You are here

太陽光発電で「氷のホテル」が年中無休に

今より安い電気料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

アイスホテルも太陽光発電を活用することに。

今年も暑い夏がやって来ました。
このまぶしい太陽の光で「氷のホテル」を運営する、という不思議なニュースが舞い込んできました。いったいどういう事でしょう?

太陽光発電と氷のホテルICEHOTEL

アイスホテルの入口です。

この「氷のホテル」、ちょうど、2014年にセレクトラのスタッフが訪問したので、現地直送の写真とともにニュースをお送りします。

この「氷のホテル(ICEHOTEL)」は、スウェーデン北部の北極圏内にある、ユッカスヤルヴィという小さな町にあります。
その名のとおり、全て氷と雪で作られたホテルです。(普通のホテル部分もあります。)
そのため、営業は冬のみで、オープンしてから26年間、近くのトルネ川が凍れば、氷によるホテルを建設し、春になって氷が解ければ営業を終了するということを繰り返してきました。

太陽光発電と氷のホテルICEHOTEL

ベッドの上にはトナカイの毛皮が

毎年新しく作るので、この「氷のホテル」は毎年違うデザイナー、彫刻家による全て違うデザインによる客室を制作しており、これも人気の理由のひとつです。

 さて、毎年春になると消滅していた「氷のホテル(ICEHOTEL)」が、夏も営業する計画を立てています。そのキーワードが、太陽光発電。「氷のホテル(ICEHOTEL))」では、新たに1200平方メートルの面積を持ち、20部屋のスイートルームを用意した新たな施設の建設を計画しています。この施設に太陽光発電設備を設置し、夏の間はこの電力を使って冷凍することで氷を維持するようにするそうです。さらに冬の間も、従来のアイスホテルと加えて、アイスホテルの大きさを3倍にすることができるという事です。

太陽光発電と氷のホテルICEHOTEL

夏はこのようになります。ICEHOTELのHPより

 どうして夏に氷を維持するだけの電力を生み出すことが可能なのかというと、その秘密は白夜です。白夜とは、北極や南極に近い地域で、夜になっても太陽が沈まない現象の事です。北極圏のユッカスヤルヴィにある「氷のホテル(ICEHOTEL)」では、年間で100日、太陽が沈まない日があるそうです。この白夜を生かして一日中太陽光発電設備で発電を続けることができるため、氷を冷やす電力を確保できるという仕組みです。なるほど、日が沈まないなら、24時間ずっと太陽光発電が可能ですね。

太陽光発電と氷のホテルICEHOTEL

壁もガラスも全て氷

さて、暑い夏にひんやりして頂けたでしょうか?

この新しいホテルは2016年12月のオープンを計画しているそうです。

北欧は地球儀で見ると、日本から一番近いヨーロッパです。セレクトラで節約した電気代で、「氷のホテル」の旅行を計画してみませんか?

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。