You are here

今より安い電気料金を選ぶ方法

今より安い電気料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

電力自由化で注目度が高まっている電気料金。どのようにして今より安い電気料金を探せば良いでしょうか?分かりやすくステップごとに解説します!

電気料金の計算方法
  • 今より安い電気料金を探すなら、今契約している電気料金のプラン名をまず確認しよう。
  • 「基本料金/最低料金」と「電力量料金(円/kWh)」の2項目の料金をチェックします。

今契約している電気料金プランか確認

今より安い電気料金を選ぶ方法

まずは今より安い電気料金があるか調べてみませんか?電気代を節約できるかも。

電気料金を正しく比較するならば、まずは、今契約している電気料金がどのプランなのか確認をする必要があります。

契約プラン名は毎月届けられる「電気使用のお知らせ(検針票)」の用紙をみるか、オンラインで料金を確認している人はご自身のページにログインをして確認をしましょう。

ちなみに、最も一般的で契約数の多い電気料金は、どこの電力会社であっても「従量電灯」というプランですので、今契約されているプランは従量電灯という方が多いかと思われます。(従量電灯ってなに?どういう電気料金プラン?

もしご自宅がオール電化の場合は、オール電化向けの電気料金を契約しているかもしれません。

  • 今契約している電気料金プランは?検針票などをみてチェックしましょう。
  • 最もスタンダードな電気料金プランは従量電灯プランです。

電気料金の中身を知っておこう

今より安い電気料金を見つけるポイントとして、今契約している電気料金の中身を知っている必要があります。そうでなければ、何がどのように安くなるのかよく分からないでしょう。

契約数が多くて一般的な電気料金プランは従量電灯プランですので、この料金プランの中身を見てみましょう。

従量電灯プランは、基本的に、「基本料金(アンペア制)/最低料金」+「電力量料金(1kWhあたりの料金)」の2本の柱でできています。

ですので、電気料金を比べるなら、この2つの項目の料金を比べる必要があります。

  • 電気料金(従量電灯プラン)は、「基本料金(アンペア制)/最低料金」+「電力量料金(1kWhあたりの料金)」の2本の柱でできています。
  • 今より安い電気料金を探すなら、この2項目の電気料金を比較します。
従量電灯プラン
の内訳
関西電力中国電力四国電力 北海道電力東北電力東京電力
北陸電力中部電力九州電力
最低料金 基本料金(アンペア制)
電力量料金(円/kWh) 電力量料金(円/kWh)

電気料金にはこれに加えて燃料調整額」と「再生可能エネルギー発電促進賦課金」がかかります。「燃料調整額」は、新電力大手電力会社の燃料費調整額と同額を設定しています。

また「再生可能エネルギー発電促進賦課金」は税金のようなものですので、日本全国同じ値段です。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

実際に他の電力会社の電気料金の比べてみよう!

電気料金の中身が理解出来たら、さっそく電気料金を比較してみましょう。従量電灯プランには、最低料金制のところとアンペア制のところがあるのは上記の一覧表の通りです。

分りやすいように、それぞれ分けて電気料金を比べてみましょう。

最低料金制の場合:関西電力・中国電力・四国電力エリア

最低料金の場合は、一定の電気の使用量(kWh:キロワットアワー)までには、最低料金として料金がかかり、その以上の使用の場合は電気の使用(kWh:キロワットアワー)なら1kWhにつきいくらという形で電気料金がかかるタイプです。

関西電力の電気料金を例に実際にみてみましょう。中国電力エリア(中国電力より安い電気料金プランは?)も四国電力エリア(四国電力より安い電気料金プランは?)も同じ電気料金のしくみとなっています。

例えば、HISのでんき料金なら、最低料金も、電力量料金も関西電力の電気料金プランも一律で安くなってるのが分かります。
HISでんきの場合、大手電力会社より必ず5%安くなります。最低料金も、電力量料金もです。

Looopでんきに関しては、最低料金がなんとゼロ円です。1kWhあたりの料金も一種類しかなく、計算しやすく分かりやすいのが特徴です。

今より安い電気料金を比べる場合は、このように「最低料金」と「電力量料金」を比べる必要があります。実際にどれくらい安くなるかは、毎月の電力消費量にもよります。実際に計算をしてみるか、面倒ならシュミレーションが便利です。

