You are here

東京ガスの電気料金プラン、ずっとも電気が値下げ!

東京ガスへの電気申込や引っ越しの電気の切り替えはこちらから050-3085-0032までお気軽にお電話ください!受付時間:月曜日-金曜日(9:00 - 13:00)

東京ガスが、当初発表していた「ずっとも電気」の料金値下げを発表しました。どれくらい値下がりしたのか、また、ライバル東京電力の新料金とくらべておトクになったのかどうか、調べてみました。

東京ガスの電気料金プラン、ずっとも電気が値下げ!
 

東京ガスは、昨年12月24日に先陣を切って、今年4月からの電力小売り全面自由化後の電気料金を発表してましたが、その後次々に発表された他社の新料金が予想以上に競争力あるものであったため、これに対抗すべく、早くも2月1日に値下げすることを公表しました。料金改定対象は、一般家庭向け電気料金メニュー「ずっとも電気1」と、家庭・商店向けメニュー「ずっとも電気2」です。共用部の動力使用向け「ずっとも電気3」の料金改定はありません。新料金の特徴は以下のようなものです。

東京ガスの新料金の特徴

  • 基本料金東京電力従量電灯スタンダードプランS同レベルまで引き下げ
  • 電力量料金の3段階料金の第2段階と第3段階の単価をさらに安く設定。
  • 電力量料金の3段階料金単価東京電力より4円以上安く設定。
  • 電気料金メニュー(付帯メニュー)を新設し、ポイントサービスも拡充。
  • 東京電力従量電灯B/Cプランで月に約1万円利用している需要家は、年間約8500円お得に
  • すでに事前契約している人にも改定料金で電力を提供。
  • 電気使用量の少ない家庭にとってのお得感は、改定前と同じく無し。
ムッシュセレクトラ
ここに注目!

何がどれくらい下がったか?

料金面での「お得」感、安全面での「安心」感、サービス面での「簡単・便利」感を謳って、「ずっとも電気」の料金をいち早く発表していた東京ガスでしたが、ライバルの料金設定はさらに安かったため、これに引けをとらないレベルにまで値下げされました。一般家庭向けの「ずっとも電気1」では、基本料金をアンペア数により65~130円弱値下げし、東京電力従量電灯BスタンダードプランSと同額にしています。電力量料金では、140kWhまでの第1段階料金が据え置かれる一方で、第2段階料金は0.44円第3段階料金では3.19円も引き下げられました。

「ずっとも電気1」の基本料金(1カ月当たり/単位・円)
契約アンペア 30A 40A 50A 60A
昨年12月発表の料金 907.20 1,209.60 1,512.00 1,814.40
2月1日発表の改定料金 842.40 1,123.20 1,404.00 1,684.80
値下がり幅 64.80 86.40 108.00 129.60

 

「ずっとも電気1」の電力量料金(単位・円)
料金単価 第1段階料金
140kWhまで
第2段階料金
140kWh超
350kWhまで
第3段階料金
350kWh超
昨年12月発表の料金 23.24 23.89 29.12
2月1日発表の改定料金 23.24 23,45 25.93
値下がり幅 0.00 0.44 3.19

東京電力の新料金メニューと比較

東京ガスの「ずっとも電気」料金値下げは、最強のライバル東京電力の新料金メニューの発表抜きには語れません。12月発表の「ずっとも電気」料金は、主として東京電力の従量電灯Bと比較した場合を意識した設定となっていましたが、今回の値下げは東京電力の新料金メニューも意識したものになっています。東京電力の新メニュー中、従量電灯プランと同様に基本料金は契約するアンペア数(10Aから60A)によって変わる点で、東京ガスの「ずっとも電気1」にもっとも類似する「スタンダードプランS」と料金を比較してみましょう。

基本料金

ずっとも電気1」の基本料金は、当初、東京電力よりわずかながら高めに設定されていましたが、改定料金では東京電力の従量電灯およびスタンダードプランSと全く同じ金額になりました。ただし、東京ガスの「ずっとも電気1」は料金改定前も改定後も30アンペア未満の契約はありませんので、10~20アンペア契約の需要家は対象外となります。

東京電力の従量電灯B/スタンダードプランSと、東京ガスのずっとも電気1の基本料金比較(円・税込)
契約アンペア数 東京電力
従量電灯B
東京電力
スタンダード
プランS
東京ガス
ずっとも電気1
新料金
10A 280.80 280.80 該当サービス無し
15A 421.20 421.20 該当サービス無し
20A 561.60 561.60 該当サービス無し
30A 842.40 842.40 842.40
40A 1,123.20 1,123.20 1,123.20
50A 1,404.00 1,404.00 1,404.00
60A 1,684.80 1,684.80 1,684.80

