エネルギーの自由化とは?

今より安い電気料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

2016年に電力小売りが自由化され、2017年のガス自由化が近づいている日本。あらためて「エネルギーの自由化」についてわかりやすくまとめました。

エネルギーの自由化とは

2016年4月の電力自由化、そして一年後の2017年に予定されているガス自由化によって、日本のエネルギーシステムに大きな改革が訪れようとしています。

戦後、長年にわたって大手企業に独占されていた電力ガスエネルギー市場が自由化されるとは、具体的にどんなことなのでしょうか?

あらためて、エネルギー自由化についてイチから詳しくご紹介します。

エネルギーの自由化とは?

電気ガス自由化されることによって、エネルギー「創る(発電)」「送る(配電・送電)」「売る(小売)」「選ぶ」自由にできるようになります。

エネルギーを「創る」自由

自由化によって、電気ガスがうまれる上流で企業間の競争や連携が促進されます。燃料調達コストの抑制、地域の特色ある取り組みなども期待されます。

  • エネルギーを「創る」自由のメリット
  • 大規模発電所の建設
  • 液化天然ガス(LNG)基地の建設
  • 再生可能エネルギーなど、地域の資源を活かす発電施設の建設

エネルギーを「送る」自由

既存の電気送配電網ガス導管を、自由化で新規参入する事業者も公平に使用することができるようになります。

送配電網の運用は発電事業者や小売事業者とは別の会社とすることで、中立性を確保します。
都市ガスも、大手3社(東京ガス大阪ガス東邦ガス)の導管はガス製造事業者や小売事業者とは別の会社が運営します。

エネルギーを「売る」自由

自由化によって、電気ガスの小売事業者は地域に関わらず日本全国の需要家へサービスを提供できるようになります。

  • エネルギーを「売る」自由で新規参入が予想される業種
  • 電力小売会社
  • ガス小売会社
  • 携帯電話会社
  • インターネット接続会社
  • 住宅メーカー
  • 通販サービス
  • 家電量販店
  • グリーン電力(再生可能エネルギー)
  •  など

エネルギーを「選ぶ」自由

エネルギーを消費するわたしたちにとっては、電気ガスを自分のライフスタイルや志向、料金プランなどによって自由に選べるようになります!

どうしていまエネルギーの自由化?

経済産業省資源エネルギー庁によると、日本におけるエネルギー自由化は、これまで縦割りであった市場の垣根を取り払い総合的なエネルギー市場を創り上げることで、下記の2つの大きな目標実現を目指しています。

  • エネルギー自由化で日本が目指す目標
  • エネルギー市場を日本の成長を牽引する産業へ(革新的な技術の導入、異なるサービスの融合などのイノベーション創出)
  • エネルギー消費者利益のさらなる向上へ(エネルギー選択の自由拡大、料金の最大限抑制、安定供給と保安の確保など)

また、エネルギー分野別には、電気ガス自由化はそれぞれ下記のような目的を持って実施された、もしくは実地されようとしています。

電力小売り自由化の目的

 電気の安定供給の確保

 電気料金の最大限抑制

 電気利用の選択肢、企業の事業機会の拡大

ガス自由化の目的

 天然ガスの安定供給の確保

 ガス料金を最大限抑制

 利用メニューの多様化と事業機会拡大

 天然ガス利用方法の拡大

自由化後の日本のエネルギー市場予想

新規小売事業者による新たな割引サービス

電気ガス自由化により、新たにさまざまな業種から小売事業者エネルギー市場に多く参入しています。

小売電気事業者はすでに300社以上が登録しています。(2016年7月時点)

電力自由化後には、小売事業者によって下記のような新たなサービスがエネルギー市場に誕生しました。

  • エネルギーの自由化で生まれた新サービス
  • 電力ガス小売会社・・・電気ガスの同時契約による割引サービス
  • 携帯電話会社・・・携帯電話とのセット契約割引サービス
  • ガソリンスタンド・・・ポイント付加もしくはガソリンの割引サービス
  • 住宅メーカー・・・住宅購入顧客への割引サービス
  • 自然(再生可能)エネルギー・・・風力や太陽光、バイオマス(生物資源)などの自然界に常に存在するもので作られたエネルギー

最適な電気・ガス選びをサボートする比較検索サイトの誕生

エネルギーの自由化とは

電力小売市場の全面自由化も始まり、既存の大手電力会社も新しい電気料金プランを発表しました。さらに新しい電気小売り会社もたくさん登場し、今現在相当数の電気料金プランが存在しています。さらには、地域によって、契約できる電力会社も異なります。

そのため、まずどのような電力会社が自分の住んでいる地域にあるか把握するのも一苦労といえます。

また、電気料金の仕組み自体が複雑です。新電力の中にはシンプルなプランを提供しているのもありますが、従来の電気料金は構成が難解でユーザーフレンドリーとは言えません。

このように電気料金がたくさん存在し、しかもその計算方法が複雑となると、これら全て一人ひとりが自分で把握するのは、難しいでしょう。そんな時、電気料金の比較サイトはとても便利です。

  • たくさんある電力会社のサイトをいちいち訪問する手間が省ける。
  • 自分の住んでいるエリアの電力会社を自分で探さなくてもいいので楽。
  • 自分で電気料金を計算しなくてもいいのが便利。
  • 知らなかった電力会社や電気料金プランに出会える!

比較サイトで比較をし、アドバイスをもらった方が、より自分にあった電気料金プランを効率よく、簡単に見つけられるでしょう。セレクトラでは、電話での相談受付のサービスも行っています。どうぞ、おトクに賢く、セレクトラをご利用くださいね!

セレクトラ本社があるフランスのような電力自由化の先進国であるヨーロッパ諸国では、消費者が比較エンジンサイトを利用して電気ガスを選ぶのがすでにスタンダードとなっています。

その他に予想されるエネルギーの新サービス

その他にも、エネルギー自由化によって、電気ガスの「商品価値」を高めるために地域産エネルギー再生可能エネルギーの供給に取り組む事業者もたくさん誕生しました。

また、電力自由化のスタートで一気に加速しそうなのが、スマートメーターや顧客インターフェースなどのビッグデータを生かしたサービスです。ビッグデータを分析することで、エネルギー消費量の「見える化」を高度化したり、料金メニューを工夫したりして顧客向けサービスの満足度を高めます。

エネルギー消費の付加価値を上げていくサービスとしては、すでにイギリスなどで始まっている金融商品戦法も注目を集めています。前払いされた電気ガスの料金を運用に回し、例えば3%の利息を消費者に還元するという試みです。

これらの新サービスはいずれもエネルギー自由化で競争が激しくなるであろう小売事業者の顧客獲得の戦略として生まれてくおり、自由化によって今後ますますわたしたちエネルギー消費者にとって有益なサービスの登場が今後も期待できそうです。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。