インターネット回線徹底解説・フレッツ光!NTT東日本

ベストなプランを提案します。今より安いインターネット料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

光回線がよくわからなくても、フレッツ光という言葉は聞いたことがありませんか?光回線といえば、フレッツ光!ともいえるほどの最大手の回線業者であり、少し前まで光回線を独占していたNTTの東日本について解説します。

インターネット回線徹底解説・フレッツ光!NTT東日本
  • フレッツ光を提供しているのは、NTT東日本です。
  • NTT東日本は元々は国の経営する公社で現在でも国が1/3を出資しています。
  • 日本全国に光回線を敷設し、フレッツ光という光回線サービスを提供しています。

フレッツ光のNTT東日本ってどんな会社?

フレッツ光を提供しているのは、NTT東日本です。東日本、と名前についている事から想像がつくように、もう一つ、NTT西日本という会社もあります。

どちらも同じ、NTTグループの一企業です。NTTの正式名称は、日本電信電話株式会社と言います。

フレッツ光のNTT東日本ってどんな会社?

フレッツ光を提供するのは、NTT東日本。おなじみ、NTT東日本のロゴマーク。

NTTは、元国営で現在も国の出資を受けている、日本の通信事業の最大手です。日本の通信事業を引っ張ってきた会社です。

その歴史は明治時代にスタートし、第二次世界大戦後に日本電信電話公社という公社になりました。その後1985年に民営化されました。この民営化の時点までは、日本電信電話公社が電話や通信業務を独占していました。

NTTは東日本と西日本と、東西に分かれてその事業を継承し、電話回線の維持や通信事業などを行っています。

また元公社で国の出資を受けている事もあり、日本のIPネットワークを構築したり、国策として光回線ケーブルを日本全国に敷設したり、インフラの発達に深く関わっています。

そう、光回線ケーブルを日本全国に張り巡らせたのは、NTTなのです。(国策なので、公的資金の援助は受けています。)

NTT東日本と西日本はこの光回線ケーブルを使って、独占に近い形で光通信を提供していましたが、2015年2月から、希望する全ての事業者へ卸売りするサービスを始めました。これが、光コラボと呼ばれるものです。

NTT東日本の営業エリア

NTT東日本の営業エリアは、文字通り、東日本が中心です。以下の17都道県になります。

NTT東日本の営業エリア北海道地方:北海道
東北地方:青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
関東地方:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県
信越地方:長野県、新潟県

あれ?と思われた方もいるかもしれません。静岡県、山梨県などの東海地方は、東日本にありますがNTT東日本の管轄ではありません。

フレッツ光とは?

フレッツ光!とは?

フレッツ光!は、NTT東日本が敷設した光回線でのサービスです。

インターネット回線といえばフレッツ光!と思っている方も多いのではないでしょうか?

現在、光回線の代名詞のようなNTT東日本の「フレッツ光」ですが、いったいどのようなものなのでしょうか。

フレッツとは、英語のように感じますが、実は「F」+「LET'S」 を合わせてNTTが作った単語、造語です。

どのようなものかというと、NTT(東日本も西日本も)が提供する光ブロードバンド(光ファイバーやADSLなど、高速回線を利用したインターネット接続のこと)サービスの事を言います。

NTT東日本では、「フレッツ 光ライト」「フレッツ 光ネクスト」と「Bフレッツ」の3つが、フレッツ光と呼ばれています。

フレッツ光!NTT東日本の評判・口コミは?

インターネット回線、NTT東日本、フレッツ光の評判はどうでしょうか?

口コミサイトを覗いてみると、金額が高い!、夜間遅くなる、サービスは丁寧、という口コミが多かったです。

さすがのNTTのサービスなのか、回線が使えなくなる、というような致命的なトラブルはほとんどないようです。