You are here

電気 - 電気料金プラン -

今より安い電気料金プランをお探しなら 050-3085-0032までお気軽にお電話ください!  受付時間:月曜日-金曜日 9:00 - 18:00

電気料金には様々な種類があります。また、2016年4月の電力自由化にともない、たくさんの新しい料金プランが登場しました。様々な電気料金をタイプ別に分けて見ていきましょう。

電気と電気料金プラン

電気料金プランにはどのようなものがある?

電気料金にはいくつか種類があるのはご存知でしょうか?
2016年4月の電力自由化後、使った量だけ払うシンプルなプランも登場しましたが、基本的には複数の要素が組み合わさった複雑なものが主流です。電気料金の具体的な計算方法はこちらをご覧ください。
また、条件に応じて電気料金のプランを変更することも可能です。こちらではどのような電気料金種類があるのかまとめています。


電気料金

従量電灯プラン

  • 大手電力会社が昔から提供している、最もスタンダードなプランです。ほとんどのご家庭が現在電気料金プランとして従量電灯プランが適用しています。1kWhあたりの料金が電気の使用量によって変わるしくみになっています。
  • 電気料金は「基本料金」+「電力量料金(1kWhの料金)」で構成されています。
  • 以下が従量電灯プランの「電力量料金」の例です。使用量に応じて1kWhあたりの電気料金が3段階に変わります。電気の使用量が増えると1kWhあたりの電気料金も高くなるようになっています。
東京電力|従量電灯B|電力量料金
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段(円)(税込)
  -  kWh  
  -  kWh  
 kWh以上  

電気料金

時間帯や曜日によって料金が変わるプラン

  • 電気料金の中には時間帯や曜日によって電気料金(1kWhあたりの料金)が変わるプランもあります。これは深夜の電気代が割安になっていたり、週末のプランが安くなっていたりします。決まった時間帯や曜日に集中して電気を使う場合は電気代が安くなる可能性があります。ただし、特定の時間帯の電気料金が安くなっている一方で昼間の時間帯の電気料金が従量電灯プランより割高になっている場合もありますので、契約の前にはよくチェックする必要があります。
  • 電気料金は「基本料金」+「電力量料金(1kWhの料金)」で構成されています。
  • 以下が時間帯や曜日によって料金が変わるプランの「電力量料金」(中部電力のスマートライフプラン)の例です。週末の料金が割安になっています。

中部電力・スマートライフプランの料金

基本料金

中部電力のスマートライフプランの基本料金
契約kVA 料金単価(税込)
最初の10kVAまで(1契約あたり)  
10kVAをこえる1kVAにつき(1kVAあたり)  

電力量料金

中部電力のスマートライフプランの電力量料金
時間帯 1kWhあたりの値段(税込)
デイタイム(平日10時から17時まで)  
@ホームタイム  
ナイトタイム(毎日22時から翌日8時まで)  

基本料金も要チェック! 基本料金はプランによって異なります。 電気料金は「基本料金」+「電気料金」で構成されていますが、基本料金はプランによって異なりますので、電気代の比較には基本料金のチェックも必要です。

 

電気料金

オール電化住宅向けプラン

  • オール電化住宅向けのプランで、ほとんどの場合時間帯や季節によって電気料金(1kWhあたりの料金)が変わるプランです。電気がよく使用される時間帯を避け、電気代の安く設定されている「深夜・夜間」の時間帯に電気を使うと電気代が安くなります。。電気給湯器向けのプランなども用意されています。
  • 電気料金は「基本料金」+「電力量料金(1kWhの料金)」で構成されています。
  • オール電化住宅向けの例です。夏の昼間の時間帯が割高に、夜の時間帯の電気料金が格安になっています。オール電化向けの特別割引がさらにある場合があります。

東北電力・よりそう+シーズン&タイムの料金

基本料金

東北電力-よりそう+シーズン&タイム-基本料金
区分 料金単価(税込)
主開閉器契約 10kVA以下の場合  円(1契約あたり)
上記をこえる 432.00円(1kVAあたり)
実量契約 10kW以下の場合 2622.20円(1契約あたり)
上記をこえる 594.00円(1kVAあたり)

電力量料金

東北電力-よりそう+シーズン&タイム-電力量料金
区分 1kWhあたりの値段(円)(税込)
昼間 冬季ピーク  
夏季ピーク  
その他季ピーク  
オフピーク  
夜間  
  • 「冬季」とは、毎年12月1日から翌年2月28日までの期間をいいます。なお、閏年となる場合は、2月29日までの期間をいいます。
  • 「夏季」とは、毎年7月1日から9月30日までの期間をいいます。
  • 「その他季」とは、毎年3月1日から6月30日までの期間、および10月1日から11月30日までの期間をいいます。
  • 「冬季ピーク」とは、毎日午後4時から午後6時までの時間をいいます。
  • 「夏季ピーク」および「その他季ピーク」とは、毎日午前10時から午後5時までの時間をいいます。
  • 「オフピーク」とは、毎日午前8時から午後10時までの時間をいいます。ただし、それぞれのピーク時間を除きます。
  • 「夜間」とは、ピークおよびオフピーク以外の時間をいいます。

