You are here

フランス 電気契約ガイド:電気契約に必要なPDL(point de livraison)番号とは?

今より安い電気料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

フランスでの電気契約に必要な情報をどこよりも詳しく説明しています。

PDL番号って聞いたことありますか?PDLとは、Point De Livraisonのことです。日本語にするならば、供給地点となるでしょう。このPDLはフランスで電気の契約をする際に必要にです。PDLとは何か、またどのように使うのかご説明します。

フランス 電気契約ガイド
  • フランスで電気契約をする場合にはPDLが必ず必要です。
  • PDLって何?詳しく説明します。

PDL番号(Le numéro de point de livraison)とは

PDL番号(Le numéro de point de livraison)とは、電力会社があなたの電力消費量を識別するための番号です。電気の契約を結ぶ際、フランスの電力会社はあなたのこのPDLを確認することになります。

PDLを確認するために、電力会社は、あなたの前にあなたの家に住んでいた住人の氏名や部屋番号を含む正確な住所を確認することがあります。

というのも、PDLは人ではなく、住居に付番される14桁の数字なので、以前にあなたの家に住んでいたひとも、あなたと同じPDLを利用して電力供給を受けていたからです。ですから、電気の契約をする際には、自分の前にその住居に住んでいた人の名前を確認しておくとよいでしょう。

どのようにPDLを確認するか?

PDL(point de livraison)は、フランスで新たに電気の契約を行い電気の供給を受ける際に、送電会社であるEDRFから各家庭に対して通知されます。また、その他に、 電気料金支払いの領収書を見る、 EDRFに直接電話する、といった方法で確認することができます。

EDRFとは?

EDRFはフランス本土の大部分(人口の95%)の電力送電を担っている民間会社です。EUの電力市場統一化の流れを受けて、2008年に電力の送電部門が発電部門や小売り部門から切り離されEDRFが誕生しました。そして、2016年にEDRFはEnedisと社名を変更するにいたりました。

電気メーター番号との違い

PDL番号(Le numéro de point de livraison)はしばしば電気メータシリーズ番号(le numéro de série du compteur)や電気メータ登録番号(le numéro de matricule de compteur)と混同されます。

フランスで電気の契約をする際に、あなたの住居が集合住宅の場合、電力会社がPDLを見つけることができないことがあります。

なぜなら同一の建物の中に部屋の数だけPDLが存在し、その内どのPDLが新居のものなのか確認することが難しい場合があるからです。

この場合、電力会社はあなたに電気メータに記載された電気メータシリーズ番号を確認してくるでしょう。そして、実際は、フランスの電力会社は電気メータシリーズ番号に含まれる電気メータ登録番号を通してPDLを特定することができるのです。

そこで、旧式と新型の電気メータで、どのように電気メータシリーズ番号や電気メータ登録番号をみつけることができるか確認しましょう。

旧式の電気メータ

旧式の電気メータ

旧式の電気メータでは、電気メータシリーズ番号は図の緑線で囲まれた部分です。

電気メータシリーズ番号は、ローマ字1文字を6桁の数字で構成される場合と、2桁の数字+ローマ字2文字+6桁の数字で構成される場合の2パターンがあります。前者の場合、6桁の電気メータシリーズ番号の内下3桁の部分が電気メータ登録番号となります。(X 000 000)後者の場合、最後の3桁の数字が電気メータ登録番号となります。(00 XX 000 000)

つまい、旧式の電気メータであれば、電気メータシリーズ番号の下3桁が電気メータ登録番号ということを知っておけばよいでしょう。

新型の電気メータ

新型の電気メータ

新型の電気メータでは、図のように白色で箱のような形をしており、また、旧式のものと異なりデジタル表記となっています。電気メータシリーズ番号は、旧式のものと同様に緑線で囲まれた部分で確認することができます。電気メータシリーズ番号は14桁の数字で構成されており、10桁目、11桁目、12桁目の3桁の数字が電気メータ登録番号となります。 (00 00 00 000000 00)

 

電気メータシリーズ番号や電気メータ登録番号が必要となるときは?

電力市場の自由化以前から電力を供給しているEDFは、現在でもフランス在住者の92.5%の電力を供給しているフランス最大手の電力会社です。

フランスで電気の契約をする場合、仮にあなたがEDFと新たに電力の契約を結ぶのであれば、EDFは自身のデータベースの中から、新居の住所と以前の住人の名前を手掛かりにPDLを探し出すことができることが可能です。

逆に、EDF以外のあたらしい電力会社ではではこのようなデータベースを所有していないため、PDLを把握することはできません。そのため、フランスで新電力(EDF以外の新しい電力会社)との電気契約を希望する場合は、PDLの確認のために電気メータシリーズ番号や電気メータ登録番号を契約の際に確認されますので準備しておきましょう。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。