You are here

電気契約、アンペア(A)の正しい選び方は?

今より安い電気料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

アンペアを選ぶ必要のある電気料金の場合、どのように最適なアンペアを選べば良いでしょうか?賢いアンペア数の選び方を、アンペアの基礎知識や家電の消費電力を理解しつつマスターしましょう。

電気料金・ただしいアンペア数の選び方
  • アンペアとは電化製品を使うのに必要なパワーのこと。一度に使用する電化製品の数と消費電力に合わせてアンペアを選びます。
  • 電気料金のうち、基本料金にアンペアが使用されており、アンペア数が上がると料金もあがる仕組みになっています。
  • 契約アンペアを正しく選ぶことにより、電気料金を節約できる可能性があります。

電気料金にでてくるアンペアとは何でしょう?

電気料金・正しいアンペア数の選び方

アンペア(A)は電化製品を動かすために必要なパワーです。電化製品を一度にたくさん使うならば、その分たくさんの電流が必要になります。

そもそも、アンペアとは何でしょうか?理科の授業で習った事があるかと思いますが、単位には「A」が使用されます。

アンペアとは電気の流れる量をあらわします。電気の流れが大きければ大きいほど電流が強く、流れが小さければ小さいほど電流が弱くなります。

どのくらいの電気の量(=電流=アンペア)が必要かは、自宅で使用する電化製品の消費電力に関係があります。

契約アンペア数の大きさは、同時に使用できる電気の量を表しています。つまり契約アンペアが大きければ大きいほど一度にたくさんの電気を使え、逆に小さければ一度に多くの電化製品を使えなくなります。

同時にどれだけの電気機器を使うかが、契約アンペア数を選ぶ際のポイントになります。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

アンペアと電気料金の関係性

アンペアの選び方

あなたがいま契約している電気料金プランは、基本料金がアンペア制になっているのでしょうか?

それではアンペアは電気料金とどのような関係があるのでしょうか?

実は、選ぶアンペア容量で基本料金が決まるのです。契約するアンペア数が大きいとその分、料金もあがるようになっています。アンペア数を下げれば、基本料金もそれに応じて下がるしくみになっています。

ただし、電力会社や契約する電気料金プランによっては、このアンペア制をとっていないところもあります。

以下の一覧によりどこの電力会社が基本料金にアンペア制をとっているか確認できます。

電気料金:基本料金の種類
基本料金制 アンペア制 基本料金がない
電気料金プランにより基本料金が一定。 契約しているアンペア数によって基本料金が変わるタイプ。 基本料金がゼロ円。電力量料金のみ
関西電力中国電力四国電力沖縄電力 が採用 北海道電力東北電力東京電力北陸電力中部電力九州電力エリアの電力会社 が採用

Looop(るーぷ)でんきソフトバンクの自然でんき

契約アンペアによってどのくらい電気料金が変わる?

それでは、選ぶ契約アンペアによってどのれくらい基本料金が変わるか実際に見てみましょう。具体的に、従量電灯プランの基本料金にアンペア制をとっている東京電力中部電力の料金表をみてみます。

アンペアの選び方

必要以上に契約しているアンペアが大きい場合は、アンペアダウンすることで電気料金が節約できます。

ご覧の通り、契約アンペアによって基本料金が異なることがわかります。このような料金システムのため、必要以上のアンペア契約をしているのならば、アンペアダウンすることで電気代を安くすることができます。

ただし、安くなるからといってやみくもにアンペアダウンをすると、ブレーカーがしょっちゅう落ちるなどの問題点も出てきます。このため、正しいアンペア選びが重要になります。以降で詳しくアンペアの選び方について詳しく解説していきます。

また、電気料金には基本料金以外にも、使用した電気の量によって課金される電力量料金もありますので、電気料金を左右するのは、基本料金だけでないこともご留意ください。(電気料金の計算方法を解説

 

