ガス臭いと思ったら

ガス臭いと思ったら

ガス臭いと思ったら

ガス臭いと思ったら、あるいはガス漏れが違われる場合、どのように対処したら良いのか、説明します。

ガスは無臭ですが、ガス漏れなどが起こった時に分かりやすいよう、匂いが付けてあります。ガスの使用中かどうかにかかわらず、ガス臭いと思ったらまずどうすべきかを、解説します。

ガス臭いと思ったらまず行なうこと

ガス臭いと思ったら

まず窓を大きく開けて換気をよくしましょう

ガス臭いと思ったら、まず下記のことを行いましょう。

  • 窓を大きく開いて換気します。
  • ガスの使用を停止して、ガス栓を閉めます。
  • ガスメーターの栓も閉めます。
  • 契約しているガス会社に連絡します。

絶対にしてはならないこと

ガス臭いと思ったら

決して一服などしないように!

ガス臭いと思ったら、まずしなけれはならないことの他に、絶対に行っては行けないことも幾つかあります。以下がその例です。

  • 電灯や換気扇などのスイッチには決して手を触れないでください。
  • 換気扇は絶対に回さないでください(すでに回っている場合はそのままにしておきます)。
  • 室内の火は全て消し、マッチやライターを使用したり、タバコを吸ったりしないでください。

ガスの特徴

ガスには下記のような特徴があります。ガス臭いと思った時にはすべきことと、すべきでないことをしっかりとわきまえ、敏速に対処することが重要です。

ガス臭いと思ったら

ガス漏れの疑いのあるときは火気厳禁です。

  • 都市ガス(天然ガス)は、空気より軽いので屋内でガス漏れをすると天井付近に溜まります。
  • プロパンガスは、空気より重いので屋内でガス漏れをすると床面や床下に溜まります。
  • ガスが放出されると爆発や火災などの原因になりますので、決して火は使用してはいけません。
  • 都市ガス(天然ガス)およびプロパンガスには、一酸化炭素などの有害な成分が含まれていないため、そのままではガスを吸っても一酸化炭素中毒にはなりません。
  • ただし、ガス機器使用中に燃焼用の空気が不足したり、ガスの種類とガス機器が適合していないなどの場合には、一酸化炭素中毒を起こすことがあります。

いずれにせよ、ガス臭いと思ったた、上記のようなしかるべき対処をし、素早くガス会社に連絡することが重要です。

更新日