電気料金

スマート契約を採用しているプラン

  • スマート契約とは、基本料金が固定ではなく、スマートメーターで計測した値により毎年変わるというものです。
  • 基本料金スマートメーターで計測した契約電力によって決定される仕組みです。
  • スマート契約では、 スマートメーターで計測した過去1年間(その月と前11か月)の各月のピーク電力(30分ごとの使用電力量のうち最大値)のうち、 最も大きい値が契約電力となります。最も大きい値!というのがポイントです! 
  • つまり、ピーク時の最大電力をいかに下げるかが料金削減のポイントとなります。日ごろから上手に電気を使えば、基本料金を下げる事も出来ますが、ブレーカーをたびたび落としてしまうという人は、瞬間最大電力が大きいという事ですので、選ばない、という選択肢もありそうです。

スマート契約とは、今まで固定だった基本料金を、実際に使った電気の値にあわせて毎月見なおそうというものじゃ。
今までにない新しいコンセプトのプランじゃが、基本料金はピーク電力が基準になるので、ブレーカーを落とす事がある人は注意じゃよ。

ムッシュセレクトラムッシュ
セレクトラ

電気料金

基本料金がなし、もしくは電力量料金が一律のシンプルなプラン

  • 電力自由化により、今までの複雑な料金プランとは一線を画した、シンプルなプランも発表されています。
  • 電気を使った分だけ払うという単純明快なシンプルなプランです。利用する側だと、当たり前!なぜいままでなかったの?と言いたくなりますね。
  • 電力量料金が均一な分、使用量が少ないご家庭ですと割高になる事も多いので、しっかり計算してから選びましょう。

電気料金プラン一覧

主な電気料金の種類
プラン名 従量電灯プラン 時間帯や曜日で料金が変わるプラン(ピークシフトプラン含む) スマート契約を採用しているプラン シンプルなプラン オール電化住宅向けプラン
特徴
  • 最も基本的なプランで、ほとんどの方がこのプランで契約をしています。
  • 1kWhあたりの料金は時間や季節関わらず一定。
     
  • 使用量に応じて段階性で1kWhあたりの電気料金が変わります。
  • 1kWhあたりの料金が電気を使う時間や曜日、季節によって変わる。
     
  • ほとんどのプランで深夜の電気料金が格安に設定されている。
  • 基本料金が固定ではなく、スマートメーターで計測した値により毎年変わる。
  • 深夜の電気料金が格安に設定されている。
  • 基本料金がなし、もしくは電力量料金が一律のシンプルなプラン。
  • 電気料金の計算が簡単です。
  • 1kWhあたりの料金が電気を使う時間や季節によって変わる。
  • 深夜の電気料金が格安に設定されている。
     
  • エコキュートなどの電気給湯器を対象にした割引料金がある。
注意点
  • 昼に電気を使っても、夜に電気を使っても料金は変わらない。(格安の時間帯はない)
  • 時間帯の設定がプランによって異なる。
     
  • 夜の時間帯が安い分、昼間の料金帯が割高。基本料金も従量電灯プランよりも高い可能性がある。
  • 基本料金はピーク電力が基準になるので、注意してください。
  • 使用量が少ない家庭だと割高になる可能性がある。
  • 時間帯の設定がプランによって異なる。
     
  • 夜の時間帯が安い分、昼間の料金帯が割高になっている。基本料金も従量電灯プランよりも高い可能性がある。
具体的なプラン 全ての大手電力会社(東京電力関西電力中部電力東北電力九州電力中国電力四国電力北海道電力沖縄電力)及び、大手電力会社に準じたプランを出している会社(HTBエナジーイーレックス等) 東京電力:「夜トクプラン8/12」、関西電力:「はぴeタイム」、中部電力:「スマートライフプラン」など 東京電力:「スマートライフプラン」・「プレミアムプラン」、東北電力:「よりそう+シーズン&タイム」など Looopでんき:「おうちプラン」、ケイ・オプティコム:「eo電気 シンプルプラン 東京電力:「スマートライフプラン」、沖縄電力:「Eeらいふ」、東北電力「よりそう+シーズン&タイム」など

 


電気料金

電気料金以外もチェックしよう!

電気料金以外にも、ポイントがたまったり、解約金がかかったり、再生可能エネルギーを使っていたり、電気料金プランには様々なチェックポイントがあります。それぞれ、ぜひチェックしてみてくださいね!

ポイントが一番貯まる電気料金プランは?(東京電力エリア)
解約金・解約手数料がかかる電気料金プランは?(東京電力エリア) 
自然エネルギー(Fit電気、再生可能エネルギー)の比率が高い電力会社やプランを比べてみました!

 

電力料金を比較!電力・ガスセレクトラは、あなたにぴったりの電気・ガスプラン選びをお手伝いします!


「電気料金比較サイト セレクトラ」ご利用上の注意
セレクトラが掲載する情報は、各電力会社がホームページ等にて公にしている時点の情報になります。利用者様が閲覧される時点での電気料金をセレクトラが保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する電気料金に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
また、セレクトラでは各電力会社の料金プラン/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各電力会社に直接お問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。また、最新・詳細な情報は直接電力会社のサイトでご確認ください。

電気事業者のご担当者様へ
セレクトラでは、情報の正確性確保や充実のため、小売電気事業者様より掲載情報のご確認、訂正のご依頼等を随時受け付けております。
小売電気事業者様からのご連絡はこちらより承っております。ぜひご利用ください。
セレクトラの公平・中立性を確保するため、内容によっては訂正のご依頼にお応えしかねる場合がございますのでご了承ください。