いつでもお家にいてすぐに掃除ができれば問題ありませんが、それが難しい方も多いことでしょう。ロボット掃除機なら、留守中でも自動でお部屋を掃除してくれるので、ペットがいる家庭でとても活躍してくれます。

ペット向けにロボット掃除機を選ぶ際には、水拭き機能付きの製品を選びましょう。ペットの毛やトイレ砂などの吸引だけなら掃除機機能だけでも十分役立ちますが、ベタベタした床をすっきりさせるには水拭きが一番です。ロボット掃除機によってはカメラ機能が搭載されており、留守中でもペットの様子を観察できる製品もあります。

自動給餌機

外出が多い方や留守中でも決まった時間に給餌したい方におすすめなのが、自動給餌機です。自動給餌機は主に犬猫用の製品が大部分を占めますが、小動物向けや観賞魚向けの製品も販売されています。最新の自動給餌機にはカメラ機能付きのものやアプリで操作可能な製品もあり、あると便利なペット向け家電の一つと言えるでしょう。

フィルター・エアポンプ

観賞魚や水生の爬虫類がいる家庭では、フィルターやエアポンプなどの電気製品が欠かせません。これらの製品は消費電力は大きくないものの、24時間365日つけっぱなしにする場合がほとんどです。フィルターやエアポンプを選ぶ際には、水槽のサイズや飼育するペットの種類に合ったものを選びましょう。

照明器具

観賞魚と一緒に水草を育てる場合には照明器具が必要になります。また、照明器具をセットすれば、爬虫類を飼う際の保温効果も期待できるでしょう。照明器具も日中はつけっぱなしにする場合がほとんどです。電気料金を抑えるためには、電球や蛍光灯よりもLEDを使用した製品を選ぶと良いでしょう。

エアコン・ヒーターなどの温度調整器具

犬や猫などを飼っている場合には、エアコンで部屋全体を室温管理しているかもしれません。また、小動物や観賞魚の場合には、スポット的に保温するヒーターが必要です。近年では夏の酷暑の影響もあり、ペットのいる家庭では室内の温度調整はさらに欠かせないものになっています。エアコンやヒーター、クーラーなどの温度調節器具はペットの命に関わる大切な電化製品です。また、ペットを飼う上で最も電気をたくさん消費する電化製品とも言えます。

目安として14畳の部屋でエアコンの冷房を24時間つけっぱなしにした場合には、1日あたり226.8円、冬に暖房をつけっぱなしにした場合には、さらに電気料金が高くなり、1日あたり434.7円がかかります。それぞれを1か月に換算すると、冷房6,804円、暖房13,041円という大きな出費になります。

外気温や部屋の広さによって冷房・暖房にかかる電気料金は大きく変化しますので、ここで紹介している料金はあくまでも目安とお考え下さい。しかし、温度管理だけについて考えても、ペットのいる家庭では使用電力量が大きくなるのは事実です。ペットに快適に過ごしてもらいながら電気料金を抑えるためには、電力会社を賢く選ぶことが大切です。

電気料金を節約したい:ペットがいる人におすすめの電気料金プラン

ペット向けの電気料金プランを選ぶ際には、電気料金の仕組みを理解していることが大切です。電気料金は一般的に以下の計算式で算出されています。

電気料金 = 基本料金 + 電力量料金 ± 燃料費調整額 + 再生可能エネルギー発電促進賦課金

電気料金の内訳のうち、電力会社を選ぶ際に注目したいのは、基本料金と電力量料金です。基本料金とは、電気契約に対して発生する料金です。契約アンペア数によって料金が決まるアンペア制とある一定の電力使用量までが含まれた最低料金制があります。基本料金は電気をどれだけ使ったかに関わりなく毎月かかる料金です。また、電力量料金は1kWhあたりの料金単価 × 使用電力量によって計算されます。

これら二つは電力会社や電気料金プランによって料金設定が大きく異なるため、電気料金節約のためにとても重要です。基本料金と電力量料金がよりお得なプランに切り替えることによって、電気の使い方を変えなくても毎月の電気料金を節約することができます。そのほか、電気料金には燃料費調整額や再生可能エネルギー発電促進賦課金が含まれています。

