You are here

プロパンガスのお引越し 契約の際に注意すべき5つのポイント

今より安いLPガス料金を探してみませんか?LPガスの一括見積り(無料)なら050-3196-9297までお気軽にお電話ください!受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

プロパンガス(LPガス)のお引越し!お引越しにともなって新たにプロパンガスの契約が必要な場合に注意したい5つのポイントをご紹介します。

プロパンガスのお引越し 契約の際に注意すべき5つのポイント
  • 契約の前に引っ越し先のLPガス(プロパンガス)の平均価格を確認することをおすすめします。
  • プロパンガス(LPガス)の新規契約の際は必ず契約書の内容を確認しましょう。

プロパンガス(LPガス)のお引越し - 契約の際に注意すべき5つのポイント

 今のプロパンガス会社の解約金の有無をしっかりチェック

プロパンガスのお引越し 契約の際に注意すべき5つのポイン

プロパンガスのお引越しの時には確認したいポイントをまとめました。

お引越しという事は、まずは現在契約しているガス会社がありますよね?まずは、こちらを解約するという手続が必要になります。

ちなみに、プロパンガス(LPガス)の場合は、解約金がかかる事があります。

まずは現在契約しているLPガス販売店の契約書を確認しましょう。特に「契約解除・精算」のポイントをよく見てください。解約金に関しては契約書に必ず記載があるはずです。記載がなければ、解約金を払う必要はありません。

解約金は場合によっては、新しい会社が一部負担してくれる事もあります。新たに契約するプロパンガス(LPガス)販売店に相談してみるのも1つ方法です。

ちなみに、契約解除を依頼されたプロパンガス販売店は液石法という法律により、原則1週間以内でガスの供給設備を撤去することになっています。

現在契約のプロパンガス販売店以外の人間によるガス供給施設の撤去はトラブルの元です。必ず、現在の販売店の担当者に設備を取り外してもらいましょう。

 見積りを取り、料金プランをしっかりチェック

プロパンガス(LPガス)をお引越し先で契約する際、料金は、プロパンガス会社を契約するときに最も注意すべき点でもあります。

プロパンガスの料金は、電気料金や水道料金のように「公共料金」ではなく「自由料金制」となっているため、業者によるバラつきが大きいからです。

プロパンガス(LPガス)の料金体系ですが、ガスの使用量とは関係なくかかる「基本料金」と、ガスの使用量に応じてかかる「従量料金」で構成されています。これは、電気料金と似ていますね。

LPガス料金を確認するときは、必ずこの「基本料金」と「従量料金」の両方をチェックしましょう。

「基本料金」は、1契約あたり、1か月いくらかで、そして「従量料金」はm3あたりで料金が設定されています。

詳しくは、プロパンガス料金の見積りの取り方も参考にしてみてください。

プロパンガス(LPガス)の値段設定はプロパンガス(LPガス)が自由に行える、つまり、最初は安い見積もり金額を表示して、後から値上げをする会社がまれにあります。

そのような悪質な営業を行う見極めるためにも、値上げについて、LPガス料金が値上げされる場合は事前に連絡があるのかよく確認しましょう。

 設備に関する契約内容をしっかりチェック

プロパンガス(LPガス)の設備は、誰のものでしょう?私のもの?ガス会社のもの?

​実は、これは法律で決まっている訳ではなく、契約するLPガス販売店との契約内容によって異なります。

使用しているLPガス設備にトラブルや故障があったときに誰の責任になるかという問題にかかわるので、念のためにしっかりチェックしておきましょう。

大抵の場合、室外にあるもの、つまり、LPガス(プロパンガス)の容器とガスメーター、そしてガス容器とガスメーターをつなぐ供給管はLPガス(プロパンガス)販売店側の所有になっています。

プロパンガス販売会社の所有であるこれらの設備を私達が勝手にいじって壊れてしまったら、契約者に修理代が請求される事もあるので気を付けましょう。

 違約金や解約金などをしっかりチェック

プロパンガス(LPガス)で多いのが、違約金や解約金に関するトラブルです。プロパンガス(LPガス)を解約をする場合、解約料金がかかる場合があります。

なぜ解約金がかかるのでしょう?

