You are here

関西電力 : 電気料金一覧・会社概要・連絡先

関西地方に電気を提供している大手電力会社、関西電力についてまとめました。関西電力で契約できる電気料金プランの一覧や各料金表の詳細、また会社概要や事業内容や沿革、関西電力の問い合わせ先などもこのページで確認できます。

関西電力

関西電力の電気料金プラン一覧

夜間割引=夜間割引料金あり季節料金=季節料金あり週末祝日料金=週末祝日料金あり時間帯料金=時間帯料金あり

関西電力の電気料金メニュー
主な電気料金
メニュー
概要
従量電灯A
  1. 電力小売自由化以前からあるスタンダードな電気料金メニューで、現在最も契約数の多いプランです。
  2. 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。
  3. 基本料金がないため契約アンペア数によって金額が変わることはなく、ただ最初の15kWhまでの最低料金があります。
従量電灯B
  1. 電力小売自由化以前からあるスタンダードな電気料金メニューで、主にお店用のプランです。
  2. 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。
  3. 契約するアンペア数によって金額が変わることはありません。
はぴeタイム
夜間割引季節料金週末祝日料金時間帯料金
  1. 夜23時から翌朝7時までおトクな夜間料金が適用されるピークシフトプランです。
  2. 土日祝日の日中は、割高なデイタイム料金がなく通常料金で過ごせます。
  3. 夏季(7-9月)とそれ以外で料金が分かれます。
  4. 夜型の生活のご家庭や、平日は家を空けることが多く、土日にまとめて家事をする、という家庭に向いています。
  5. デイタイムの料金はかなり割高です。
  6. 各月の契約電力は、その1月の最大使用電力と前11月の最大使用電力のうち、いずれか大きい値を採用する、いわゆるスマート契約になります。
eスマート10
夜間割引季節料金週末祝日料金時間帯料金
  1. 夜22時から翌朝8時までおトクな夜間料金が適用されるピークシフトプランです。
  2. 夏季(7-9月)とそれ以外で料金が分かれます。
  3. 夏の平日午後に電気を使うことがほとんどない、というご家庭に向いています。
  4. デイタイムの料金はかなり割高です。
  5. 各月の契約電力は、その1月の最大使用電力と前11月の最大使用電力のうち、いずれか大きい値を採用する、いわゆるスマート契約になります。
eおとくプラン
  1. 電気の使用量が比較的多い家庭向けの電気料金プランです。
  2. 関西電力の従量電灯Aを契約していて、毎月の電気使用量が300kWh以上の場合、電気料金がおトクになります。
  3. 基本料金を決める各月の契約電力は、その1月の最大使用電力と前11月の最大使用電力のうち、いずれか大きい値を採用。(スマート契約
  4. 電力量料金(1kWh:キロワットアワーあたりの料金単価)は、使用量に応じて2段階で変化します。
  5. 電力量料金は、時間帯や季節によって変わりません。
はぴeプラス(関東エリア)
  1. 契約電力(基本料金)は、その1月の最大使用電力と前11月の最大使用電力のうち、いずれか大きい値を採用する、いわゆるスマート契約になります。
  2. 電力量料金(1kWhあたりの料金)は、最初の300kWhまでと、それ以上の2段階設定です。
  3. 無料の会員制Webサービス「はぴeポイントクラブ」の各種サービスを利用する事で、「はぴeポイント」がたまります。
  4. 各月の契約電力は、その1月の最大使用電力と前11月の最大使用電力のうち、いずれか大きい値を採用する、いわゆるスマート契約になります。
時間帯別電灯
  1. 電力小売自由化以前からある夜間割引料金プランです。
  2. 23時から翌朝7時までおトクな夜間料金が適用されるプランです。
  3. 日中は電気をあまり使わず、夜型の生活をされているご家庭に向いています。
季時別電灯PS
  1. 電力小売自由化以前からあるピークシフトプランです。
  2. 23時から翌朝7時までおトクな夜間料金が適用されるピークシフトプランです。
  3. 夏季(7-9月)とそれ以外で料金が分かれます。
  4. デイタイムの料金はかなり割高です。

関西電力の従量電灯A・B

関西電力-従量電灯Aの特徴と料金

関西電力-従量電灯Aの料金

最低料金

関西電力-従量電灯A-最低料金(電力量15kWまで)(円・税込)
最低料金
 

電力量料金

関西電力-従量電灯A-電力量料金(円・税込)
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段
  -  kWh  
  -  kWh  
 kWh以上  

関西電力-従量電灯Bの特徴と料金

  • 契約容量が6kVA以上であり、かつ原則として50kVA未満。
  • この契約容量は、2世帯住宅や個人商店など、電気をたくさん使う利用者向け
  • 基本料金が契約kVA数ごとに異なる。
  • 使用量に応じて3段階で1kWh(キロワットアワー)あたりの料金単価が変わる。
  • 1kWhあたりの料金単価は時間帯や季節によって変わることはない。

関西電力-従量電灯Bの料金

基本料金

関西電力-従量電灯B-基本料金(円・税込)
契約kVA数 基本料金
1kVAあたり 388.80円

電力量料金

関西電力-従量電灯B-電力量料金(円・税込)
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段
  -  kWh  
  -  kWh  
 kWh以上  