燃料費調整額発電のための燃料輸入費は為替などの影響を受けて常に変動しています。燃料費の増減を平均化して、電気を安定して供給するために徴収されているのが、燃料費調整額です。この料金は基本的にはエリアごとに設定されているため、同じエリアで電力会社を選ぶ場合には金額の差はありません。

再生可能エネルギー発電促進賦課金太陽光発電所などでつくられた再生可能エネルギーを国が買い取るために用いられています。再生可能エネルギーを広く普及させることを目的とし、すべての電力需要家から徴収されています。料金単価は国が定めており、電力会社による差はありません。

親指でんき

親指でんき

親指でんきには、ペットを飼っている方専用の「わんにゃんプラン+」という電気料金プランが用意されています。

親指でんき【わんにゃんプラン+】の基本情報
契約可能エリア 北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力の各エリア
契約容量 30A~60Aまたは6kVA未満
解約金・解約手数料 無し

親指でんきのわんにゃんプラン+では、基本料金が各エリアの大手電力会社と比べて半額になります。また、1kWhあたりの電力量料金はどれだけ電気を使っても一律料金に設定されています。

「わんにゃんプラン+」にはペットがいる家庭向けの特典が付いています。飼い主さんが事故に遭ってしまった場合には、ペットを預けるためのペットホテル代が保障されたり、ペットが他の人・動物に危害を加えてしまった場合にも保障されるペットオーナー向け保険が無料で付いてきます。また、提携しているペット向け施設も割引料金で利用することができます。

ペットでんき

ペットでんきは、夏と冬の電気料金が他の月に比べてお得です。ペットでんきなら、電気料金が気になる8月・9月・1月・2月の基本料金が0円になります。さらに年間を通して電力量料金の第3段階の料金が各エリアの大手電力会社に比べて5%OFFに設定されています。

ペットでんきの基本情報
契約可能エリア 北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力の各エリア
契約容量 30A~60Aまたは6kVA未満
解約金・解約手数料 2年間の最低利用期間内に解約する場合には、税込3,850円の解約事務手数料が発生します。

ペットでんきを利用すると、親指でんきのわんにゃんプラン+の場合と同じくペットに関するさまざまな保険サービスが受けられます。飼い主が事故に逢ってしまった場合にはペットホテル代の保障やペットが他の人・動物に危害を加えてしまった場合の補償などです。さらにペットと一緒に宿泊できるホテルやドックカフェなどの優待クーポンも用意されています。

どうぶつでんき

電気料金をお得にするだけでなく、ペットの支援をしたい方におすすめなのが、どうぶつでんきです。どうぶつでんきを利用すると、毎月の電気料金から100円が動物福祉団体へ寄付されます。

どうぶつでんき【生活安心プラン】の基本情報
契約可能エリア 北海道電力・東北電力・東京電力・北陸電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力の各エリア
契約容量 30A~60Aまたは6kVA未満
解約金・解約手数料 更新月(供給開始月から起算して24か月目とその翌月)に解約する場合には、税込3,850円の解約事務手数料が発生します。

どうぶつでんきの生活安心プランなら、電力量料金の第3段階の料金が大手電力会社に比べて10%OFFになります。しかし、第1,2段階までの電力量料金は大手電力会社と比較すると同じ金額のため、電気をあまり使わない方はお得になりにくいデメリットがあります。毎月かかる基本料金は大手電力会社に比べて2%OFFに設定されています。

どうぶつでんきでは、電気契約の更新月が設けられておりそれ以外のタイミングで解約すると、解約事務手数料が発生します。

ペット用プランを使わなくても電気代は安くなる

ペット向けのプランでは、ペットホテルの割引やペット保険など主にペットのサポートに重点を置いています。しかし、肝心の電気料金という点では、あまり割引は大きくありません。親指でんきやペットでんきでは、基本料金がお得になるサービスもありますが、半額や季節限定0円など割引は限定的です。

ペットがいる方なら、実はペット向けプラン以外でも毎月の電気料金を安くすることができます。なぜなら、電気料金はたくさん電気を使う方ほど、割引額が大きくなる仕組みだからです。ペットのいる家庭では、この記事の前半で考えたようにたくさんの電気製品が必要になります。ペット向けでなくても、電気をたくさん使う方ならお得になるおすすめの電気料金プランがあります。