基本料金 - 選ぶアンペアによって料金が変わる
アンペア数 東京電力ホールディングス
東京電力
従量電灯B
中部電力
中部電力
従量電灯B
料金表をみればわかるように、選ぶアンペア容量が高くなると、料金も高くなります。

例えば、30Aの場合と40Aの場合では、その差額が280.80円となっています。これを年間に計算すると3369.60円の差になります。

つまり、40Aで現在で電気契約をしていて、それを30Aにダウンした場合、この金額だけ電気料金が安くなるというわけです。

10A    
15A    
20A    
30A    
40A    
50A    
60A    

ブレーカーが落ちるってどういうこと? 契約している容量(アンペア)を超えて電気を一度にたくさん使うとアンペアブレーカーが落ちて、一度電気が遮断されます。例えば契約アンペア数が30Aの場合、31A以上の電気が流れるととまるしくみです。ブレーカーが頻繁に落ちる場合は、契約アンペアをアップさせる必要があります。

必要なアンペアの計算方法

契約アンペアと電気料金の関係をご説明しました。基本料金を支払い過ぎないため、そして、アンペアブレーカーがしょっちゅう落ちるという不便をさけるためにも、適当なアンペア容量が選びが重要なこともお分かりいただけたと思います。

では、その肝心の必要なアンペア選びですが、自宅の電化製品の消費電力から、アンペア数を計算する事でおおよその目途を立てることができます。

ポイントは、家中の全ての電化製品のアンペアの合計ではなく、同時に使う電化製品はどれかを考えて計算するという点です。

使用している電化製品のアンペア(A)は、その電化製品の消費電力を電圧で割ることで求められます。消費電力800W(ワット)のドライヤーを使った場合のアンペア(A)は、800W ÷ 100V(日本の電圧は100ボルト)で、8アンペア(A)になります。

アンペアの計算方法アンペア数(A)= 消費電力(W)÷ 電圧(V)

仮に以下の電化製品を「すべて同時に」使ったと仮定して必要なアンペアを計算してみます。

アンペア数の計算例 エアコン暖房660W+冷蔵庫250W+照明計200W+電子レンジ1500W+炊飯器1300W+プラスマ42型テレビ360W=4270W → 42,7A(×100V) この場合、契約アンペアは50Aが必要になります。

暖房にその他の電化製品を使用する場合は、さらにアンペアが必要になるかもしれません。また、電化製品や性能によって必要な消費電力が異なりますので、正確な消費電力を知りたい場合は、実際の製品にある表記を確認してみましょう。

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

よく使われる家電の消費電力一覧

正しいアンペアの選び方

消費電力が少ないと必要となるアンペアも電力もその分少なくなる。買い替えは省エネラベルをチェック。

アンペアの計算には電化製品の消費電力をもとに計算する必要があることが分かりました。

各電化製品の消費電力がどのくらいか、わかりやすいように、一覧にしてみました。一般家庭でよく使われる家電の消費電力は以下になります。

以下の一覧は目安です。モデルや性能、サイズによってもことなりますので正確な消費電力はやはり説明書や本体の記載を確認必要があります。通常、電化製品の消費電力は、冷蔵庫の場合は扉を開いた内側、エアコンは本体の下側もしくは側面、テレビは裏側といった具合に、製品の内側や裏面に記載されています。

正しいアンペア選び - よく使われる家電の消費電力一覧
電化製品 消費電力(W) アンペア(A)
電気料金・正しいアンペア数の選び方衣類洗濯乾燥機 500W~1400W 5-14A
電気料金・正しいアンペア数の選び方IH調理器 3000W~ 30A
電気料金・正しいアンペア数の選び方電子レンジ 1300W 13A
電気料金・正しいアンペア数の選び方炊飯器 350W~1200W 3-12A
電気料金・正しいアンペア数の選び方冷蔵庫 150W~500W 1.5-5A
電気料金・正しいアンペア数の選び方ノートパソコン 50W~120W 0.5-1.2A
電気料金・正しいアンペア数の選び方テレビ 100W~130W 1-1.3A
電気料金・正しいアンペア数の選び方掃除機 1000W~1100W 10-11A
電気料金・正しいアンペア数の選び方こたつ 600W~800W 6-8A
電気料金・正しいアンペア数の選び方エアコン 440W~1000W 4.4-10A

どのようにアンペア契約を変更すれば良い?

