電話で電気・ガス切替相談

在宅時間が増えた・・・毎月の電気料金が心配?

電気料金が今より安いプランを探してみましょう。エキスパートにご相談ください。
夏場の電気代を抑えるお手伝いをします。
(セレクトラ・ジャパンコールセンター / 受付時間:9時-13時、14時-18時  ※土日祝日・年末年始は休業)

電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。今よりも安くなる電気・ガスをお探しの方は、オンライン比較エンジンをご利用くださいませ。

関東エリアの新電力:AUの電気料金とソフトバンクでんきはおトク?

関東エリアの新電力:AUの電気料金とソフトバンクでんきはおトク?
関東エリアの新電力:AUの電気料金とソフトバンクでんきはおトク?

電力の自由化にあたり、携帯電話の会社も電気の販売に参入しました。au、ソフトバンクの、最もスタンダードなプランの料金や特徴を比べてみました。

  • どちらも、東京電力の従量電灯Bに相当する電気料金プランで、電気料金自体はそれほど変わりません。
  • auでんきソフトバンクともに、セット割があるのが大きな違いになります。
  • auでんきの特徴は、auでんきセット割という、電気利用料に応じてau WALLETにキャッシュバックされるシステムです。ただし家庭内にau回線がなくなればキャッシュバックはなくなります。
  • ソフトバンクの特徴は、「おうち割」というソフトバンク携帯電話もしくは固定通信サービス(Softbank 光など)をセットで契約すると、電気料金が毎月割引になるサービスです。また、Tポイントもたまります。
  • ソフトバンクは、使用量が少ない家庭だと、電気代が高くなることがあります。

auでんきとソフトバンク

電力の自由化にあたり、携帯電話の最大手のau、ソフトバンク、も電気の販売に参入しました。名称は、auがauでんきソフトバンクは、紆余曲折の末、通信事業と同じソフトバンク、です。
特にソフトバンクはCMもたくさん流しているので、耳にした方目にした方も多いでしょう。

それでは、auでんきソフトバンク電気料金はどうなっているのでしょうか。どんな割引サービスがあるのでしょうか。

auでんきMプラン(東京電力エリア)の特徴

  • 東京電力の従量電灯Bに相当する電気料金プランです。
  • 基本料金は契約アンペアごとに異なります。
  • auとスマホの契約している場合は電気料金に応じてキャッシュバックされるauでんきセット割があります。携帯料金と請求を合算できます。
  • auでんき専用アプリで電気料金を管理できます。
  • 1年未満に解約する場合は、解約違約金(2000円)がかかります。

ソフトバンク・スタンダードS
(東京電力エリア)の特徴

  • 基本料金が契約アンペア数ごとに段階性になっています。
  • 電力量料金(1kWhあたりの単価)は2段階制になっています。300kWhまで均一料金です。
  • Tポイントが1000円につき5ポイント(1ポイント1円相当)つきます。
  • ソフトバンクの「おうち割」が適用されます。
  • 解約には、解約事務手数料(540円)がかかります。(1年契約で自動更新です。)

auでんきMプラン(東京電力エリア)の電気料金

auでんきMプラン(東京電力エリア)の電気料金
基本料金
契約アンペア数 基本料金(税込)
2016年5月31日まで 2016年6月1日以降
10A 280.80円 - 円
15A 421.20円 - 円
20A 561.60円 - 円
30A 842.40円 - 円
40A 1123.20円 - 円
50A 1404.00円 - 円
60A 1684.80円 - 円
電力量料金
電力消費量 1kWhあたりの値段(税込)
2016年5月31日まで 2016年6月1日以降
最終の120kWhまで 19.42円 - 円
120-300kWh 25.90円 - 円
300kWh以上 29.92円 - 円

