You are here

発電方法を学んで賢く電気料金を選ぼう!<地熱発電>

日本は言わずと知れた火山大国です。活火山が多いということは、日本には地熱エネルギーがたくさんあるということを意味します。この活火山の持つエネルギーを上手に活用して発電するのが地熱発電です。今日は、地熱発電について調べてみました。

地熱発電について学ぼう

地熱発電とは

地熱発電のエネルギー源は火山のマグマの熱で高温になった地下深部(地下1,000~3,000m 程度)に存在します。そして、雨や雪が地下深部まで浸透し、高温の流体(地熱流体)となります。これが溜まっているところを地熱貯留槽といいます。
地熱発電は、地熱貯留層より地熱流体を取り出し、タービンを回転させて電気を起こしています。
地熱発電には主に、ドライスチーム発電、フラッシュ発電とバイナリー発電の三種類があります。

 

ドライスチーム発電

地熱流体が天然の乾燥蒸気であれば、その蒸気で直接タービンを回し発電することができます。
ドライスチーム発電の発電方法は以下の通りです。

 地熱貯留槽に井戸(生産井)を掘り、地熱流体(蒸気)を取り出す。

 蒸気でタービンを回転させ、発電します。

 発電に使用した後の蒸気は冷却し、蒸気の冷却のため再利用します。

 

フラッシュ発電

フラッシュ式地熱発電

日本地熱協会から転載

フラッシュ発電は、主に200℃以上の高温地熱流体での発電に適しており、地熱流体中の蒸気で直接タービンを回します。
フラッシュ発電の発電方法は以下の通りです。

 地熱貯留槽に井戸(生産井)を掘り、地熱流体を取り出す。

 気水分離器で地熱流体を蒸気と熱水に分けます。

 蒸気でタービンを回転させ、発電します。

 発電に使用した後の蒸気は冷却し、蒸気の冷却のため再利用します。

 

バイナリー発電

バイナリー式地熱発電

日本地熱協会から転載

バイナリー発電は、地熱流体から蒸気を取り出すのではなく、地熱流体で水よりも沸点の低い二次媒体の蒸気を用いてタービンを回すので、より低温の地熱流体での発電に適しています。
バイナリー発電の発電方法は以下の通りです。

 地熱貯留槽に井戸(生産井)を掘り、地熱流体を取り出す。

 地熱流体で二次媒体を温め、蒸気化する。

 二次媒体の蒸気でタービンを回転させ、発電します。

 発電に使用した後の二次媒体は、液体に戻し、再利用します。

 

メリットとデメリット

メリット
地熱は地下深くに常に存在する熱なので、枯渇しない。(再生可能エネルギー)
日本の国内で採って使えるエネルギーである。
二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しない。
季節や天候の影響を受けない。

デメリット
開発コストが高い
発電所を建設するために大きな工事が必要となる。
地熱貯留槽は、観光地や国立公園の地下にある。
温泉に悪影響を与えかねない。

 

まとめ

このように地熱発電には、様々な形態があり、長所や短所も存在します。しかしながら、地熱発電が持続的な再生可能エネルギーの一つとして注目されており、これからは私たち電力消費者の一人一人が環境問題に関心を持つことも大切です。
例えば、ソフトバンクでは、地熱発電事業を主要な発電事業の一つとして位置付けており、今後の取り組みが検討されています。もしよかったら、電気料金選びの際に環境に優しい選択をすることも一つの判断軸にしてくださいね。