You are here

簡単、手軽にできる電気代節約方法

今より安い電気料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

電気代が高い!とお困りではありませんか?簡単、手軽に実践できる節約方法はたくさんあります。めんどくさがりなアナタでも、今すぐできる簡単な電気代の節約方法をご紹介します!

簡単、手軽にできる電気代節約方法
  • 節電する!電気をこまめに消したり、家電の使用方法を工夫する事で電気代を節約できます。
  • 省エネ家電に買い替える!初期費用はかかりますが、電気代は安くなります。
  • 契約アンペアを変更したり、電気料金プランを変える!が、一番カンタンで効果的!

まずはこまめに電気を消す

簡単、手軽にできる電気代節約方法

電気代の節約の第一歩は、こまめに電気を消す事から

よく耳にする「電気はこまめに消しましょう」という言葉、電気代節約のためにぜひ実行しましょう。

照明の消費電力はさほど高くありませんが、長時間使用している、使用している数が多いという理由から、電気の冷蔵庫やエアコンに次いで、照明は家庭内での電気消費量(キロワットアワー:kWh)の多い電化製品です。

電球を消費電力の低いLEDに付け替えることはもちろん節約につながりますが、それが今すぐできないという方でもこまめにスイッチを切ることで着実に電気代を節約することが可能です。

照明以外にも、テレビやエアコンも同じです。見ない時、使わない時はこまめに消しましょう。

電化製品は使用していない間も待機電力を消費するので、使わない電化製品はコンセントから抜いておくようにしましょう。

ついつい忘れがちですが、「電気をこまめに消す」はお手軽・簡単な電気代節約方法の王道です。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

主な家電製品の節電のポイントを知って節約に活かす

「こまめに電気を消す」以外にも、電化製品ごとに節電のポイントというのはあります。
ポイントを押さえれば、お手軽・簡単に電気代を節約できます

それでは、家庭内での電力消費量が多い家電別に、効果的な節電のポイントを見ていきましょう
(※ 以下に挙げる省エネ効果の数値は資源エネルギー庁の資料を元にしています)。

冷蔵庫

まず、家庭内で最も電気消費量が多い冷蔵庫は、四六時中作動させていなければ意味が無いので、節電のしようがないかのように見える電化製品のひとつです。しかし、24時間運転中であるからこそ、ちょっとした工夫で節電効果がかなり期待できるものです。以下に、節電のコツをまとめてみました。

簡単、手軽にできる電気代節約方法

工夫次第で節電できる冷蔵庫

  • 設定温度を適切なものにする → 設定温度を「強」から「弱」にするだけで年間61.72kWhの省エネとなります(周囲温度22C°で計算)。
  • 壁から適切な間隔を置いて設置する → 冷蔵庫は庫外との温度差によって効率良く冷えるため、両側と上部が壁に接している場合と片側のみが接している場合とでは年間で45.08kWhの違いが生まれます。
  • 冷蔵庫内にものを詰め込み過ぎないようにする → 庫内スペースを満杯にした場合と半分にした場合とでは、年間に43.84kWhの差が生まれます。
  • 無駄な開閉をしないようにする → ドアの開閉によって内部の温度が上がるのを防ぐことで省エネ効果が生まれます。
  • ドアを開けている時間を短くする → ドアを開けている時間が20病の場合と10病の場合では、年間で6.10kWhの違いが生まれます。

照明器具

冷蔵庫の次に電力消費量が多い照明器具は、必要もないのにつけている電灯をこまめに消すことである程度の節電は出来そうですが、それ以外にも、以下のような工夫でかなりの節約が可能です。

簡単、手軽にできる電気代節約方法

照明をLEDにすると、ぐっと電気代の節約になります。

  • 白熱電球から電球形蛍光ランプやLEDランプに取り替える → 54Wの白熱電球から12Wの電球形蛍光ランプもしくはLEDランプに交換するだけで年間84.00kWhの省エネ効果が得られます。
  • インバーター式器具を利用する → 家庭に届く電気の周波数を目的に合わせて変換するため、省エネ効果があります。
  • 不必要な部屋の照明はこまめに消し、点灯時間を短くする → 節電の王道ですが、なかなか習慣化するのは難しいことです。しかし、常日頃からの習慣によって白熱電球だと年間19.71kWh、蛍光ランプだと4.8kWhの省エネになります。

エアコン

夏季のエアコンによる電力消費量が非常に大きな割合を示すことからも明らかなように、冷暖房によるエネルギー消費の比重はとても大きいため、節電努力は欠かせません。少しでもエアコンによる電力消費と電気代を減らせるよう、以下のことを実行してみましょう。

簡単、手軽にできる電気代節約方法

エアコンの節電は、温度設定が重要!

