電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、無料の電気ガス料金比較ツールをご利用ください。

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、無料の電気ガス料金比較ツールをご利用ください。

エネファームのメリット・デメリットについて

Looopでんきの申し込み

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?[Looopでんき]

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?

  • Looopでんきなら毎月の最低料金も基本料金もゼロ円
  • 解約金・違約金もゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得
エネファームのメリット・デメリットについて
エネファームのメリット・デメリットについて

何かと耳にするエネファーム。いったいどんなシステムなのでしょうか?また、どんなメリットやデメリットがあるのか確認してみましょう。

  • エネファームはエコな発電システム!エネルギー効率も高い!
  • 導入コストが高いのが難点。

エネファームとは?

エネファームは都市ガスLPガスから、水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて発電するシステムです。発電時の熱を利用してお湯を作ります。

正式名称は、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムです。「電池」という言葉がついていますが、燃料となる水素と酸素を利用して電力を作るというしくみを考えると、「発電機」と考えた方が分かりやすいでしょう。

既存の電力網に頼らずに家庭で発電ができるという点で、東日本大震災以降、特に注目されてきました。

エネファームのメリット

エネファームのメリットとデメリット

エネファームはガスを利用して電気を作る。排熱でお湯も沸かせる。エネファームの最大の特徴です。

そんなエネファームのメリットをチェックしていきましょう。

発電所で発電された電気を各家庭に届けるまでには、送電時に約60パーセントが失われてしまいます。また発電時に出る熱も、発電所では利用することができません。一方、エネファームは家庭で発電することができるため、その場ですぐ電気が使用できます。送電のロスがないため、無駄なく電気が使え、効率的といえます。

加えて、発電時には水素を使うため、二酸化炭素の排出がないため、非常に環境に優しいという特徴もあります。(都市ガスLPガス(プロパンガス)から水素を取り出す家庭では二酸化炭素は排出されます。)

エネファームの主なメリット

  1. 発電した電力を家庭ですぐに使用できる
  2. 自宅で発電するため送電ロスがない
  3. 発電時に騒音が無い
  4. 発電時に二酸化炭素や有毒ガスが出ない
  5. コージェネレーション機能があるため、発電時の排熱を有効利用できる。(お湯がつくれる)
  6. ガス会社によっては、エネファーム専用ガス料金メニューを用意しているので、ガス料金の割引を受けられることもある
  7. 給湯時の発電によって家庭で使用する4~6割程度の電力量をまかなえるため、電気料金が安くなる

エネファームのデメリット

効率がよく、省エネ型で電気代節約ができ、しかも環境に優しいと、いいこと尽くめに見えるエネファームですが、もちろんデメリットもあります。詳しく見ていきましょう。

エネファームのメリット・デメリットについて

エネファームのデメリットは?エネファームは太陽発電のように売電することはできない。

エネファームの主なデメリット

  1. 発電時の排熱でお湯を温めるシステムであるため、貯湯タンク設置のためかなりスペースが必要
  2. エネファームの導入コストが高い
  3. 補助金制度を利用しても、それでもまだ価格が高い(補助金を受けても初期費用は約200万円かかる)
  4. 太陽光発電と同様に自家発電だが、太陽光発電エネルギーと異なり、発電した電力を電力会社へ売電することができない
  5. 太陽光は無料だが、エネファームにはガス(都市ガス・LPガス)が必要。ガス代はかかる。
  6. 停電時に発電できない。(停電時に発電できる機種も増えている。)
  7. ガスが止まってしまったら発電できない。
  8. お湯が十分にあると発電してくれない。(給湯が主で発電は副次的なものなので、お湯ができすぎる。)

家庭用ではなく産業用が低コスト化を牽引した太陽光発電パネル日本国内メーカーは太陽光発電パネル製造の研究開発に先んじ、老舗として世界をリードしていました。しかし、日本のメーカーが家庭用向けパネルの製造普及に力を注いでいる間に、欧米などでは家庭用ではなく大規模な事業用メガソーラーへの設備投資を急増させました。この流れにいち早く対応した米国や中国の太陽光発電パネルの新興メーカーは、競うように事業用メガソーラーに向けて大量の製品を供給するようになり、結果として、同パネルの低コスト化が進行。その恩恵を受けて家庭用の市場も立ち上がっていくという好循環が生じました。こうして技術的には先んじていたはずの日本メーカーは、国外の新興メーカーに追い抜かれてしまいました。このような先例から、海外メーカーの安価なエネファームが日本市場に登場することも考えられます。海外勢によるエネファームの製造・販売が活性化すれば、エネファームの価格は下がり消費者にはありがたいですが、日本の産業には痛手となるかもしれませんね。

エネファームは買いか?

エネファームはエネルギー効率よく自宅近くで発電でき、クリーンで排熱利用も抜群、電気代の節減に大いに活躍してくれそうな機器です。

ただ、まだ機器そのものが高価なので、一般世帯が取り入れてもすぐに採算が取れそうにないと言うネックもかかえています。したがって、比較的大規模な一軒家世帯を除く一般世帯にとっては、まだ気軽に購入できる製品とは言えません。

とはいえ、今後技術開発がさらに進み、お手頃価格にまでエネファームの価格帯が下がれば、将来的には有望な機器といえます。今後の性能・価格の動きが注目されます。

更新日