You are here

電気料金や電気使用量にかかせないキロワットアワー(kWh)とは?

今より安い電気料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

電気料金表や電力会社からの請求書で必ず目にするkWh(キロワットアワー)。どのような単位なのでしょうか?分かりやすく解説します。電気料金の理解と節約に役立つ知識!

消費電力量kWh(キロワットアワー)とは
  • キロワットアワー(kWh)とは、消費した電気の量を把握するときに使用される単位です。
  • 電力会社の電気料金も、「円/kWh(キロワットアワー)」で設定されています。
  • つまり、毎月の電気料金もkWh(キロワットアワー)をもとに計算されています。

kWh(キロワットアワー)ってなに?

消費電力量kWh:キロワットアワーとは

電力メーターも電気の消費量をkWhでカウント。

kWh(キロワットアワー)は電気の使用量を把握する際に使用される単位です。毎月みなさんが使用する電気の使用量も、電力メーターが、kWh(キロワットアワー)という単位でカウントしています。

電力会社の電気料金表をみればわかるように、電気料金の設定も必ず、1kWh(キロワットアワー)あたりいくら、となっています。

実は、kWhの基本的な理解についてはこれでOKです。

kWh(キロワットアワー)とは?

もちろん検針票でもkWhが使用されています(参照:東京電力ホームページ)

kWhとは?
  • kWh(キロワットアワー)とは、電気をどれくらい使ったかを知るための単位です。
  • 電力メーターは契約者の毎月の電気の使用量をkWhでカウントしています。
  • 電気料金も円/kWhで設定されています。

kWh(キロワットアワー)をもう少し丁寧に説明すると、1キロワット(1kWは1000W)の電力を1時間(h)消費、もしくは発電した時の電気の量という意味になります。「h」は英語で時間を意味するアワー(hour)からとっています。

このkWh(キロワットアワー)とW(ワット)の関係については以下に説明していきます。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

W(ワット)ってなに?

消費電力(W)とは?

エアコンも広い部屋用と小さめの部屋用によって消費電力(W)は異なります。

kWh(キロワットアワー)は電気の使用量を把握するために使用される単位で、「h」は時間(アワー)を意味していることが分かりました。電気の使用量は、どれだけ長くその電化製品を使ったかが当然関係ありますので、h(アワー)が単位に入っていることも納得です。

それではW(ワット)もしくはkW(キロワット)はなんでしょうか?(ちなみ、W(ワット)もしくはkW(キロワット)も同じものです。1キロワットは1000Wです。)

これらは、電気エネルギーを表します。電灯が光を放出したり、モーターが力を出したりする際に使われる電気エネルギーの大きさを示し、この値が大きいほど電力を多く消費することを意味します。その電化製品を動かすのに必要なパワー、エネルギーの大きさと考えれば分かりやすいでしょう。

6畳の部屋用のエアコンより、12畳用のエアコンの方が機械を動かすのにより大きなパワーが必要です。つまり消費電力(W)が大きいということがいえます。このように、各電気機器によって、必要となる電力(パワー)はもちろん異なります。電化製品によって消費電力(W)が違うのはこのためです。

  • 電化製品の消費電力、動かすのに必要なエネルギーは、kW(キロワット)もしくはW(ワット)で表示される。
  • 1kW (キロワット)= 1000W(ワット)です。
  • 1キロワットの電力を1時間使用した時の電力の「量」を把握するのに使われる単位がkWh(キロワットアワー)です。

消費電力量の計算方法消費電力量 kWh(キロワットアワー)
= 消費電力 kW(キロワット)× 時間 h(アワー)

電気料金の計算に使われるkWh(キロワットアワー)

kWh(キロワットアワー)は電力消費「量」のことで、電気の使用量を測るために使用される単位であることが分かりました。それではどのようにこのkWh(キロワットアワー)を利用して電気料金が計算されるのでしょうか?

実際の電気料金の計算について、確認してみましょう。電気料金は基本的に、「基本料金」と「電力量料金」で成り立っています。

そして基本料金は、電気の使用量に関わらず決定されます。このため基本料金にkWh(キロワットアワー)は関係ありません。

消費電力量kWh:キロワットアワーとは

電灯などは消費電力(kW)が小さいので長時間使っても電気の使用量(kWh)は膨大にはなりません。

kWh(キロワットアワー)は電力量料金の計算に使用されます。今月の電気の消費量が300kWh(電力メーターが測定します。)で、電気料金が25円/kWh(1キロワットアワーあたり25円)だったとしたら、300 x 25 = 7,500円になります。

この7500円に基本料金を足したものがその月の電気料金になります。(実際には、他の税金等が加わります。)

つまり、電気料金を左右するのは、その電化製品の消費電力(kW/W)と使用する長さと1kWh(キロワットアワー)あたりの電気料金ということになります

家電の消費電力量(kWh)を知り電気代を節約しよう!

