九州でおすすめの電力会社は? - 電力自由化

九州でおすすめの電力会社は? - 電力自由化

九州でおすすめの電力会社は? - 電力自由化

「電気料金を安くしたいな。」「九州でおすすめの電力会社を探している。」そんな方のために、電気料金はもちろん、それ以外のポイントからも九州でおすすめの電力会社をリサーチしてみました。

  • 九州エリアでおすすめの電力会社を料金にフォーカスして紹介します。
  • カスタマサービスやその他電気の品質に関しても”おススメ度”を調べてみました。

九州にはいろいろな電力会社がある

電力自由化以降、九州を含め日本全国で、新電力と呼ばれる電力会社が登場しました。

これにより、すでに九州電力を利用中の方が、九州電力以外の電力会社に切り替えることも可能になりました。また、これから九州へお引越しの方も自由に好きな電力会社を選ぶことができるようになりました。

ここでは、たくさんある九州の新電力の中からポイントを絞っておすすめの電力会社を調べてみました。どこの電力会社がいいのかお悩みの方は参考にしてみてください。

電気料金の安さで九州おすすめの電力会社を探す

なんといっても電気料金の安さは重要なポイントです。九州電力から他の電力会社を変えても電気そのものには変わりがありません。それならば、電気料金のなるべく安い電力会社を選んだ方が断然お得ですね。

そこで、ここでは料金の安さから九州でおススメできる電力会社を探します。九州で最もスタンダードなプランである九州電力の従量電灯プランBを基準に料金を比較してみます。

以下の表をご覧ください。料金設定に違いはあるものの、新電力は料金が全体的に安く設定されていることが分かります。実際に安くなる額はそれぞれの電気の使用量によっても異なりますので、公式サイトでのシュミレーションしてみることをおすすめします。

九州でおすすめの電力会社 - 料金を比較
基本料金
  九州電力
従量電灯B

九州電力
H.I.S.のでんき
HTBエナジー
エネワンでんき
Looopでんき
アンペア
容量
  • 基本料金はどこも九州電力より安い。
  • Looopでんきは、アンペア容量に関わらず0円。(アンペア容量が大きい人ほどお得)
10A   × × 0円
15A   × ×
20A   × ×
30A      
40A      
50A      
60A      
電力量料金 (1kWhあたりの料金)
電力消費量
  • 全体的に九州電力よりどの段階でも安く設定されている。(Looopでんきは電気の使用量が高い人ほどかなり安くなる)
最初の120kWhまで      
(電気の使用量関係なく一律)
120-300kWhまで      
300kWh以上      

電気料金の安さで選んだ九州でおすすめの電力会社

電力会社 特徴・どれくらい安くなる? シュミレーション
申し込み
H.I.S.でんき
HISでんき・HTBエナジー
  • 九州電量の電気料金よりも「最低料金」も「電力量料金も」5%安く設定されています。
  • このため、電気の使用量が少なくても常に5%まで電気料金が安くなります。
H.I.S.のでんきの公式サイト
Looopでんき
Looopでんき
  • アンペア容量に関わらず基本料金が0円です。九州電力で契約アンペアが大きい人は、お得度が高くなります。
  • 自分の毎月の電気の使用量が分かればシュミレーションが簡単にできます。
Looopでんき公式サイト

エネワンでんき

  • LPガスの提供もあります。セット割りなども確認。

エネワンでんき公式サイト

シェアの高い電力会社からおすすめの電力会社を探す

続いて市場シェアの高さを人気のバロメーターと考え、シェアの高さから九州のおススメ電力会社を探ってみることにします。

経済産業省のホームページで新電力のシェアを確認することができますので、そちらを参考にします。九州限定の情報は提供されていませんので、全国データを見る必要があります。

全国で見ると、やはり東京ガスなどすでに既存顧客を有する都市ガス会社による電気販売のシェアが高く、それ以外はほとんど横並びです。しかしながら、上記の比較の中で登場する、エネワンでんき(LPガスも提供)やLooopでんきはシェアベスト10に入っており人気があることがわかります。

シェアだけでなく、例えば契約件数に焦点を当ててみると、Looopでんきでは2016年の電力自由化以降すでに10万件以上の契約を獲得していると公式サイトにて正式な発表があります。

このように全国規模でも人気のあるところを九州でもおすすめの電力会社として考えることもできるでしょう。

環境への意識で九州のおすすめの電力会社を探す

九州でおすすめの電力会社

FIT電気の割合の高さをチェック項目の1つとして、九州でおすすめの電力会社を探してみました。

「環境への優しさを基準として、九州でおススメの電力会社を探している。」という方もいるかもしませんね。ただし、「環境への優しさ」は、定義が難しいです。例えば、原発を使っていない電気といっても、原発の代わりに火力発電が増えると二酸化炭素の排出が増え、地球には悪影響です。

そこで、ここでは電源構成の中でFIT電気(再生可能エネルギー)に占める割合が比較的高いところを見てみましょう。ただし、電源構成の開示は義務ではありませんので、まずは電源構成を公開しているところを探す必要があります。

九州電力ですと、原子力や火力発電の割合が多いものの、FIT電気の割合は8パーセントとなっています。一方、Looopでんきは、23.4%なっています。

このように、FIT電気の割合をおススメポイントの1つとして参考にすることもできます。気になる電力会社があればホームページで電源構成を確認してみてはいかがでしょうか。

しかしながら、どこの電力会社を申し込んでも皆さんは、再生可能エネルギー発電促進賦課金を毎月払っており日本の再エネの割合に貢献していることはどうぞお忘れなく。

カスタマーサービスや品質で九州でおすすめの電力会社を探す

九州電力に電話したけれど、なかなかつながらなかったという経験や、ホームページ上で必要な情報をスムーズにみつけることができなかったという経験がある方もいるかもしれません。九州電力は顧客数も多く、発電から小売りまであらゆる業務を行っているので情報量が多い事も考えられます。また老舗ゆえに、旧体制的な部分があるのでは?と想像もできます。

一方、新電力は電気の小売り・契約に特化したサービスを提供していることや、新しい会社が多いということもあり、ホームページは大手電力会社よりもより見やすく使いやすいという傾向があります。

加えて、アプリといった新しいサービスにも積極的です。例えば、新電力の中には1時間毎の電力使用量や節約額、請求情報等を簡単に確認できるアプリなどを無料で提供しているところもあります。過去の請求書なども簡単に閲覧出来てぺーパーレスなのも魅力です。

九州電力から他の電力会社に切り替えるメリット

いろいろな角度から九州でおすすめの電力会社を探してみました。気になる電力会社は見つかったでしょうか?

現在、九州電力で電気契約をしている方はなんといっても、他の電力会社に切り替えると電気料金が安くすることができるという大きなメリットがあります。

電気は今までと同じまま、申し込み先を変えるだけですぐ安くなるのが嬉しいですね。

九州には上記に紹介した電力会社以外にも新しい電力会社はありますので、他にもご友人などにもおすすめの電力会社ないか確認してみると良いのではないでしょうか?

更新日