ソフトバンク・スタンダードS
(東京電力エリア)電気料金

ソフトバンク・スタンダードS(東京電力エリア)電気料金
基本料金
契約アンペア数 基本料金(税込)
10A - 円
15A - 円
20A - 円
30A - 円
40A - 円
50A - 円
60A - 円
電力量料金
電力消費量 1kWhあたりの値段(税込)
最終の300kWhまで - 円
300kWh以上 - 円

auでんきとソフトバンクと東京電力の比較

それでは、auでんきソフトバンクのでんき電気料金を比べてみましょう。どちらも東京電力の従量電灯Bと同じ料金構成です。基本料金は、必要なアンペア値(アンペアブレーカー契約)を自分で選び、電力量料金は、トータルの使用量に応じて3段階制に設定されています。(日本では1kWhあたりの電力料金が3段階になっている料金プランがほとんどです。)

分かりやすく電気料金を比べてみるために、東京電力の従量電灯Bの他にも従量電灯と同じ電気料金メニューを提供しているその他の電力会社(ENEOSでんき)と比べてみました。

  • 東京電力の「従量電灯プランB」と同じ電気料金金構成のものと比較しました。
  • 従量電灯Bは基本料金が契約アンペアごとにことなるタイプです。(アンペアブレーカー契約)
  • 電力量料金(1kWh)は、3段階制(0-120kWh、120-300kWh、300kWh以上)で分かれています。
東京電力・従量電灯Bとの料金比較
契約アンペア数 基本料金(円)(税込)
東京電力
従量電灯B

auでんき
Mプラン

ソフトバンク
スタンダードS
ENEOSでんき
10A 286.00 円 - 円 - 円 - 円
15A 429.00 円 - 円 - 円 - 円
20A 572.00 円 - 円 - 円 - 円
30A 858.00 円 - 円 - 円 - 円
40A 1144.00 円 - 円 - 円 - 円
50A 1430.00 円 - 円 - 円 - 円
60A 1716.00 円 - 円 - 円 - 円
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(税込)
東京電力
従量電灯B
auでんき
Mプラン
 
ソフトバンク
スタンダードS
ENEOSでんき
最初の120kWh 19.88 円 - - -
120-300kWh 26.48 円 - - -
300kWh以上 30.57 円 - - -

表を見ると、基本料金は全く同じ、電力量料金は、使用量によって、高くなったり安くなったりします。料金では比べにくいので、セット割の内容を比べてみましょう。

auでんきとソフトバンク セット割引の比較

auでんきソフトバンクでんきでは、携帯電話などの通信サービス契約とのセット割の割引方法も大きく異なります。auでんきでは電気代の額面によってau WALLETへの還元率が異なってくるのに対し、ソフトバンクでんきでは契約する電気料金プランによって実際の額面として割引額が異なってくる仕組みです。

auでんきのセット割による還元率
月額電気料金 還元率
~4,999円 1%
5,000~7,999円 3%
8,000円~ 5%
ソフトバンクでんき料金プランにおけるおうち割の割引額
でんき料金プラン 割引額(2年間) 2年間での割引額
スタンダードS/X/L 100円/月 2,400円
バリュープラン 200円/月 4,800円
プレミアムプラン 300円/月 7,200円

このようにセット割の仕組みそのものが異なるため、比較は容易ではありません。たとえば、電力使用量が少なく、電気料金が5,000円にも満たない場合、auでんきからの還元率は1%にすぎないので、ソフトバンクでんきのスタンダード契約で得られる100円の半額にもなりません。だから明らかに不利なように見えるのですが、本当にソフトバンクでんきの方がおトクかといえばそうでもないのです。というのも、電気料金が5,000円にも満たない場合は、ソフトバンクでんきのスタンダードS契約よりも東京電力の従量電灯Bの方が最終的な電気料金が安くなるので、その場合は数十円でも還元されるauでんきの方が安くなります。
お使いの携帯電話のキャリアに応じて、検討しましょう。また、電気料金比較セレクトラで、実際の電気料金を入力して比較してみてください!

更新日