You are here

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

引越しに伴い電気料金プランを変更したいと思ったら050-3085-0032 セレクトラまでお気軽にお電話ください!
受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

東北電力より安い電気料金は?- 東北エリア・電気料金比較

東北電力の事業所

東北電力より安い電気料金を提供している電力会社はどこなのか?調べてみました。「東北電力より安い電気料金をみつけて、契約する。」イコール「電気料金の節約!」です。

  • 「基本料金」と「電力量料金」が東北電力より安いものを探しましょう!
  • 東北電力エリアの新電力をピックアップして実際に比較してみました。

東北エリアで選べる電力会社は?

東北電力エリアで選べる新電力にはどのような会社があるのでしょうか?
東北電力より安い電気料金探しの第一歩、まずはどのような電気の小売り会社が東北電力エリアにあるのか見てみましょう。

新電力の中でも、大手の会社、通信系のauでんき、またLPガスの企業が東北電力エリアで電気の販売を行っています。

東北電力より安い電気料金は?

東北電力の電気料金ってどんな料金プラン?

毎月の東北電力の電気料金、中身はどのようになっているかご存知ですか?
東北電力よりも安い電気料金を正しくみつけるには、電気料金がどのようになっているか基本を知っている人があります。

東北電力の中でも最もスタンダードな電気料金プラン、従量電灯Bを例に中身をみてみましょう。(従量電灯ってなに?どういう電気料金プラン?

東北電力:従量電灯Bの内訳

東北電力の電気料金は、「基本料金」と「電力量料金(1kWhあたりの料金)」で構成されています。

このうち、「基本料金」は契約アンペア数によって段階的に変わるしくみになっています。契約するアンペア容量が大きいと基本料金もあがります。

次は、「電力量料金」です。こちらは、電気の使用1kWh(キロワットアワー)につきかかる料金です。電気の使用量が増えれば電気料金が高くなる部分は、電気料金のうち、この「電力量料金」の部分です。

また従量電灯プランは、電気の使用する時間帯や使用する季節によって1kWhあたりの料金が変わることはありません。

東北電力:従量電灯Bの特徴

  • 「基本料金」+「電力量料金」で構成されている。
  • 基本料金は契約アンペア数によって異なる。
  • 電力量料金は、1kWhあたりの料金。使用量により3段階に分かれる。

東北電力より安い電気料金は?

それでは、東北電力より安い電気料金を提供している電力会社は、ずばりどこでしょうか?
実は電気料金の比較は少し複雑です。

というのも、日本では1kWhあたりの電気料金が3段階になっている料金プランがほとんどで、自分の使用した電力量のトータルによって1kWh(キロワットアワー)あたりの電気料金が変わるからです。

また、東北電力の電気料金は基本料金がアンペア制になっているので、今現在、何アンペアで契約をしているかもチェックが必要です。

基本料金

基本料金はどこの新電力をみても、東北電力よりも安くなっています。ただし、HISの東北なまはげプランも洸陽電機の基本プランも10Aから20Aの契約がないので注意が必要です。

Looop(ループ)でんきはどのアンペア契約を選んでも一律0円ですので、アンペア数を選ばなくていいのが楽ですね。(契約アンペアの正しい選び方は?

  • どこの新電力でも基本料金が東北電力よりも安い

電力量料金

続いて、電力量料金(1kWhあたりの料金)も東北電力より安い新電力はどこでしょうか?

こちらも、Looop(ループ)でんき以外、取り上げたすべての電力会社が東北電力よりも安いことが分かります。ただし、電気を300kWh(キロワットアワー)以上使用する家庭であれば、Looopでんきの安さが際立ちます。

  • 電気の使用量が300kWh以下なら、HIS、洸陽電機が東北電力より安い!
  • 300kWh以上電気を使用するならLooop(るーぷ)電気が安い。
                             
東北電力・従量電灯Bとの料金比較
契約
アンペア数
基本料金
東北電力
従量電灯B
HISのでんき
東北なまはげプラン

HTBエナジー
洸陽電機
きほんプラン

洸陽電機
Looopでんき
おうちプラン

Loooop るーぷでんき
10A   × × 0円
15A   × ×
20A   × ×
30A      
40A      
50A      
60A      
1kWh
あたりの料金
電力量料金
東北電力
従量電灯B
HISのでんき
東北なまはげプラン

HTBエナジー

洸陽電機
きほんプラン

洸陽電機

Loooでんき
おうち
プラン
Loooop るーぷでんき

最初の120kWhまで        
120-300kWh以上      
300kWh以上      

新電力の特徴をチェック

一部条件がありますが、どの電力会社も東北電力よりも安い電気料金や分かりやすい電気料金を提供していることが分かりました。

それではこのような新電力の特徴をもう少し詳しく、みてみましょう。

東北電力よりいつでも5%安いHISのでんき

HISのでんきの東北なまはげプランは、東北電力よりも、基本料金と電力量料金の両方が常に5%安く設定されています。

電気の使用量が多い場合はLooop(ループ)でんきもおすすめですが、「HISのでんき、たこやきプラン」を選んでおけばいつでも、東北電力より安いのでお得感を常に感じることができるので安心です。

再エネの発電所づくりにも積極的な電機。

洸陽電機も、東北電力より「基本料金」、「電力量料金」ともに安いのが上の比較表から分かります。

発電所をつくる事業も行っており、岩手県で水力発電所の実績があります。

基本料金なし!Looopでんき

Looopでんき:おうちプラン(東北エリア)は、基本料金ゼロで分かりやすいプランです。

1kWhあたりの料金が電気の使用量にかかわらず一律で、単純明快なのが好感が持てます。

電力会社を変えて大丈夫?電気はどこからくる?

東北電力よりも安い電力会社がたくさんみつかりました。でも、「電力会社を変えても本当に大丈夫かな?」と気になる方もいるでしょう。

また、東北電力の電気を使わなければ東北電力がなくなってしまうのでは?と懸念される方もいるかもしれません。大丈夫、これらの心配は不要です。

なぜなら、電力自由化で変わったのは、電気の「小売り(販売)」する会社が増えたということだけです。これらの新電力は東北電力を含む発電事業者や日本卸電力取引所などから電気を購入して、電気を販売しているのです。
新電力の一部が東北電力のお客さんになったという言い方もできるでしょう。

このようなことから、上にあげたような新電力を選んでも電気の質に変わりはありませんし、東北電力が発電事業者として電気を作り、販売することは今後も変わりはありません。

新電力は、事業の効率化やコストカットのような企業努力によって電気料金を東北電力より下げて、東北エリアの消費者にアピールをしています。せっかくですので、各社の提供する魅力的な電気料金に切り替えてみませんか?

  • 東北電力は今まで通り発電を行い、電気を販売していきます。
  • 電気を各家庭に販売する窓口(会社)が増えて、選べるようになった、これが電力自由化!
 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。