さて、ご自宅で必要なアンペアは計算できましたか?最初から計算するのが面倒くさい、難しいという方は、一人暮らしなら、二人暮らしなら、こんな電化製品を使用しているだろうという仮定のもとで必要なアンペアを計算してみましたので参考にしてみてください。(一人暮らしに必要なアンペアは?二人暮らしに必要なアンペアは?

特に今までより世帯人数が減った場合は、アンペアダウンを検討するよいチャンスです。また逆に電化製品の買い替えなどで頻繁にブレーカーが落ちるならば、を契約アンペアあげなくてはなりません。

契約アンペアを変える理由

正しいアンペアの選び方

現在契約のアンペア数はブレーカーの記載をチェックするか、検針票でチェックすることができます。

  1. 電気料金節約のため。
    ほとんどの電力会社はアンペア数によって基本料金が変わる為、契約アンペアを下げると電気の基本料金が安くなるから!ります。また、家族の人数が減ったなどの理由で、同時に使用する電化製品のアンペア合計が恒常的に契約のアンペア数以下になってる場合もあります。
  2. 頻繁にブレーカーが落ちてこまるから。
    同時に使用する電化製品のアンペア数の合計が契約アンペアを超えていることが多いことを示しています。ブレーカーが落ちることで作業が中断されるため、不便です。このような状態を避けるためにはアンペア値をあげる必要があります。

実際のアンペアの契約変更は簡単です。各電力会社ではインターネットでアンペア変更の申し込みを受け付けていますし、もちろん電力会社のコールセンターへ電話でも申し込み可能です。

申し込みの際には「お客様番号」が必要になりますので、検針票や請求書で確認して準備しておきましょう。

基本的に一年間は変更しないようにお願いはされますが、絶対変更できないわけではありません。季節的な変更は断られますのでよく確認した上で変更しましょう。

正しいアンペア契約の選び方 - まとめ

契約アンペア数の大きさは、同時に使用できる電気の量を表していることがわかりました。

正しいアンペアの選び方

冬に使用する電化製品を考えてアンペアを選びましょう。

つまり契約アンペアが大きければ大きいほど一度にたくさんの電気を使え、逆に小さければ一度に多くの電化製品を使えなくなります。

同時にどれだけの電気機器を使うかが、契約アンペア数を選ぶ際のポイントになります。

アンペア数が大きければ大きいほど、好きなだけ電気機器を同時に使えますが、契約アンペア数が大きくなればなるほど、電気の基本料金は高くなってしまいます。

一方、各電化製品をバラバラに時間をずらせて使用している限りにおいては、契約アンペアの上限に達しないため、ブレーカーは落ちません。ただし、アンペア選びは、1年を通じてもっとも電気を使う季節、時間帯を考えて選ぶ必要があります。

お住まいの地域の気候にもよりますが、一般的に、電気を一番使う季節は冬とされています。変更方法はいたって簡単です。電力会社に連絡をして契約アンペア変更の申し込みをするだけです。

アンペア料金(基本料金)も5%安いプランや基本料金のないプランもある

電力自由化以降、大手電力会社よりも安い電気料金がたくさん登場しました。例えば、HTBエナジーの電気料金ならば、基本料金も電力量料金も大手電力よりも5%安く設定されていますので、電気の使用量の少ない方から多い方まで確実に安くなるのがありがたいです。また、Looop(るーぷ)でんきならば、なんと基本料金がありません。とってもシンプルで分かりやすい料金プランです。

アンペア契約の見直しと同時に電気契約そのものの見直しもしてみてはいかがでしょうか?

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。