You are here

電気料金はなぜ3段階制なの?どういう仕組みなのか詳しく解説!

今より安い電気料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

大手電力会社が昔から提供している、最もスタンダードなプランでは、ほとんどが1kWhあたりの料金が電気の使用量によって3段階で変わるしくみになっています。では、電気料金はなぜこのような3段階制なのでしょうか?

電気料金はなぜ3段階制なの?

大手電力会社が提供している最もスタンダードなプランは、従量電灯プランというなんともわかりにくい名称なのですが、自由化で電力会社を切り替えていない限り、ほとんどのご家庭が現在電気料金プランとしてこの3段階制の従量電灯プランを契約していると思われます。

  1. 従量電灯プランとは?  
  2. どうして、3段階制?  
  3. 自由化で登場!3段階制ではない、シンプルなプラン

電気料金従量電灯プランとは?

  • 従量電灯プランとは、大手電力会社が昔から提供している、最もスタンダードなプランです。ほとんどのご家庭が現在電気料金プランとして従量電灯プランが適用しています。1kWhあたりの料金が電気の使用量によって変わるしくみになっています。
  • 電気料金は「基本料金」+「電力量料金(1kWhの料金)」で構成されています。
  • 以下が従量電灯プランの「電力量料金」の例です。使用量に応じて1kWhあたりの電気料金が3段階に変わります。電気の使用量が増えると1kWhあたりの電気料金も高くなるようになっています。
東京電力|従量電灯B|電力量料金
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(円)(税込)
  -  kWh  
  -  kWh  
 kWh以上  

電気料金どうして、3段階制?

どうして、電気料金はこの複雑な3段階制なのでしょうか。
資源エネルギー庁の「電気料金の水準」という資料によりますと、

  • 3段階料金
  • ①第1段階:ナショナルミニマムに基づく低廉な料金
  • ②第2段階:ほぼ平均費用に対する料金
  • ③第3段階:限界費用の上昇傾向を反映した料金

 と説明されています。
最初に払う第1段階では安めの金額、多く使うと払う第3段階は高めで、第2段階が実際の費用に近い金額、というのはなんとなくわかりますね。
第1段階のナショナルミニマムとはなんでしょうか?これは、国家(政府)が国民に対して保障する生活の最低限度(最低水準)のことです。電気は現代の生活で必要不可欠です。つまり、どんな経済状況の人でも最低限の電気を使えるように、最初の第一段階の料金は安く設定されているのです。
この制度が導入されたのは1974(昭和49)年です。この年にはオイルショックがあり石油価格が高騰し、省エネルギーの推進のため、より多く電気を使ったらより高い料金を払うこの制度が導入されました。また、震災後の値上げ時(2012年)も、第1段階及び第2段階の値上げ幅を抑制することで、生活に必要不可欠な電気の使用への影響を軽減するよう配慮がなされました。
どんな時でも、誰もが払う第一段階、最初の段階の料金は安く設定することとなっています。
下の表のように、実際に、震災後の値上げ時(2012年)も、第1段階及び第2段階の値上げ幅は第3段階に比べ、だいぶ抑えられています。

電気料金はなぜ3段階制なの?

資源エネルギー庁の「電気料金の水準」より

電気料金自由化で登場!3段階制ではない、シンプルなプラン

さて、2016年の電力自由化により、今までの複雑な電気料金プランとは一線を画した、シンプルなプランも発表されています。電気を使った分だけ払うという単純明快なシンプルなプランです。利用する側だと、当たり前!なぜいままでなかったの?と言いたくなりますね。電気料金の計算が簡単になり、使用量の多いご家庭では、電気料金が安くなる可能性が高いです。電力自由化したといっても、大手電力会社と同じ料金体系のプランの電力会社が圧倒的に多い中、3段階制ではない電気料金プランを紹介します。

 

電力量料金が均一な分、使用量が少ないご家庭ですと割高になる事も多いので、しっかり計算してから選びましょう。

 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。