電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

引越しに伴い電気料金プランを変更したいと思ったら050-3085-0032 セレクトラまでお気軽にお電話ください!
受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

九州電力より安い電気料金は? - 九州エリア・電気料金比較

九州電力より安い電気料金は? - 九州エリア・電気料金比較法

九州電力より安い電力会社があるなら切り替えてみたい!という方のために九州電力より安い電気料金を提供している新電力を探してみました。

  • 最も一般的な「従量電灯プラン」をベースに九州電力より安い電気料金を探してみました。
  • 従量電灯プランは、「基本料金(アンペア契約)」と「電力量料金(1kWhあたりの料金)」で成り立っています

九州エリアで選べる電力会社は?

九州電力エリアで選べる新電力にはどのような会社があるのでしょうか?
九州電力より安い電気料金探しの前に、どんな新電力が九州電力のエリアに登場しているのか見てみましょう。

新電力の中でも、全国をカバーする大手の会社、通信系なら、auでんきやジェイコム、また都市ガスの西部ガスLPガスエネワンなどが新電力として九州電力エリアに電気を販売していることがわかります。

九州電力より安い電気料金は?

九州電力の電気料金の内訳を確認!

九州電力より安い電気料金を探すなら、まずは九州電力の電気料金プランがどんなものなのか知っておく必要がありますね。さて、毎月支払っている九州電力の電気料金、中身はどのようになっているのか、ズバリ解説します。

九州電力:どんな電気料金プランがあるのか?

まずはどんな電気料金プランがあるのか確認してみましょう。九州電力では、オール電化向けの電気料金プランと一般的な料金メニューの従量電灯プランというものがあります。(従量電灯ってなに?どういう電気料金プラン?

オール電化向けのプランは、文字通りオール電化家庭向けのプランですので、オール電化の家庭しか契約はできません。夜の時間帯の電気料金が安い分ピーク時の料金が高く設定されており、電気を使用する時間帯を意識する必要があります。

一方、従量電灯プランは、契約件数も多く、最も一般的な電気料金プランです。
新電力が発表している電気料金プランのほとんども、この従量電灯プランにのっとっています。

この最もスタンダードな電気料金プランである、「従量電灯プラン」の内訳を見てみましょう。

  • 九州電力では、一般的な電気料金プランの「従量電灯プラン」と「オール電化向けプラン」など、主に2つの電気料金が用意されています。
  • 従量電灯プランは、契約数の多い最もスタンダードな電気料金プランです。
  • 自分が実際に契約をしている電気料金プランは、九州電力の「検針票」や「請求書」「九州電力のホームページ」で確認することができます。

九州電力:従量電灯Bの内訳

九州電力の電気料金は、「基本料金」と「電力量料金(1kWhあたりの料金)」で構成されています。

このうち、「基本料金」は契約アンペア数によって段階的に変わるしくみになっています。
契約アンペアは自分で選ぶ必要があり、契約するアンペア容量が大きいと基本料金もあがります。

契約アンペアは、契約容量などとも呼ばれ、一度にたくさんの電気を使用する家庭では、アンペア値も大きいものが必要になります。

次は、「電力量料金」です。こちらは、電気の使用1kWh(キロワットアワー)につきかかる料金です。電気料金のうち、電気の使用量が増えれば高くなる部分は、この「電力量料金」の部分です。

また、従量電灯プランは、電気の使用する時間帯や使用する季節によって1kWhあたりの料金が変わることはありません。
ただし、電気の使用量に応じて電力量料金が3段階制になっています。(電気料金はなぜ3段階制なの?どういう仕組みなのか詳しく解説!
自分の使用した電力量のトータルによって1kWh(キロワットアワー)あたりの電気料金が変わるというわけです。

九州電力:従量電灯Bの特徴

  • 「基本料金」+「電力量料金」で構成されている。
  • 「基本料金」はアンペア制で、契約するアンペア値によって料金も異なる。
  • 電力量料金は、電気の使用1kWhあたりの料金。電気の使用量 x 「1kWh/円」で計算する。
  • 1kWh(キロワットアワー)あたりの電気料金が電気の使用量によって3段階制になっている。

九州電力と電気料金を比較

それでは、九州電力より安い電気料金を提供している電力会社は、ずばりどこでしょうか?
実際に、比較表を見ながら、確認していきましょう。

基本料金

基本料金は、どこの新電力をみても九州電力よりも安くなっています。ただし、HISの九州めんたいこプランや洸陽電気のきほんプランは、10Aから20Aの契約がないので注意が必要です。

特に洸陽電気のきほんプランは、60アンペア(A)の料金が安いので、電気の使用がとても多い家庭にはおすすめです。

Looop(ループ)でんきは、どのアンペア契約を選んでも一律基本料金が0円ですので、アンペア数を選ばなくていいのが楽ですね。(契約アンペアの正しい選び方は?

