You are here

暖房費の比較:プロパンガス vs 灯油 - ガスファンヒーター

今より安いLPガス料金を探してみませんか?LPガスの一括見積り(無料)なら050-3196-9297までお気軽にお電話ください!受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

LPガス灯油、どちらの方が暖房費を安く抑えられるか比較してみました。LPガスと灯油を熱源とする暖房器具の代表格、寒い冬に部屋全体を早くパワフルに温めてくれるファンヒーターのコストパフォーマンスを検証してみます。

暖房費の比較:LPガス vs 灯油
  • ファンヒーターは、すぐに部屋が温まるという大きなメリットが!
  • 1カ月(平日6時間、週末12時間使用の場合)でそれぞれ計算してみました。

ガスファンヒーターのランニングコスト

ガスファンヒーターは大きく分けて20号、35号、50号の3種類あります。いずれも統一規格であるため、メーカーなどが違ってもガス消費量は基本的には変わりません。

中型の35号のガスファンヒーターで10畳程度の居間を暖房した時のランニングコストを計算してみましょう。

ガスファンヒーターの種類
規格 木造建て コンクリ造 ガス消費量 消費電力
(リンナイ/ノーリツ)
20号(小型) 6~7畳 9畳 2.44kW/h (2,100kcal/h) 31W / 13W
35型(中型) 11畳 15畳 4.07kW/h (3,500kcal/h) 26W / 17W
50型(大型) 15畳 21畳 5.81kW/h (5,000kcal/h) 29W / 20W
ガスファンヒーターのコストを実際に計算
暖房費の比較:LPガス vs 灯油

暖房費の比較!パワフルな暖房が期待できるガスファンヒーター。

中型の35号のガス消費量が4.07kW/h(3,500kcal/h)ですので、これをLPガス(プロパンガス)の1㎥当たりの熱量(24,000kcal)で割ると、0.146㎥となります。

すなわち1時間あたりのガス使用量は0.146㎥、1日6時間使用したら0.876㎥、12時間使用すると1.75㎥となります。

週日に6時間、週末に12時間暖房したとすると、LPガスの消費量は、1週間で7.88㎥、1カ月で約33~35㎥となります。

この使用量をLPガス(プロパンガス)の単価に掛けるとおおよその料金が割り出せますが、LPガス料金は自由料金制であるため、契約しているLPガス販売会社の単価によって上下することになります。

ここでは便宜上、ガス事業便覧、石油情報センターHPが出している地域ごとのLPガス従量料金平均の平均値、314.24円/㎥をもとに、ガスファンヒーターにかかるLPガス代算出してみます。

LPガス用ガスファンヒーターのガス料金
使用時間 ガス使用量 ガス料金
1時間 0.146㎥ 45.88円
6時間 0.876㎥ 275.27円
12時間 1.75㎥ 549.92円
1カ月(平日6時間、週末12時間使用の場合) 34㎥ 約10,684円

冬場に毎日使用した場合、ファンヒーターによるLPガス代は1万円を超えることが分かります。しかも、少量とはいえ、ガスファンヒーターは電力も消費します。

1時間に数円とはいえ、1シーズンにすると数千円になりますので、無視できません。最近はエコ運転機能がついたガスファンヒーターもかなり出てきていますので、もう少し節約できるかも知れません。

都市ガス用とLPガス用のガスファンヒータは似て非なるもの
一口にガスファンヒーターと言っても、都市ガス用とLPガス用では仕様が異なります。
都市ガスとLPガス(プロパンガス)とでは標準燃料圧力が違うためです。使用する際はどちらのガス用のファンヒーターか確認してからにしましょう。上に挙げたデータはLPガス用ファンヒーターのものです。(都市ガスとLPガスの違い

石油ファンヒーターのランニングコスト

石油ファンヒーターはLPガス(プロパンガス)用ガスファンヒーターよりも製造メーカー数も種類も豊富ですが、ガスファンヒーターの仕様とほぼ同格の大中小のモデルを挙げると以下のようになります。