実は、プロパンガス(LPガス)を設置する時の配管工事費用は実は99%はプロパンガス会社が負担しています。

プロパンガス(LPガス)を契約して入居する時に、プロパンガス会社が配管工事を行っています。入居時に請求されないものの、実はあれは無料ではありません。

新築の方は、えっ、配管工事費用って、家の工事代金に入ってるんじゃなかいの?と思うかもしれません。工務店との契約書の中に明記されていない限り、実はプロパンガス会社が払っているのです。

一定年数以上契約しないとプロパンガス会社も工事費を回収できないという事情もあり、解約金や違約金という制度があります。大抵の場合は、その回収にかかる期間、つまり解約金のかかる期間は15年程度です。

LPガスの契約時にはよく説明を受けましょう。  

ただし、契約書に記載のない手数料や解約金は支払う必要はありません。

 他に契約が出来るプロパンガス会社がないかチェック

プロパンガスのお引越し 契約の際に注意すべき5つのポイント

プロパンガス(LPガス)は選べます!

プロパンガス(LPガス)会社は選べます。プロパンガスは、都市ガスや電気と違い、元々自由化されているため、この地域ではここのプロパンガス会社と契約しないといけない、という事が一切ありません。

大抵の地域には複数のプロパン会社があります。でも、引越しの時に工務店や大家さんに薦められたものをそのまま使う事が多く、プロパンガス会社を選べたり変えられたりする事を知らない方が大半だと思います。

プロパンガス(LPガス)の値段を比べる場合、各ガスの販売店に連絡をして見積りをとり、比較するだけで良いので決して複雑ではありません。

ただし、自分の住んでいるエリアを担当している販売店を探したり、電話などで連絡して、見積り依頼をする、見積り(LPガス料金表)を受け取るという一連の作業はそれなりに手間で、時間はかかります。

また、見積り内容に疑問があれば、それぞれのプロパンガス販売店に連絡をとって確認をしないといけません。

そんな時間はないという方は、LPガス(プロパンガス)の見積り一括サービスを使用してみてはいかがでしょうか?

最大のメリットは、一度の作業で複数のLPガス(プロパンガス)の見積りを無料でカンタンに手に入れることが出来る事です。

見積もりを取ったからといって、切り替えの義務はありません。LPガス(プロパンガス)の見積り一括サービスを利用して受け取った見積りから契約したい会社がもしあれば契約の手続きにすすめば大丈夫です。

プロパンガスのお引越し 契約の際に注意すべき5つのポイント

プロパンガス(LPガス)の地域別の平均価格は?

プロパンガス(LPガス)をお引越し先で契約する時に、その地域の平均の価格がわかるに越したことはありません。

それでは、引越し先の地域のプロパンガス(LPガス)の平均価格はいくらくらいなのでしょうか?

まとめましたので、お引越し先の地域のプロパン平均価格をぜひチェックしてみてくださいね。

北海道のプロパンガスの料金の平均額はいくら?
東北エリアのプロパンガスの料金の平均額はいくら?
関東エリアのプロパンガスの料金の平均額はいくら?
甲信越エリアのプロパンガスの料金の平均額はいくら?
東海エリアのプロパンガスの料金の平均額はいくら?
北陸エリアのプロパンガスの料金の平均額はいくら?
関西エリアのプロパンガスの料金の平均額はいくら?
中国エリアのプロパンガスの料金の平均額はいくら?
四国のプロパンガスの料金の平均額はいくら?
九州のプロパンガスの料金の平均額はいくら?

また、インターネットでプロパンガス会社名を検索すれば、LPガス料金を公開している場合もありますのでチェックしてみましょう。

セレクトラでも、プロパンガス(LPガス)の見積もりの相談を受け付けています。ぜひご利用ください!

LPガスのお見積もりをご希望のお客様

お引越しでLPガスの契約が必要になったり、うちのLPガス(プロパン)高い?と思ったら

一括見積りサービスで、今より安いプロパンガス料金を探してみませんか?信頼できる販売店をご紹介します。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

「enepi(エネピ)」のページへ移動します。「プロパンガス料金見積もりサービスについての注意点」を確認の上、ご利用ください。

セレクトラ・ジャパンでは、エネルギー市場にまつわる有益な情報をウェブ上で提供しています。
ご不明な点があれば、ガス料金のプロ、セレクトラまでお問合せください!