【基本料金ゼロ円】Looopでんき

Looopでんきの電気料金プランはとてもシンプルな料金システムです。基本料金(最低料金)は毎月0円、1kWhあたりの電力量料金は、どれだけ電気を使っても一律です。

段階的に電力量料金が高くなる料金システムとは異なり1kWhあたりの料金が一律のため、電気をたくさん使う方なら電気料金がお得になります。また、最低利用期間や解約金、解約事務手数料などの定めも無いため、安心して切り替えることが可能です。Looopでんきでは、一般家庭向けのおうちでんきに加え、契約容量が6kVA以上の方向けのビジネスプランも用意されています。

Looopでんき【おうちプラン・ビジネスプラン】の基本情報
契約可能エリア 全国(一部離島を除く)
契約容量 【おうちプラン】5A~60Aまたは6kVA未満(沖縄電力エリアは50kVA未満)
【ビジネスプラン】6kVA以上
解約金・解約手数料 無し

ペット向けのプランではありませんが、Looopでんきでは電気をたくさんつかえばつかうほど、大手電力会社に比べて電気代を節約できます。しかも東京電力エリアなら24時間365日、電気のトラブルに駆けつけてくれる「かけつけループ」サービスがLooopでんきに申し込めば無料で利用できます。ペットを飼っていると、電気に関するトラブルも発生しやすくなります。コンセントが焦げ臭い場合や停電などにも来てくれるかけつけループは、通常は平日9,000円・土日祝日夜間13,000円掛かるサービスです。

Looopでんきに申し込みたい Looopでんきの公式サイトから24時間新規申込受付中。Looopでんきに変えて本当に安くなるか、シミュレーションで簡単に確認できますよ!
 公式サイトはこちら

【東京電力エリアで人気】CDエナジーダイレクト

東京電力エリアで人気の電力会社・ガス会社といえば、CDエナジーダイレクトです。CDエナジーダイレクトは大手電力会社・中部電力と大手ガス会社・大阪ガスが共同で設立した会社です。大手ならでは安心感、価格の安定性に加えて、東京電力・東京ガスでも上位にくる電気料金・ガス料金の安さが魅力です。

CDエナジーダイレクトは、電気の消費量が少ない人もでも東京電力から切り替えるだけで安くなる「ベーシックでんき」や、毎月300kWh以上使うならもっと安くなる「ファミリーでんき」などのプランがあります。

ペットのいる家庭だと、通常の家庭よりも電気の使用量が多くなるので、毎月の使用量が300kWh以上を超えているようなら「ファミリーでんき」プランを検討しましょう。

さらにCDエナジーダイレクトでは東京ガスよりもお得になるガス料金プランが魅力です。電気とガスをセットで利用すると、さらに電気代・ガス代がそれぞれ0.5%ずつ割引になります。

CDエナジーダイレクト【ファミリーでんき】の基本情報
契約可能エリア 東京電力エリア
契約容量 【ファミリーでんき】10A~60A
解約金・解約手数料 無し

 

CDエナジーダイレクト:ファミリーでんき:東京電力従量電灯Bとの比較
基本料金
契約アンペア数 東京電力
従量電灯B
東京電力
CDエナジーダイレクト
ファミリーでんき
CDエナジーダイレクト
10A 286.00円 267.66円
15A 429.00円 401.49円
20A 572.00円 535.32円
30A 858.00円 802.98円
40A 1144.00円 1070.64円
50A 1430.00円 1338.30円
60A 1716.00円 1605.96円
電力量料金(1kWhあたりの料金)
電力消費量 東京電力 CDエナジーダイレクト
300kWhまで 7152円
(定額と仮定した場合)
7049.16円
(定額)
300kWh超える 30.57円 25.47円
 公式サイトから申し込む
 電話で申し込む(03-4588-9100)

基本料金については、60Aでは東京電力の従量電灯BよりもCDエナジーダイレクトのファミリーでんきの方が110円以上お得になります。アンペア容量の大きくなるファミリーでんきでは、さらに割引額が大きくなります。基本料金は電気使用量に関係なく毎月発生しますので、年間にすると大きな割引となります。