関西電力のはぴeタイム

関西電力-はぴeタイムの特徴

  • 基本料金が利用kVA数ごとに異なる。
  • ナイトタイム→リビングタイム→デイタイムの順で、1kWhあたりの料金単価は高くなる。
  • 1kWhあたりの料金単価は使用量に関わらず一律。
  • 通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引、5時間通電機器割引がある。

関西電力-はぴeタイムの料金

基本料金

関西電力-はぴeタイム-基本料金(円・税込)
利用kVA数 単位 基本料金
最初の10kVA 1契約  
上記を超える場合 1kVAあたり  

電力量料金

関西電力-はぴeタイム-電力量料金(円・税込)
時間帯 1kWhあたりの値段

平日

  :00 -   :00、  :00 -   :00(リビングタイム)  

  :00 -   :00(デイタイム)

夏季(7月1日-9月30日)  
その他季  
  :00 -   :00(ナイトタイム)  
休日(土日祝日)   :00 -   :00(リビングタイム)  
  :00 -   :00(ナイトタイム)  0円

割引

関西電力-はぴeタイム-割引(円・税込)
割引名 1kVAあたりの割引額
通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引  
5時間通電機器割引  

関西電力のはぴeタイムはこんな人におすすめ

平日のピーク時間の電力量料金が割高になる一方で、夜間の料金単価が割安になる関西電力はぴeタイムは、以下のような方にオススメです。

  • 電気の使い方を無理なくシフトできる場合。
  • 電気を日中あまり使わない家庭。
  • 夜間に在宅していることが多い場合。
  • 夜間にまとめて家事を行っている場合。

関西電力のeスマート10

eスマート10の特徴

  • 夜10時から翌朝8時までおトクな夜間料金が適用されるピークシフトプランです。
  • 土日祝日の日中は、割高なデイタイム料金がなく通常料金で過ごせます。
  • 夏季(7-9月)とそれ以外で中間料金であるリビングタイム料金が分かれます。
  • 夜型の生活のご家庭や、平日は家を空けることが多く、土日にまとめて家事をする、という家庭に向いています。
  • デイタイムの料金はかなり割高です。
  • はぴeタイムとの違いは、ナイトタイムがはぴeタイムより長く、デイタイムの時間が短く、夏季とそれ以外で分かれるのはリビングタイム料金です。

関西電力のeスマート10の料金

基本料金

 
関西電力のeスマート10の基本料金(円・税込)
契約kW 料金単価
最初の10kWまで(1契約あたり) 1,188.00 円
10kWをこえる1kWにつき(1kVAあたり)   388.80円

電力量料金

関西電力のeスマート10の電力量料金(円・税込)
時間帯 1kWhあたりの値段
デイタイム(平日13時から16時まで)  
リビングタイム 夏季(7月1日から9月30日まで)  
その他の季節  
ナイトタイム(毎日22時から翌日8時まで)  
  • デイタイムは、毎年7月1日から9月30日の平日13時から16時までです。
  • リビングタイム(夏季)は、毎年7月1日から9月30日の平日8時から13時および16時から22時または休日扱い日の8時から22時までです。
  • リビングタイム(その他季)は、毎年1月1日から6月30日、毎年10月1日から12月31日の8時から22時までです。
  • ナイトタイムは、毎日22時から翌日8時までです。
  • ※休日扱い日とは、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、2月31日です。
  • ※まったく電気をご使用されない(1ヶ月のご使用量が0kWh)場合、基本料金は半額です。

関西電力のeおとくプラン

関西電力・eおとくプランの電気料金の特徴

  • 電気の使用量が比較的多い家庭向けの電気料金プラン
  • 関西電力の従量電灯Aを契約していて、毎月の電気使用量が300kWh以上の場合、電気料金がおトクになります。
  • 基本料金を決める各月の契約電力は、その1月の最大使用電力と前11月の最大使用電力のうち、いずれか大きい値を採用。(スマート契約
  • 電力量料金(1kWh:キロワットアワーあたりの料金単価)は、使用量に応じて2段階で変化。
  • 電力量料金は、時間帯や季節によって変わりません。

関西電力・eおとくプランの電気料金

基本料金

関西電力|eおとくプラン|基本料金(円・税込)
基本料金
最初の6kWまで(1契約)  
6kWをこえる1kWにつき 388.80円

電力量料金

関西電力|eおとくプラン|電力量料金(円・税込)
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段
最初の300kWh  
300kWh以上  

関西電力のはぴeプラス(関東エリア)

はぴeプラス(関東エリア)の特徴

  • 東京電力の従量電灯B・Cの契約でひと月あたりの電気のご使用量が300kWhを超えるお客さまにおすすめのメニューです。
  • 毎月の電気料金や使用量は、WEB会員サービス「はぴeみる電」を通じてのお知らせです。
  • 契約電力(基本料金)は、その1月の最大使用電力と前11月の最大使用電力のうち、いずれか大きい値を採用するスマート契約です。
  • 無料の会員制Webサービス「はぴeポイントクラブ」の各種サービスを利用する事で、「はぴeポイント」がたまります。
  • 貯まった「はぴeポイント」は、各種ポイントやプレゼントと交換できます。