石油ファンヒーターの種類
種類 木造建て コンクリ造 暖房出力 電力消費量
(燃焼時)
灯油消費量
弱燃焼時(強燃焼時)
小型 6~7畳 9畳 3.60~1.02kW 21 / 20W 0.350リットル/h / 0.099㍑/h
中型 9畳 12畳 4.25~1.02kW 22 / 20W 0.413リットル/h / 0.099㍑/h
大型 15畳 20畳 5.25~1.41kW 25 / 23W 0.510リットル/h / 0.137㍑/h

中型モデル(タンク容量7.2㍑級)で、ランニングコストを試算してみましょう。

暖房費の比較:LPガス vs 灯油

石油ファンヒーター。暖房費用をチェックしてみましょう!

まず消費電力量ですが、点火時に320~390W程度の電力を消費しますが、短時間です。また、暖房開始時は多くの電力を使いますが、ある程度室温が上がったらセーブ運転となる機種が増えています。

料金単価東京電力の従量電灯Bの第二段階料金25.91円/kWhとして計算すると、1時間0.57円程度となります。点火時の消費電力を入れても、ごくわずかであることが分かります(メーカーによっては消費電力がここにあげている計算値よりもかなり高くなるものもあります)。

しかし、石油ファンヒーターの燃料はなんといっても灯油です。給油タンク7.2リットル分1回で最大126時間運転できると謳っているメーカーもあるようですが、中型の場合、弱燃焼時で約0.1㍑、強燃焼時で約0.41リットルの灯油が必要となります。真冬にフル回転させるときなどは、何日かに1度は給油が必要となりそうです。

2016年1月現在の灯油価格は1リットル当たり約65円ですので(経済産業省の最新データによる)、石油ファンヒーターによる1時間当たりの暖房代は常に強燃焼で暖房したら27円程度となります。週日に6時間使用したら162円、週末に12時間暖房したとすると324円。1カ月にすると5832円となります。実際には低燃焼時の時間がありますので、もっと安くなる可能性は大です。ただし、これは灯油価格が現状のままである場合です。

LPガスと灯油、どちらがおトクか?

暖房費の比較:LPガス vs 灯油

石油の値段の移り変わり(総務省統計局の資料より転載)

LPガス(プロパンガス)のファンヒーターと石油ファンヒーターでは、コスト的には石油ファンヒーターの方が割安感があります。

ただ、LPガスは契約する会社によって単価がかなり違ってきますし、灯油価格は常に上下しています。灯油に関しては、1リットル当たり130円をゆうに超えていたこともそう昔のことではありません。

購入・利用の際には、いずれもランニングコストが原燃料価格に大きく左右される暖房機器であることを踏まえておきましょう。

コスト面以外にも、選ぶ際に考慮すべきメリット、デメリットがあります。以下がその例です。

ガスファンヒーターと石油ファンヒーターのメリットとデメリット
種類 メリット デメリット
LPガス用ガスファンヒーター
  1. 暖房力がパワフル。
  2. 給油の必要が無い。
  1. コスト的に割高。
  2. 設置場所にガス栓が必要で自由に移動させられない。
石油ファン
ヒーター
  1. 暖房力がパワフル。
  2. 必要な場所に移動させて使用できる。
  1. 定期的に給油する必要がある。
  2. ランニングコストが灯油価格の変動に大きく左右される。

LPガスと灯油、それぞれの特徴を把握しつつ、家の作りや住んでいる地域の気候などと相談しつつ、最適な暖房機器を選びたいものです。

LPガスのお見積もりをご希望のお客様

お引越しでLP(プロパン)ガスの契約が必要、我が家のLPガス料金もしかして高い?と思ったら

LPガス料金の一括見積りサービス(無料)を利用して料金を比較してみませんか?

信頼できる販売店から簡単に見積もりをとることができます。今より安いLPガス料金がみつかるかもしれません。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

「enepi(エネピ)」のページへ移動します。「プロパンガス料金見積もりサービスについての注意点」を確認の上、ご利用ください。

セレクトラ・ジャパンでは、エネルギー市場にまつわる有益な情報をウェブ上で提供しています。
ご不明な点があれば、ガス料金のプロ、セレクトラまでお問合せください!