さらに電力量料金の300kWh以上を超える範囲では、1kWhあたりの料金が東京電力に比べて5円も安くなります。つまり、毎月300kWh以上電気を使う方なら、使えば使うほど電気料金がお得になるということです。

ただし、300kWh以下の場合は逆に割高になってしまうので注意が必要です。月によっては300kWh以下になるという方なら、CDエナジーダイレクトのベーシックでんきがオススメです。ファミリーでんきと同じく基本料金が東京電力より安くなるので、確実に電気料金を節約できます。

またCDエナジーダイレクトでは、毎月の支払う電気料金に対してポイント還元が1%ついてきます。CDエナジーダイレクトの運営するカテエネに登録すると、毎月の電気料金100円につき、カテエネポイント が1ポイント貯まります。

注目!還元されたカテエネポイントは電気代の支払いに使うことができるので、実質1%さらに電気代がお得になります。また、TポイントやWAONポイントなど他のポイントにも交換することができるため、使い道には困りません。さらにCDエナジーダイレクトでは、よりポイント還元率が高くなるポイントでんきもあります。

CDエナジーダイレクトに申し込みたい CDエナジーダイレクトの公式サイトから24時間新規申込受付中。CDエナジーダイレクトに変えて本当に安くなるか、シミュレーションで簡単に確認できますよ!
 公式サイトはこちら

電気をあまり使わない方でもお得になる電気料金プラン

ペットとして小動物を飼っていたり、観賞魚を小さな水槽で飼育している方なら電気をたくさん使わないという場合もあるでしょう。ペットがいてもあまり電気を使わない方におすすめな電気料金プランをご紹介します。

【大手電力会社より10%安い】よかエネ

沖縄を除く全国で電気を販売しているよかエネは、大手電力会社の従量電灯(もしくは従量電灯に類似したプラン)から切り替えると基本料金・従量料金が10%お得になります。(オール電化住宅向けのプランなら3%安くなります。)

電気料金プランの多くは、電気をたくさん使えば使うほどお得になるように設定されています。しかし、よかエネの電気料金プランでは、電気をあまり使わない場合でも基本料金・電力量料金が一律10%OFFになるため、新電力の中でも貴重な電気料金プランだと言えます。

よかエネの基本情報
契約可能エリア 北海道電力・東北電力・東京電力・北陸電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力の各エリア
契約容量 10A~60A
解約金・解約手数料 無し

さらに、よかエネは東京ガス・大阪ガス・東邦ガスエリアで都市ガスを販売しています。それぞれのガス料金プランより基本料金と従量料金が3%安くなります。さらに電気とガスをセットで利用すると、。電気は最大12%大手電力会社より安くなり、ガスは最大5%大手ガス会社より安くなります。

ペットがいる人向けの電気料金プラン:まとめ

ペットがいても毎月使用する電力量や受けたいサービスなどはさまざまです。ペットがいる場合の電気料金プラン選びで大切なのは、電力会社を切り替える目的を明確にしておくことと、毎月の使用電力量を把握することです。

ペット向けに用意されている電気料金プランでは、ペット保険が付いていたり、ペット関連施設の割引が受けられるなどの特典が充実しています。また、毎月の電気料金から一定額を動物保護団体に寄付することができるプランもあります。このような特典やサービスを受けたいならば、ペット向けの電気料金プランを用意している親指でんき、ペットでんき、どうぶつでんきを選択することができるでしょう。逆にこれらのサービスはすでに別で契約している場合やさらに電気料金を節約することをメインに考えている場合には、ペット向けプランよりもさらに電気料金がお得になる電力会社があります。

ペットがたくさんいる場合や、エアコンなどで室温管理を24時間行う場合には、LooopでんきCDエナジーダイレクトがおすすめです。これらの電力会社ならば、電気を使えば使うほど、ペット向けプランよりもさらに電気料金がお得になります。逆にペットがいてもあまり電気を使わないなら、小さい電気使用量でも割引率の高いよかエネが良いでしょう。よかエネなら、電気をあまり使わない場合でも基本料金・電力量料金が大手電力会社よりも10%OFFになります。

更新日