関西電力・はぴeプラス(関東)の料金

関西電力・はぴeプラス(関東エリア)の料金(円・税込)
区分 単位 料金単価
基本料金 契約容量 最初の6kWまで ひと月1契約につき  
契約容量 6kWをこえる ひと月1kWにつき 388.80円
電力量料金 最初の300kWhまで 1kWhにつき  
300kWh超過分 1kWhにつき  

(注)各月の契約電力は、その1月の最大使用電力と前11月の最大使用電力のうち、いずれか大きい値を採用します。いわゆるスマート契約になります。

関西電力の会社概要

関西電力の会社概要
社名 関西電力株式会社
英訳名 Kansai Electric Power Company, Incorporated
(KEPCO)
本社所在地 〒530-8270 大阪市北区中之島3丁目6番16号
TEL:06-6441-8821(代表)
設立 1951年5月1日
事業内容 電気事業、熱供給事業、電気通信事業、ガス供給事業 等
資本金 4,893億円
発行済株式数 9億3,873万株
売上高

2兆6,144億円 (連結ベース 3兆0,113億円)

総資産額

5兆8,349億円 (連結ベース 6兆8,531億円)

従業員数

20,848名

販売電力量 電灯  418億kWh
電力  735億kWh
合計 1,152億kWh
電源構成 水力    138億kWh
火力    678億kWh
原子力     129億kWh
新エネルギー等 1億kWh
合計     945億kWh
最大電力 3,306万kW(発電端1日最大)(2001年8月2日)
販売電力量 1,152億kWh (2018年3月)
契約口数 1,381万口 (特定規模需要を除く(2017年3月))

(2018年3月31日現在)

沿革

関西電力は、太平洋戦争終結後、1950年11月24日に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が発令したポツダム政令を元に日本で電気事業再編成令と公益事業令が公布されたのを受けて、1951年5月1日に関西配電と日本発送電を再編する形で設立された電気事業者です。

保有発電施設は計164カ所あり、戦前まで近畿地方を拠点に全国展開していた大同電力、宇治川電気、日本電力、東邦電力の流れをくんで資産を継承している関係上、近畿地方以外の発電所などの設備を多く持っていることが特色として挙げられます。

また、発電能力と比べて実際の発電は原子力による比重が約55%と高いことも特徴です(現在、管轄下の原子力発電所は全て定期検査中で稼働していません)。

また、1995年(平成7年)の電気事業制度改革で電源調達入札制度が創設されてからは、独立系発電事業者(IPP)6社と供給契約を結んでおり、2001年以降は高経年で効率の低い小容量火力機の廃止も進めています。

その一方で、日本の電力会社によるものとしては初のメガソーラーによる堺太陽光発電所や、関西電力グループとして初の風力発電所である淡路風力発電所の運転を、それぞれ2011年9月、2012年12月に開始しています。

関西電力はさらに、日本の電力会社としていち早く、発電事業、コンサルティング事業の分野で海外進出を行っています。1998年、サンロケ水力プロジェクトに日本の電力会社として初の海外発電事業(IPP事業)として参画。

以来、その他の国へも活動を広げ、現在ではフィリピン、タイ、台湾、シンガポール、オース トラリアと5カ国6件の事業を展開中です。出資割合分の発電容量は約117万kWで、当該国における電気の安定供給の一翼を担っています。

関西電力の発電事業

関西電力は事業地域およびその周辺に火力発電、原子力発電太陽光発電風力発電などを活用した発電所を構えて発電事業を行っています。

  • 水力 … 138億kWh
  • 火力 … 678億kWh
  • 原子力 … 129億kWh
  • 新エネルギー等 … 1億kWh

合計:45億kWh

関西電力の発電事業内容
総出力 4,452万kW(2017年)
電源構成比 水力発電所 148箇所、823万kW(24%)
火力発電所 12箇所(計画中1カ所)、1,943万4,900kW(57%)
(関連会社経営の発電所を除く)
原子力発電所 3箇所、658万kW(19%)
新エネルギー 1箇所、1万kW(関連会社経営の発電所を除く)

関西電力では、新エネルギーに関して関西電力直営の堺太陽光発電所のほか、関連会社の関電エネルギー開発による風力発電所(総出力1.2万kW)と2太陽光発電所(合わせて3.168万kW)が、2012年12月~2015年10月間に運転を開始しています。

関西電力 - 問い合わせ連絡先

関西電力では料金プランの申し込みや各種問い合わせなどを、メール、電話、FAXにて受け付けています。

関西電力の電話番号は地域と用件ごとに異なります。関西電力:電話番号のページで該当エリアの電話番号を確認してから下記の受付時間内に連絡しましょう。

こんな時は関西電力に連絡を

カスタマーセンターの営業時間

関西電力コールセンターの受付時間(共通)営業所窓口の場合 月曜日〜金曜日(休祝日を除く) 9:00〜17:00
電話の場合 月曜日〜金曜日(休祝日を除く) 9:00~20:00

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。