電力量料金

電力量料金では、すでに改定前から第1~第3段階料金の区分が東京ガスと東京電力の間で異なっていたため、単純比較はしにくいものがありましたが、東京電力のスタンダードプランSは、第1・第2段階料金を区分せず、最初の300kWhと300kWh以上の2区分となっているため、比較はさらに微妙なものになると言えます。

とはいえ、次の点は料金メニューを吟味する際に、おさえておく必要はあるかと思われます。

  • 電力量料金単価のチェックポイント
  • 改定後の「ずっとも電気1」の第3段階料金(350kWh超)は、東京電力の従量電灯Bの第3段階料金(300kWh超)よりも料金単価が4円、スタンダードプランだと4.09円も割安
  • 第1段階料金に関しては、「ずっとも電気1」料金改定後も、依然として東京電力の従量電灯Bの方より3.81円割高
  • 東京電力のスタンダードプランSの最初の300kWhまでの料金単価(23.40円)は、改定後の「ずっとも電気1」の第1(最初の140kWhまで)、第2段階(140kWh超350kWhまで)料金の平均単価(23.25円)よりわずかながら高い。

基本料金が東京ガスも東京電力も全く同額に設定されているため、これらの電力量料金単価の微妙な差がどれくらいのコスト差を生み出すか、毎月の電気使用量とにらめっこしながら吟味してみる必要がありそうです。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

東京電力の従量電灯B・スタンダードプランSと、東京ガスのずっとも電気1の電力量料金比較
使用量 東京電力
従量電灯B
東京電力
スタンダード
プランS
使用量 東京ガス
ずっとも電気1
新料金
120kWhまで 19.43円 23.40円 140kWhまで 23.24円
120kWh超
300kWh
まで
25.91円 140kWh超
350kWhまで
23.45円
300kWh以上 29.93円 30.02円 350kWh以上 25.93円

最低月額料金

最低月額料金に関しては料金改定後もも変わらず、東京ガスの方が東京電力の2倍以上高いまま据え置かれています。

最低月額料金比較(円・税込)
東京電力
従量電灯B
東京電力
スタンダードプランS
東京ガス
ずっとも電気1
230.86円 231.55円 540.00円

誰にとってどれくらいお得になる?

ずっとも電気1が誰にとって検討に値するかをまとめてみると以下のようになります。

東京ガスの新料金を検討する際のポイント

  • 東京ガスをすでに利用していて、最低300kWh以上の電力消費量がある世帯はシュミレーションしてみる意味あり。
  • 電力使用量が350kWhを超える世帯にとっては検討の価値あり。
  • 月あたりの電力使用量が300kWh未満の世帯には不向き。
  • オール電化世帯は、その他の電力会社の料金メニューと比較検討してみる必要あり。

昨年12月末に東京ガスが「ずっとも電気」の料金を発表した際、東京都内の一戸建て住宅で3人暮らしの家庭での平均的な使用量(年間4,700kWh)を想定して、「ずっとも電気1」とガス・電気セット割を利用した場合、東京電力との契約(従量電灯B、40アンペア)よりも年間4000~5000円ほど割安に、率にすると5%程度の安くなる料金メニューであることをアピールしていました。

2月1日の料金改定では、同じ条件下での同等の電気使用量で、電気代が年間約8,500円(税込約9,200円)お得になるとしています。値下げ分によるコスト低減額は前回より年間3,700円分プラス。ちなみに新料金での1カ月の電気代は10,140円改定前より月310円安くなっており、現行の東京電力の従量電灯Bより730円安くなる計算です。

実際、基本料金、電力料金ともにかなりの部分で値下げしているので、電力使用量が300~350kWhを超える世帯では魅力が増すと思われます。

ただし、値下げ前と同じく、月あたりの電力使用量が300kWh未満である場合は、お得でない可能性が高いばかりでなく、そもそもずっとも電気の利用対象外となってしまうこともありえます。

東京ガスは料金改定に伴ない、この他にも、マンション共用部向けのお得な割引メニューとして、「ずっともパック割」を新設しています。

ずっともパック割とは?マンション共用部で電気を使用する需要家を対象にした割引で、電灯(「ずっとも電気1」と「ずっとも電気2」)と動力(「ずっとも電気3」)の両方を契約した場合に割引が適用されるものです。

東京ガスはさらに、解約手数料はとらないことをアピールするなど、熱心な顧客獲得策を展開していますので、すでに発表されているガス・電力セット割や、「生活まわり駆けつけサービス」、インターネット接続サービスも加えたトリプル割、東京ガスウェブ会員サービスmyTOKYOGAS会員対象にした「パッチョポイント」サービスなどと合わせて、いろいろ検討してみることがありそうです。

 

 

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。