 
今より安い電気料金は?- 関西エリア
  大阪ガス
関西電力
従量電灯プランA
HTBエナジー
HISのでんき
大阪たこやきプラン

Loooop るーぷでんき
Looopでんき
おうちプラン

最低料金 (15kWhまで)  円/月 (15kWhまで)  円/月 0円/月
電力量料金 15-120kWh  円/kWh 15-120kWh  円/kWh 電気の使用1kWh
につき
 円/kWh
120-300kWh  円/kWh 120-300kWh  円/kWh
300kWh以上  円/kWh 300kWh以上  円/kWh

続いて、アンペア制を採用している電力会社の電気料金を例に安い電気料金を探してみましょう。

アンペア制の場合:北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、九州電力エリア

東京電力を代表として、多くの電力会社がアンペア制を電気料金を採用しています。

アンペア制の場合は、アンペアを10Aから60Aの中うち必要な容量選びます。料金は選ぶアンペアによって異なります。(アンペア値が増えると、料金もUPします。)

従量料金(電力量料金)は消費電力量(kWh)に応じて三段階になっており、1kWhあたりの料金単価が設定されています。
アンペア制の電力会社で電気料金を契約しているならば、契約アンペア容量が低く、毎月の電気の使用量が少ない人ほど電気料金が低いということなります。

こちらでは、東京電力の従量電灯プランの電気料金と比べて、さらに安い電気料金がないか調べてみましょう。
アンペア制をとっている電力会社ならば、比較の方法は同じです。
北海道電力エリア(北海道電力より安い電気料金プランは?)、東北電力エリア(東北電力より安い電気料金は?)、北陸電力エリア(北陸電力より安い電気料金プランは?)、中部電力エリア(中部電力より安い電気料金は?)、九州電力エリア(九州電力より安い電気料金は?)でも「基本料金(アンペア制)」と「電力量料金(円/kWh)」を比べることで今より安い電気料金を探すことができますよ。

東京電力エリアの場合、HISの電気料金プランなら、10Aから20Aの契約がありませんが、東京電力よりも「基本料金」も「電力量料金」も安いことが分かります。
​HISでんきの場合、東京電力より必ず5%安くなります。最低料金も、電力量料金もです。

東京ガスは、料金表だけではどれだけ安くなるのか分かりにくいのですが、毎月の電気消費量が多い家庭なら、より電気料金が安くなり、かつ東京ガスのガスを契約している場合は270円の割引があるのが魅力的です。

実際にどれくらい安くなるかは、毎月の電力消費量にもよります。実際に計算をしてみるか、面倒なら電気料金比較シュミレーションが便利です。

                             
東京電力・従量電灯Bとの料金比較
契約アンペア数 基本料金
東京電力
従量電灯B

東京電力ホールディングス
HISのでんき
東京大江戸プラン

HTBエナジー
東京ガス
ずっとも電気1

東京ガス
10A   × ×
15A   × ×
20A   × ×
30A      
40A      
50A      
60A      
1kWhあたりの料金 電力量料金
東京電力
従量電灯B
HISのでんき
東京大江戸プラン
東京ガス
ずっとも電気1
最初の120kWhまで     (最初の140kWhまで)
 
120-300kWh以上     (140-350kWh)
 
300kWh以上     (350kWh以上)
 

今より安い電気料金を選ぶ方法 - まとめ

今より安い電気料金をみつけるならば、まずは今契約している電気料金プランが何かをまず確認してみましょう。

もし今契約している電気料金プランが、契約数の多いスタンダードな従量電灯プランなら、多くの新電力がそれにならった料金プランを提供していますので電気料金の比較は簡単です。

電気料金の2本柱は「基本料金/最低料金」と「電力量料金(kWhあたりの料金)」ですので、この2つの項目の料金を今契約しているプランと比較をすることで、安いかどうかがわかります。

新電力の中には、基本料金がゼロ円(Looopでんき)のものや電力量料金の3段階の区切りが大手電力と違うもの(大阪ガス、東京ガス)もありますので、その場合はシュミレーションを使って計算するのが楽でしょう。

もし、よくわからない、本当に今より電気料金が安くなるのか心配!という方がいましたら電気料金比較のプロのセレクトラにお気軽にお問合せくださいね!

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。