  • 冬の暖房時の室温は20C°、冷房時は28C°を目安に温度設定する → 前者の場合は年間50.08kWh、後者の場合は年間30.24kWhの省エネが期待できます。
  • 暖房も冷房も必要な時だけつけるようにする → 不必要なエアコン消費を減らすだけで、暖房では年間40.73kWh、冷房では18.78kWhの省エネ効果があります。
  • カーテンを使用したりドアの開閉を減らすことで室内温度を安定させる
  • 扇風機を併用して空気を循環させる → 暖房時はより暖かく、冷房時はより涼しくかんじることが出来ます。
  • エアコンのフィルターを月に1~2回は掃除する → 年間で31.95kWhの省エネが期待できます。

テレビ

誰も見ていないのにいつもテレビがつけっぱなしになっていることはありませんか? 資源エネルギー庁の統計からも分かるように、テレビは家庭での電力消費量の9%近くを占めます。テレビによるムダな電力消費を少しでも減らすことは電気料金節約のために重要です。つけっぱなしを止めること以外にも、以下のような工夫によってテレビにるかかる電気代は軽減できます。

簡単、手軽にできる電気代節約方法

電気代節約には、こまめに消すのが重要です。

  • 画面の明るさを調整する → 32型液晶テレビの画面最大輝度を最大から中にするだけで、年間27.10kWhの、42型プラズマテレビの場合は151.93kWhの省エネとなります。
  • テレビ画面はマメに掃除する → 静電気で誇りを寄せ付けやすいので、画面を掃除するだけで画面の明るさアップにつながります。
  • テレビを消すときは主電源をOFFにする → リモコン待ち状態でも電力は消費されます。
  • 見ない時は消す → 液晶テレビで年間16.76kWhの、プラズマテレビでは56.58kWhの省エネになります。

また、電化製品の消費電力を知ることで節電に関する意識が高まり、電気代の節約につながりますので、興味ある方はぜひ読んでみてください。

省エネ家電を選んで電気代を減らそう

簡単、手軽にできる電気代節約方法

地球にもお財布にも優しい省エネ家電を選びましょう

家庭で、こまめな節電を実行することは電気料金の節約に有効ですが、電化製品そのものを省エネ効果の高い機器に買い換えることも、ひとつの手段です。

省エネ家電を選ぶ時に基準となるのが、「省エネルギーラベリング制度」です。

これは家庭で使われる電化製品について、国の省エネルギー基準を達成しているかどうかをラベルに表示するもので、省エネ基準を達成した電化製品には緑色のマーク達成していない電化製品にはオレンジ色のマークが表示されます。

緑色のマークで、省エネ基準達成率の数字が大きいほど、省エネ性能がすぐれた電化製品となり、オレンジ色ラベルで省エネ基準達成率が低いほど省エネレベルは低い製品となります。

また、「統一省エネルギーラベル」は小売店などの店頭で、エアコン、テレビ、電気冷蔵庫、照明器具、電気便座について、各機器の省エネ基準達成率を「★」の数で表示していますので、選ぶ際に参考にすると、電気料金の節約となります。

契約アンペアを変更して電気代を節約

電気代が高いのは、契約アンペアが合っていないかもしれません。契約アンペアを変更することで電気料金の節約ができるかもしれません。

例えば東京電力の従量電灯Bプランで契約している場合、30Aの基本料金が842.40円なのに対して60Aの契約だと1684.80円と、2倍の差があります。
自分の家庭が使う電力の量を把握して、適切な契約アンペア数を選びましょう。

このように、使う電気の量に応じて契約アンペア数を見直すことも、簡単、手軽に実践できる節約方法のひとつです。

電気料金プランを見直して、カンタン節約!

さて、ここまではクラッシックな電気料金の節約方法をおさらいしてきましたが、より簡単に効果的に電気代を節約する方法があります。

簡単、手軽にできる電気代節約方法

電気料金プランの見直しは簡単で節約に効果的!

それは電気料金プランの切り替えです。

あなたは今、どこの電力会社とどんな電気の料金プランを契約しているかご存じですか?

電力会社は地元の大手ので、電気料金プランはなんだっけ?というアナタ、電気料金プランを見直す事で電気料金が節約できますよ。

電気契約にも様々なプランがあるのをご存知でしょうか。例えば夜に電気代が安くなるプランや土日に安くなるプランもあります。(契約できる電気料金プランはお住まいの地域により異なります。)

自分のライフスタイルに合ったプランを選べばそれだけで電気代の節約になります。

電力自由化によって電力会社自体も選べるようになりました。 たくさんの電力会社を比較・検討してお得な電力会社を探して実際に電気料金プランを切り替えるのは、簡単、手軽に実践できる電気代の節約方法です。

ちなみに、 今回ご紹介した節約方法の他にも、お得な節約術はあります。電気代節約方法の決定版も読んでみてくださいね!

  • 簡単、手軽にできる電気代の節約ポイント
  • まずは、こまめに電気を消す!節電の、王道です。
  • おうちの電化製品の使用方法を工夫する事で電気代を節約できます!
  • 省エネ家電に買い替える!初期費用はかかりますが、電気代は安くなります。
  • 契約アンペアを確認して、場合によっては変更する。
  • 電気料金プランを変える!一番カンタン!
 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。