消費電力量つまり電気の使用量には、kWh(キロワットアワー)という単位が使用され、ではその電化製品の消費電力:W(ワット)かけるその電化製品使用した時間で計算することが分かりました。

つまり消費電力(W)の大きい電化製品はそれだけ電気代を食う可能性があるということになります。

もちろん消費電力(W)が少ない家電でも、運転時間が長いと消費電力量(kWh)が大きくなります。

それでは、毎月の消費電力量(kWh:キロワットアワー)を少なくして電気代を節約するために、自宅で使用している家電の消費電力をあらためて確認してみましょう。(1kWは1000Wです。)

家電の消費電力一覧

よく使われる家電の消費電力の目安(カタログ記載値)
製品 消費電力 製品 消費電力
IHクッキングヒーター 家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説電力消費量IHクッキングヒーターはどのくらい? 1400~3000
ワット
エアコン家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説電力消費量エアコンはどのくらい? 300~3000
ワット
食器洗い機家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説電力消費量食器洗い機はどのくらい? 1100~1300
ワット
電子オーブンレンジ家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説電力消費量電子オーブンレンジはどのくらい? 1000~1400
ワット
アイロン家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説とは?アイロン 1200~1300
ワット
電気ポット家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説 900~1400
ワット
ドライヤー 家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説電力消費量ドライヤーはどのくらい? 600~1200
ワット
掃除機 家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説電力消費量掃除機はどのくらい? 850~1000
ワット
ホットカーペット家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説とは?ホットカーペット 500~800
ワット
温水洗浄便座家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説 300~700
ワット
こたつ家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説とは? 300~600
ワット
ファンヒーター家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説 10~450
ワット
洗濯機(洗濯時) 家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説電力消費量洗濯機(洗濯時)はどのくらい? 200~400
ワット
冷蔵庫 家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説電力消費量冷蔵庫はどのくらい? 100~300
ワット
ノートパソコン家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説 50~100
ワット
デスクトップコンピューター家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説 100~300
ワット
炊飯器 家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説 100~300
ワット
テレビ(液晶) 家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説電力消費量テレビ(液晶)はどのくらい? 300~500
ワット
インクジェットプリンター家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説とは? 10~30
ワット
空気洗浄機家電の消費電力と電気料金 節電のコツも解説 10~70
ワット

こうして一覧表を見てみると、電気を直接熱に変えるもの、暖まるものは、基本的に消費電力(kW)が大きいことが分かります。

もちろん各製品の性能やサイズによっても消費電力(W)は異なります、一般的に省エネ家電と呼ばれているものはこの消費電力(W)の少ないものを指します。

家電ごとの消費電力と運転時間の特徴まとめ

主な電化製品の消費電力(W)がわかったところで、次に、電化製品ごとに異なる消費電力と使用時間(運転時間)をひとつにまとめてみました。左上にある家電ほどトータルの消費電力量は高く、右下に行くほど低くなります。

消費電力
(kW:キロワットアワー)
運転時間(h)
長い ふつう 短い
多い 衣類乾燥機
布団乾燥機
浴室乾燥機
食器洗い乾燥機
エアコン
洗濯機
炊飯器
アイロン
IHクッキングヒーター

電子レンジ
掃除機
トースター
ヘアドライヤー

ふつう 冷蔵庫
暖房便座
テレビ
HDレコーダー
電気ポット(湯沸し)
少ない 電話機
モデム
照明 携帯電話の充電

※ 実際の消費電力は製品を使用する環境などによって左右され、カタログ記載値よりも高くなることが一般的です。

 

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

1kWh(キロワットアワー)あたりの電気料金を知って電気代を節約しよう!

電気の消費量(kWh)は電化製品の消費電力(W)と使用する長さ(h)によって左右されることがもうお分かりいただけましたね。

電気は必要以上に長く使わないようにするにこしたことはありませんが、使用に最低限必要な時間はありますし、今使っている電化製品の消費電力(W)は電化製品を買い替えでもしない限り、変えることはできません。

もし電気料金を抑えたいならば他にもポイントがあります。それは1kWh(キロワットアワー)あたりの電気料金です。1kWhあたりの電気料金を安いものを選ぶことで、電気の消費量(kWh)はそのままで、電気料金を安くすることが可能です。

kWh(キロワットアワーってなに)

電気の使用量の多い家庭ほど、1kWhあたりの電気料金が安い電気料金にすれば安くなる幅も大きく、効果的!

電力自由化以降、多くの電気の小売り会社が登場しました。そんな新電力の多くが、大手電力会社より安い電気料金を提供しています。

電気料金プランの切り替えは簡単ですし、無料です。今の電気料金を少しでも安くしたい場合、いま支払っている1kWh(キロワットアワー)の電気料金よりも安いところをみつけて電気料金プランを切り替えてみるのもひとつの方法です。

例えば、新電力のH.I.S.でんき(HTBエナジー)は、基本料金も基本料金も1kWhあたりの電気料金も大手電力会社よりも5%安い料金設定で全国に電気を販売しており、安さが分かりやすく人気です。他にも、基本料金がゼロ円という画期的なプランのLooop(るーぷ)でんきでんきも契約件数を伸ばしています。

他にもたくさんの電気料金プランが登場しています。検針票をお手元に、まずは電気料金のシュミレーションをしてみるのもよいでしょう。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。