  • どこの新電力を選んでも基本料金は九州電力よりも安い

電力量料金

続いて、電力量料金(1kWhあたりの料金)も九州電力より安い新電力はどこか、みてみましょう。

もし、毎月電気を300kWh(キロワットアワー)以上使用しているご家庭なら、以下にピックアップしたどの新電力でも、九州電力より電気料金が安いです。

ただし、電気を300kWh(キロワットアワー)以上使用する家庭であれば、Looop(るーぷ)でんきの安さが際立ちます。

  • 電気の使用量が300kWh以下なら、HIS、洸陽電気のどちらも、九州電力より電気料金が安い
  • 300kWh以上電気を使用するならLooop(るーぷ)でんきと洸陽電気が安い!
                             
九州電力・従量電灯Bとの料金比較
契約
アンペア数
基本料金
九州電力
従量電灯B
HISのでんき 九州
めんたいこプラン

HTBエナジー
洸陽電機
きほんプラン

洸陽電機
Looopでんき
おうちプラン

Loooop るーぷでんき
10A   × × 0円
15A   × ×
20A   × ×
30A      
40A      
50A      
60A      
1kWh
あたりの料金
電力量料金
九州電力
従量電灯B
HISのでんき 九州
めんたいこプラン

HTBエナジー

洸陽電機
きほんプラン

洸陽電機

Loooでんき
おうち
プラン
Loooop るーぷでんき

最初の120kWhまで        
120-300kWh以上      
300kWh以上      

九州電力より安い新電力の特徴をチェック

一部条件がありますが、どの電力会社も九州電力よりも安い電気料金や分かりやすい電気料金を提供していることが分かりました。

電気の使用量の多い家庭におすすめ洸陽電気。

洸陽電機は九州電力よりも、「基本料金」「電力量料金」とも安いことが上の比較表から分かります。

九州電力から洸陽電機に乗り換えれば、今より電気料金が安くなります。

九州電力よりいつでも5%安いHISのでんき

HISのでんきの九州めんたいこプランは、基本料金と電力量料金の両方が常に九州電力よりも5%安く設定されています。

HISも、洸陽電機と同じく常に九州電力より電気料金が安くなります。(ただし、現在のアンペア契約容量の確認はお忘れなく。)

基本料金なし!Looopでんき

Looopでんき:おうちプラン(九州エリア)は、基本料金ゼロで分かりやすいプランです。

基本料金がゼロなら、アンペア値を気にする必要がありませんので、楽ですね。

1kWhあたりの料金が電気の使用量にかかわらず一律で、単純明快なのが好感が持てます。

電力会社を変えて大丈夫?電気はどこからくる?

九州電力より安い電気料金は? - 九州エリア・電気料金比較法

九州電力より安い電力会社に切り替えても大丈夫なの?

九州電力よりも安い電力会社がみつかりました。でも、「電力会社を変えても本当に大丈夫かな?」と気になる方もいるでしょう。

「本当に電気料金を安さだけで選んでいいの?」「九州電力から他の電力会社に乗り換えたら、経営が悪化して九州電力がなくなってしまうのでは?」そんな風に心配する方もいるかもしれませんが、大丈夫です。

九州電力に限らず大手電力会社の電気料金は、「規制料金」の電気料金プランを設定しています。「規制料金」とは具体的には「総括原価方式」という特別な方法で料金を設定して、国の認可を受けた料金だけを採用している料金です。

大手電力会社では「総括原価方式」以外の方法でも電気料金を設定出来ますが、「2020年まで、大手電力会社は総括原価方式で料金を維持しなければならない。」と決められていますので、九州電力はこの方式での料金を残さなくてはなりません。

一方、新電力は自由に電気料金を設定することができます。このため、コストカットや効率のアップなどの工夫により、電気料金を安く設定することが可能なのです。

また、関連してその電気の「質」ですが、新電力は九州電力を含む発電事業者や日本卸電力取引所などの取引所から電気を購入して電気を販売しているので、電気の質や安定性についても何も変わりはありません。

電力自由化で何が変わったかといえば、九州電力以外の会社も電気の「小売り(販売)」ができるようになったという点だけです。新電力が九州電力などから電気を買い、消費者に電気を販売しているのです。

電力会社を変えても、九州電力より安い電気料金プランに切り替えても、問題ないことがお分かりいただけたでしょうか?

九州電力よりも安い電力会社に切り替えても大丈夫な理由!

  • 九州電力はいままで通り発電を行い、電気を販売していきます。
  • 新電力は九州電力などの発電事業者や日本卸電力取引所などから電気を買って販売しています。
  • 新電力は自由に電気料金を設定することができます。だから、九州電力より安い料金を設定することができるのです。
 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。