You are here

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を

引越しに伴い電気料金プランを変更したいと思ったら050-3085-0032 セレクトラまでお気軽にお電話ください!
受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 13:00

四国電力

四国電力の会社概要、沿革、事業内容、連絡先などについてまとめました。

四国電力

四国電力の電気料金プラン一覧

夜間割引=夜間割引料金あり季節料金=季節料金あり週末祝日料金=週末祝日料金あり時間帯料金=時間帯料金あり

四国電力の電気料金メニュー
主な電気料金
メニュー
概要
従量電灯A
  1. 電力小売自由化以前からあるスタンダードな電気料金メニューで、現在最も契約数の多いプランです。
  2. 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。
  3. 基本料金がなく、ただ最初の11kWhまでの最低料金があります。
従量電灯B
  1. 電力小売自由化以前からあるスタンダードな電気料金メニューで、主にお店用のプランです。
  2. 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。
  3. 基本料金はKVA毎に変わります。

ホリデーeプラン
週末祝日料金
  1. 平日に比べ、休日の料金単価を割安に設定したメニューです。平日の料金はご使用量に応じて三段階に分かれます。
  2. 休日のご使用量の多い方におススメです。
  3. 週末に家事をまとめてしたり、たくさん電気を使用するという方にぴったりです。

スマートeプラン
[タイプL+]

夜間割引週末祝日料金時間帯料金
  1. 主にオール電化住宅にお住まいの方におススメです。 電気の使用を昼間時間から夜間時間や夕方時間にシフトすることなどにより、電気料金を節約できます。
  2. 1日を3つの時間帯(夜間・夕方・昼間)に分けて料金単価を設定したメニューです。 昼間時間と比べて、夜間時間と夕方時間の料金単価がお得です。

スマートeプラン
[タイプH+]

夜間割引時間帯料金
  1. オール電化住宅にお住まいで、かつ、在宅時間の長い方におススメです。
  2. タイプL+との違いは、休日料金があります。割安な料金単価の時間帯や休日にシフトすることなどにより、電気料金を節約いただけます。
  3.  平日の昼間に比べて夜間はかなりお得、休日の昼間と平日の夕方の料金単価もお得です。

ブループラン
(関東エリア)
  1. 定額料金制で、対象電力量を超えた分は従量制(使用量に応じて払う。)になります。
  2. 東京電力の従量電灯B・Cの契約でひと月あたりの電気のご使用量が200kWhを超える程度のお客さまにおすすめのメニューです。
  3. シンプルで分かりやすい一律の電力量料金単価となっています。

オリーブプラン
(関東エリア)
  1. 定額料金制で、対象電力量を超えた分は従量制(使用量に応じて払う。)になります。
  2. 東京電力の従量電灯B・Cの契約でひと月あたりの電気のご使用量が300kWhを超える程度のお客さまにおすすめのメニューです。
  3. シンプルで分かりやすい一律の電力量料金単価となっています。

オレンジプラン
(関東エリア)
  1. 定額料金制で、対象電力量を超えた分は従量制(使用量に応じて払う。)になります。
  2. 東京電力の従量電灯B・Cの契約でひと月あたりの電気のご使用量が500kWhを超える程度のお客さまにおすすめのメニューです。
  3. シンプルで分かりやすい一律の電力量料金単価となっています。

ブループラン
(関西エリア)
  1. 定額料金制で、対象電力量を超えた分は従量制(使用量に応じて払う。)になります。
  2. 関西電力の従量電灯A・Bの契約でひと月あたりの電気のご使用量が200kWhを超える程度のお客さまにおすすめのメニューです。
  3. シンプルで分かりやすい一律の電力量料金単価となっています。

オリーブプラン
(関西エリア)
  1. 定額料金制で、対象電力量を超えた分は従量制(使用量に応じて払う。)になります。
  2. 関西電力の従量電灯A・Bの契約でひと月あたりの電気のご使用量が300kWhを超える程度のお客さまにおすすめのメニューです。
  3. シンプルで分かりやすい一律の電力量料金単価となっています。

オレンジプラン
(関西エリア)
  1. 定額料金制で、対象電力量を超えた分は従量制(使用量に応じて払う。)になります。
  2. 関西電力の従量電灯A・Bの契約でひと月あたりの電気のご使用量が500kWhを超える程度のお客さまにおすすめのメニューです。
  3. シンプルで分かりやすい一律の電力量料金単価となっています。

四国電力の会社概要

四国電力の会社概要
社名 四国電力株式会社
英訳名 Shikoku Electric Power Company, Incorporated
本店所在地 〒760-8573 香川県高松市丸の内2番5号
TEL:052-951-8211(代表)
設立 1951年5月1日
資本金 1,455億円
株主数 89,062名
売上高 19,516億円
総資産額 1兆3,386億円
社員数 4,739名

(2015年3月末時点)

沿革

太平洋戦争終結後、1950年11月24日に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって発令されたポツダム命令を受けて、日本で電気事業再編成令と公益事業令が公布。

翌1951年5月1日、松永安左エ門を委員長とする電気事業再編成審査委員会によるGHQへの説得が実り、日本発送電が全国9電力会社に分割・民営化された際に、四国配電日本発送電の共同出資で四国4県を管轄とする四国電力が設立されました。

2011年3月11日の東日本大震災と津波の影響により起きた福島第一原子力発電所事故以前までは、四国電力は発電量の4割近くを原子力発電に頼っており、低い発電コストおよび原油高の影響を受けにくいことが特徴の電力会社でした。

2015年現在は、四国電力の発電の主力は火力に移っており、火力発電に用いられる液化天然ガス(LNG)の資源価格の値上がりに伴い、2016年1月の電気料金の値上がりが予定されています。

事業内容

四国電力の電力供給

四国電力の電力供給事業内容
販売電力量 電灯 : 9,238百万kWh
電力 : 17,154百万kWh
小計 : 26,392百万kWh
その他 : 1,155百万kWh(地帯間・他社販売)
合計 : 27,547百万kWh
契約口数 電灯 : 2,527千口
電力 : 364千口
合計 : 2,891千口

四国電力の発電事業

四国電力は、事業地域内に火力、原子力、水力、太陽光による発電所を構えて発電事業を行っています。

2014年度 四国電力の発電事業内容
総出力 64ヵ所、696万7千kW
電源構成比 火力発電所 4ヵ所、379万7千kW
原子力発電所 1ヵ所、202万2千kW
水力発電所 58ヵ所、114万6千kW
太陽光発電所 1ヵ所、2千kW

四国電力の送電・変電・配電設備

2014年度 四国電力の送電・変電・配電設備
送電設備 送電線(回線延長):6,382km
変電設備 変電所:208ヵ所 2,107万kVA
配電設備 配電線(電線延長):166,893km

問い合わせ連絡先

四国電力では、電気の手続きをホームページでや電話でも受付をしています。

いずれの方法で四国電力に電気の申し込みをする場合にも、下記の情報が必要です。

  • 四国電力の電気の申し込みに必要な情報
  • 13桁のお客さま番号(すでに四国電力の電気を使用している場合)
  • 住所、氏名、電話番号
  • 電気の使用開始日と時間
 

「電気・ガス料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力・ガス会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気・ガス料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力・ガス会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力・ガス会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力・ガス会社のサイトでご確認ください。

電気・ガス事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様または小売ガス事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様または小売ガス事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。